[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

Organic Synthesis Workbook

  • 内容

エリック・M・カレイラの序文から:

……『Organic Synthesis Workbook』は最新の合成をまとめた理想的な参考書で、問題形式で基本的な事項を織り込みながら、合成化学分野の最新成果を見事に解説している。本書は個々の合成ターゲットという観点から、複雑な合成法の立案、試薬の調整、構造解析を理解できる構成になっている。さまざまな天然物(アルカロイド、テルペン、マクロライド)に関する合成を重点的に扱っているため、多岐にわたる反応化学や概念を一望できる。さらに、国境の枠にとらわれない題材選びにより、エキサイティングな化学合成分野における世界中の最新研究を効果的に活用している……

  • 対象

有機合成化学を学ぶ学部生以上。

 

  • 評価・解説

代表的な天然物全合成の実例を題材とし、合成スキームの虫食いを補充していく形式の演習書です。各問題にヒントが与えられており、考察・学習を助ける構成になっています。「こういう変換をしたい場合にはどういう試薬を使えばよいのか?」といった基本事項を一通り学ぶのに適しています。幅広い領域の有機合成化学を演習形式で学べる希有な書。最新版のIII巻は2007年6月発売!!

 

  • 関連書籍

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ここまで進んだ次世代医薬品―ちょっと未来の薬の科学
  2. 立体電子効果―三次元の有機電子論
  3. 研究者としてうまくやっていくには ー組織の力を研究に活かすー
  4. ChemSketchで書く簡単化学レポート
  5. 細胞の分子生物学/Molecular Biology of th…
  6. フィンランド理科教科書 化学編
  7. まんがサイエンス
  8. The Merck Index: An Encyclopedia…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 脱法ドラッグ、薬物3成分を初指定 東京都
  2. 日本のお家芸、糖転移酵素を触媒とするための簡便糖ドナー合成法
  3. 蓄電池 Rechargeable Battery
  4. レスベラトロール /resveratrol
  5. フェルナンド・アルベリシオ Fernando Albericio
  6. 高分子と低分子の間にある壁 1:分子量分布
  7. 第37回反応と合成の進歩シンポジウムに参加してきました。
  8. 今年も出ます!サイエンスアゴラ2014
  9. シュライバー・アトキンス 無機化学 (上)・(下) 第 6 版
  10. カンファー(camphor)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その2

Tshozoです。前回の続き、早速参ります。筆者のフォルダが火を噴く動画集 おそらく現存…

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP