[スポンサーリンク]

ケムステニュース

Pfizer JAK阻害薬tofacitinib承認勧告

 

5月9日、Pfizer社は、JAK阻害薬 Tofacitinib が米国FDAの査問委員会から「成人における中等度から重度関節リウマチ」に対して承認勧告を受けたと発表しました。この承認勧告により、Tofacitinib が関節リウマチ治療薬として承認・発売される見通しとなりました。

 

関節リウマチ(Rheumatoid Arthritis:RA)は、免疫異常により手や足の関節に重い関節炎が生じ、関節痛・関節の変形を起こす病気です。現在の主な治療は、メトトレキサート(MTX)のような抗リウマチ薬(DMARDs)や抗体医薬(生物製剤)が主に用いられています。MTXについては、効果を示さない人がある、重い副作用(間質性肺炎、肝障害、骨髄抑制など)が起こり うることが問題視されています。また、抗体医薬は注射剤であること、製造コストが大きく高価であることが課題です。 JAK(Janus Kinase)阻害薬は、高い治療効果をもつ経口薬であり、既存薬の欠点を克服した優れた新薬と期待されています。

ファイザー社は、当初、選択的JAK3阻害薬の創成を目指し研究を行いました。40万化合物のスクリーニングで得たhit CP-352,664から誘導合成を行い、開発化合物CP-690,550を見出しました。後にこの化合物は非選択的JAK阻害剤である事が解りましたが、結果的にJAK1,2の阻害がRA治療には効果的に働いてると考えられています。まさに、セレンディピティをものにした成功例です。

最近、「低分子創薬の時代は終わった。これからはバイオ医薬だ」という論調が多いのですが、抗体医薬全盛のリウマチ治療に低分子医薬が切り込んで行ったこのニュースは、創薬化学者を大いに勇気づけることでしょう。

外部リンク

薬作り職人のブログ:関節リウマチ治療に新しい風ーFDA査問委員会によるTofacitinib承認勧告

 

関連文献

Discovery of CP-690,550: A Potent and Selective Janus Kinase (JAK) Inhibitor for the Treatment of Autoimmune Diseases and Organ Transplant Rejection DOI: 10.1021/jm100428

 

関連記事

  1. 花王、ワキガ臭の発生メカニズムを解明など研究成果を発表
  2. セメントから超電導物質 絶縁体のはずなのに
  3. ヤンセン 新たな抗HIV薬の製造販売承認を取得
  4. 小林製薬、「神薬」2種類を今春刷新
  5. 旭化成ファーマ、北海道に「コエンザイムQ10」の生産拠点を新設
  6. 産総研、バイオから環境まで応用可能な新しい質量分析技術の開発に成…
  7. クラレが防湿フィルム開発の米ベンチャー企業と戦略的パートナーシッ…
  8. 田辺製薬と三菱ウェルファーマが10月1日に合併へ‐新社名は「田辺…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ホウ素 Boron -ホウ酸だんごから耐火ガラスまで
  2. ケムステイブニングミキサー2017へ参加しよう!
  3. 実験する時の服装(企業研究所)
  4. 化学の成果で脚光を浴びた小・中・高校生たち
  5. 地域の光る化学企業たち-1
  6. 科研費の審査員を経験して
  7. エノラートのα-アルキル化反応 α-Alkylation of Enolate
  8. 「フラストレイティド・ルイスペアが拓く革新的変換」ミュンスター大学・Erker研より
  9. 祝100周年!ー同位体ー
  10. タミフル(オセルタミビル) tamiflu (oseltamivir)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成

ゲルセジン型アルカロイドを網羅的に合成する手法が開発された。巧みな短工程骨格構築法により4種類の同ア…

3級C-H結合選択的な触媒的不斉カルベン挿入反応

2017年、エモリー大学・Huw M. L. Daviesらは独自に設計した不斉二核ロジウム触媒を用…

ヒュー・デーヴィス Huw M. L. Davies

ヒュー・M・L・デーヴィス(Huw M. L. Davies、19xx年x月xx日(Aberystw…

PAGE TOP