[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

Organic Synthesis Workbook

  • 内容

エリック・M・カレイラの序文から:

……『Organic Synthesis Workbook』は最新の合成をまとめた理想的な参考書で、問題形式で基本的な事項を織り込みながら、合成化学分野の最新成果を見事に解説している。本書は個々の合成ターゲットという観点から、複雑な合成法の立案、試薬の調整、構造解析を理解できる構成になっている。さまざまな天然物(アルカロイド、テルペン、マクロライド)に関する合成を重点的に扱っているため、多岐にわたる反応化学や概念を一望できる。さらに、国境の枠にとらわれない題材選びにより、エキサイティングな化学合成分野における世界中の最新研究を効果的に活用している……

  • 対象

有機合成化学を学ぶ学部生以上。

 

  • 評価・解説

代表的な天然物全合成の実例を題材とし、合成スキームの虫食いを補充していく形式の演習書です。各問題にヒントが与えられており、考察・学習を助ける構成になっています。「こういう変換をしたい場合にはどういう試薬を使えばよいのか?」といった基本事項を一通り学ぶのに適しています。幅広い領域の有機合成化学を演習形式で学べる希有な書。最新版のIII巻は2007年6月発売!!

 

  • 関連書籍

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 革新的医薬品の科学 薬理・薬物動態・代謝・安全性から合成まで
  2. 二次元物質の科学 :グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界
  3. 有機化学命名法
  4. 2009年7月人気化学書籍ランキング
  5. なぜあなたは論文が書けないのか
  6. 切磋琢磨するアメリカの科学者たち―米国アカデミアと競争的資金の申…
  7. 企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱
  8. 【書籍】『これから論文を書く若者のために』

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ドイツのマックス・プランク研究所をご存じですか
  2. モルヒネ morphine
  3. 頻尿・尿失禁治療薬「ベシケア」を米国で発売 山之内製薬
  4. フッ素 Fluorine -水をはじく?歯磨き粉や樹脂への応用
  5. 総合化学大手5社、前期は空前の好決算・経常最高益更新
  6. ジメチル(2-ピリジル)シリル化合物
  7. 【速報】ノーベル化学賞2014ー超解像顕微鏡の開発
  8. 盗難かと思ったら紛失 千葉の病院で毒薬ずさん管理
  9. 米ファイザー、今期業績予想を上方修正・1株利益1.68ドルに
  10. 東大薬小林教授がアメリカ化学会賞を受賞

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

PAGE TOP