[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

香月 勗 Tsutomu Katsuki

[スポンサーリンク]

香月 勗 (かつき つとむ、1946年9月23日-2014年10月30日)は、日本の有機化学者である(写真:jst.go.jp)。九州大学理学部教授。

 

経歴

1969 九州大学理学部化学科 卒業
1971 九州大学理学研究科 修士課程修了
1971 九州大学理学部 助手
1976 理学博士
1979-1981 スタンフォード大学・マサチューセッツ工科大学 博士研究員(K.B.Sharpless教授)
1989 九州大学理学部化学科 教授
2010 九州大学高等研究院 特別主幹教授
2010 カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所 (I2CNER) WPI主任研究者(併任)

2014年10月30日 逝去。

 

受賞歴

1997 井上学術賞
1999 有機合成化学協会賞
2001 モレキュラー・キラリティー賞
2002 日本化学会賞
2006 有機合成化学協会高砂香料国際賞「野依賞」
2007 Asian Core Program Lectureship Award
2009 文部科学大臣表彰

 

研究業績

触媒的不斉酸化反応の開発

博士研究員時代にバリー・シャープレス教授とともに、チタン-DET-TBHP系を用いるアリルアルコールの不斉エポキシ化反応の開発に成功[1]。

きわめて万能性の高い化学反応であり、長き合成化学の歴史にあって不斉酸化反応の決定版とされている。現在ではシャープレス・香月不斉エポキシ化と呼ばれ、広く認知され使用されている。シャープレス教授がノーベル化学賞受賞に至る道筋を大きく後押しした歴史的研究の一つである。

その後日本でポスト取得後、配向基を持たない単純オレフィンの不斉エポキシ化を実現するマンガン-サレン錯体系の開発に成功[2]。こちらもジェイコブセン・香月反応という人名反応として広く認知される。


近年ではサレン触媒の化学をさらに展開し、過酸化水素を酸化剤としたり[3]、光照射によって活性型へ変換される穏和な空気酸化触媒の開発[4]などにも成功した。

Tsutomu_Katsuki_2
(画像:香月研究室

名言集

  •  予断をもって実験するなかれ:予想外の現象を安易な判断で無視するのは、新たな化学への道を閉ざすことである。

コメント&その他

関連動画

 

関連文献

  1. Katsuki, T.; Sharpless, K. B. J. Am. Chem. Soc. 1980, 102, 5974. DOI: 10.1021/ja00538a077
  2. Irie, R.; Noda, K.; Ito, Y.; Katsuki, T. Tetrahedron Lett. 1991, 32, 1055. doi:10.1016/S0040-4039(00)74486-8
  3. Matsumoto, K.; Sawada, Y.; Saito, B.; Sakai, K.; Katsuki, T. Angew. Chem. Int. Ed. 2005, 44, 4935. DOI: 10.1002/anie.200501318
  4. Uchida, T.; Katsuki, T. J. Synth. Chem. Soc. Jpn. 2013, 71, 1126. DOI: 10.5059/yukigoseikyokaishi.71.1126
  5. “Author Profile” Angew. Chem. Int. Ed. 2009, 48, 5398. DOI: 10.1002/anie.200902602

 

関連書籍

 

関連リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. クルト・ヴュートリッヒ Kurt Wüthrich
  2. ジョージ・オラー George Andrew Olah
  3. フランツ=ウルリッヒ・ハートル Franz-Ulrich Har…
  4. ジョン・スティル John K. Stille
  5. ウォルフガング-クローティル Wolfgang Kroutil
  6. パット・ブラウン Patrick O. Brown
  7. エド・ボイデン Edward Boyden
  8. マット・シグマン Matthew S. Sigman

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 三井化学岩国大竹工場の設備が未来技術遺産に登録
  2. 武田薬、糖尿病治療剤「アクトス」の効能を追加申請
  3. ストレッカーアミノ酸合成 Strecker Amino Acid Synthesis
  4. Innovative Drug Synthesis
  5. Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介
  6. 日本のお家芸、糖転移酵素を触媒とするための簡便糖ドナー合成法
  7. 大鵬薬品、米社から日本での抗癌剤「アブラキサン」の開発・販売権を取得
  8. 「日産化学」ってどんな会社?
  9. 比色法の化学(前編)
  10. 核酸医薬の物語3「核酸アプタマーとデコイ核酸」

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

(–)-Daphenezomine AとBの全合成

ユズリハアルカロイドである(–)-Daphenezomine AとBの初の全合成が達成された。複雑な…

機能性ナノマテリアル シクロデキストリンの科学ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

粒子画像モニタリングシステム EasyViewerをデモしてみた

スラリー中の粒子(結晶)の観察は、晶析研究などではぜひみたいところです。しかし、外に取り出し…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代配線技術編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

三井化学岩国大竹工場の設備が未来技術遺産に登録

三井化学はこのほど、岩国大竹工場(山口県和木町)にあるポリエチレン製造装置が、国立科学博物館により、…

【金はなぜ金色なの?】 相対論効果 Relativistic Effects

相対性理論は、光速近くで運動する物体で顕著になる現象を表した理論です。電子や原子などのミクロな物質を…

gem-ジフルオロアルケンの新奇合成法

トリフロンにグリニャール試薬を作用させるだけで多置換gem-ジフルオロアルケンの合成に成功した。フッ…

パーソナル有機合成装置 EasyMax 402 をデモしてみた

合成装置といえばなにを思い浮かべるでしょうか?いま話題のロボット科学者?それともカップリング…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP