[スポンサーリンク]

ケムステニュース

育て!燃料電池を担う子供たち

[スポンサーリンク]

化学技術産業の総合展「INCHEM TOKYO 2005」が、東京都江東区の東京ビッグサイトで開かれている。18日まで。

「INCHEM TOKYO 2005」は「プラントショー」、「先端技術展」、「製造業環境・エネルギー対策展」の3展示会の総称で、会期中はシンポジウムも開催される。また、燃料電池と水素の製造技術を取り上げた特別企画「燃料電池・水素製造」も行われている。この特別企画では「燃料電池組み立て体験コーナー」が設けられ、来場者が燃料電池の組み立てキットを組み立てていた。(引用:ライブドアニュース)

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 『分子科学者がいどむ12の謎』
  2. カフェインの覚醒効果を分子レベルで立証
  3. 「パキシル」服用の自殺者増加 副作用の疑い
  4. 東芝:新型リチウムイオン電池を開発 60倍の速さで充電
  5. 創造化学研究所、環境負荷の少ない実証ベンチプラント稼動へ
  6. 有機超伝導候補が室温超高速光応答材料に変身
  7. サリドマイド、がん治療薬に
  8. つり革に つかまりアセる ワキ汗の夏

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エコエネルギー 家庭で競争
  2. メントール /menthol
  3. ニトログリセリン / nitroglycerin
  4. フリーラジカルの祖は一体誰か?
  5. アイルランドに行ってきた①
  6. ケージ内で反応を進行させる超分子不斉触媒
  7. アメリカ大学院留学:実験TAと成績評価の裏側
  8. 特長のある豊富な設備:ライトケミカル工業
  9. 光誘起電子移動に基づく直接的脱カルボキシル化反応
  10. ホウ素と窒素固定のおはなし

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較

前回のIR情報から読み解く大手化学メーカーの比較では、IR情報からわかる売上や収益で比較を行いました…

千田憲孝 Noritaka Chida

千田憲孝(ちだ のりたか)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。慶應義塾大学理工学部教授。…

荷電処理が一切不要な振動発電素子を創る~有機EL材料の新しい展開~

第262回のスポットライトリサーチは、千葉大学先進科学センター・石井久夫研究室 助教の田中有弥さんに…

京都府福知山市消防本部にて化学消防ポンプ車の運用開始 ~消火のケミストリー~

京都府福知山市消防本部はこのほど、工場火災などで威力を発揮する化学消防ポンプ自動車の運用を始めた。化…

第91回―「短寿命化学種の分光学」Daniel Neumark教授

第91回の海外化学者インタビューは、ダニエル・ノイマルク教授です。カリフォルニア大学バークレー校化学…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP