[スポンサーリンク]

一般的な話題

リニューアル?!

早いもので2009年が明けて、一ヶ月が過ぎました。
この時期になると、色々なものが年明けとともにリニューアルされていたことに気づき始めるのですが。。。


筆者は、毎年Aldrichの試薬カタログの表紙がリニューアルされることを密かに楽しみの一つに数えています(笑)。毎年、Aldrichのカタログの表紙には我々の大先輩とも言える過去の化学者(錬金術師)たちが実験をしている様子の絵が載せられています。さらに表紙を1ページめくると、その絵の解説が載っています。

例えば、今年の表紙には化学者とそのアシスタントが忙しそうに働く絵が載せられています。この忙しそうな様は、今も昔も変わらないようですね。。

この解説記事によると、この化学者が持っている実験ノートには当時の錬金術師たちが使っていた化学記号(?)が書かれており、円の中にドットが書かれている記号は太陽、金を意味するそうです。

錬金術を調べてみたところ、彼らが用いていた記号は他にもあるようです。
このような絵からも昔の化学(錬金術)を垣間みることができます。
何気ない日常の中にも、興味深いことは転がっているものですね!!

 

The following two tabs change content below.
carbene

carbene

博士見習い。専門は分子触媒化学。化学史や反応や現象の成り立ちに興味がある。夢は化学を熱く語ることができるサイエンスライター。

関連記事

  1. 新しい構造を持つゼオライトの合成に成功!
  2. 化学探偵Mr.キュリー7
  3. 【予告】ケムステ新コンテンツ『CSスポットライトリサーチ』
  4. シリカゲルの小ネタを集めてみた
  5. 印象に残った天然物合成 2
  6. アジリジンが拓く短工程有機合成
  7. アノマー効果を説明できますか?
  8. C-H活性化触媒を用いる(+)-リゾスペルミン酸の収束的合成

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 住友化学の9月中間営業益は+20.5%、精密・医薬など好調で
  2. 米デュポンの第2・四半期決算は予想下回る、エネルギー費用高騰が打撃
  3. サラ・オコナー Sarah E. O’Connor
  4. ノーベル週間にスウェーデンへ!若手セミナー「SIYSS」に行こう!
  5. ChemTile GameとSpectral Game
  6. カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin beta-D-Glucopyranoside
  7. 光触媒を用いたC末端選択的な脱炭酸型bioconjugation
  8. 均一系水素化 Homogeneous Hydrogenaton
  9. ターボグリニャール試薬 Turbo Grignard Reagent
  10. MEXT-JST 元素戦略合同シンポジウム ~元素戦略研究の歩みと今後~

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP