[スポンサーリンク]

一般的な話題

リニューアル?!

早いもので2009年が明けて、一ヶ月が過ぎました。
この時期になると、色々なものが年明けとともにリニューアルされていたことに気づき始めるのですが。。。


筆者は、毎年Aldrichの試薬カタログの表紙がリニューアルされることを密かに楽しみの一つに数えています(笑)。毎年、Aldrichのカタログの表紙には我々の大先輩とも言える過去の化学者(錬金術師)たちが実験をしている様子の絵が載せられています。さらに表紙を1ページめくると、その絵の解説が載っています。

例えば、今年の表紙には化学者とそのアシスタントが忙しそうに働く絵が載せられています。この忙しそうな様は、今も昔も変わらないようですね。。

この解説記事によると、この化学者が持っている実験ノートには当時の錬金術師たちが使っていた化学記号(?)が書かれており、円の中にドットが書かれている記号は太陽、金を意味するそうです。

錬金術を調べてみたところ、彼らが用いていた記号は他にもあるようです。
このような絵からも昔の化学(錬金術)を垣間みることができます。
何気ない日常の中にも、興味深いことは転がっているものですね!!

 

The following two tabs change content below.
carbene

carbene

博士見習い。専門は分子触媒化学。化学史や反応や現象の成り立ちに興味がある。夢は化学を熱く語ることができるサイエンスライター。

関連記事

  1. 光誘起電子移動に基づく直接的脱カルボキシル化反応
  2. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧
  3. “関節技”でグリコシル化を極める!
  4. 有機光触媒を用いたポリマー合成
  5. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成
  6. プラスチック類の選別のはなし
  7. ホウ素と窒素で何を運ぶ?
  8. 中学入試における化学を調べてみた 2013

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ディスコデルモライド /Discodermolide
  2. ハンチュ ピロール合成 Hantzsch Pyrrole Synthesis
  3. SDFって何?~化合物の表記法~
  4. 第35回 生物への応用を志向した新しいナノマテリアル合成― Mark Green教授
  5. 多摩霊園
  6. 除虫菊に含まれる生理活性成分の生合成酵素を単離
  7. のむ発毛薬の輸入承認 国内初、年内にも発売へ
  8. 【動画】元素のうた―日本語バージョン
  9. オープンアクセスジャーナルの光と影
  10. ステープルペプチド Stapled Peptide

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP