[スポンサーリンク]

ケムステニュース

EU、玩具へのフタル酸エステル類の使用禁止

フタル酸ジエチルヘキシル(DEHP) 欧州連合(EU)の欧州議会は5日、塩化ビニール製の玩具や育児用品などへのフタル酸エステル類6種の使用を禁止するEU指令(法案)を承認した。玩具を柔らかくするための可塑剤に使われているが、乳幼児が口に入れたりすると健康を害する恐れがあるとした。EU域内の製品だけでなく、海外からの輸入品も規制される。 (引用:日本経済新聞

 

 

今回禁止されるのはフタル酸ジエチルヘキシル(DEHP)など6種類。環境ホルモンの疑いがもたれています。フタル酸ジエチルヘキシル(DEHP)はフタル酸に2個(エチル)と6個の炭素鎖(ヘキシル)がついたエステルです。フタル酸エステルがすべて悪いわけではありませんのでご注意を。

 

関連書籍

 

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 今週末は「科学の甲子園」観戦しよーぜ
  2. 化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始
  3. 相原静大教授に日本化学会賞 芳香族の安定性解明
  4. サリドマイドが骨髄腫治療薬として米国で承認
  5. 分子素子の働き せっけんで確認
  6. 「薬草、信じて使うこと」=自分に合ったものを選ぶ
  7. 化学企業のグローバル・トップ50が発表
  8. 富士フイルムが医薬事業に本格参入

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ハネシアン・ヒュラー反応 Hanessian-Hullar Reaction
  2. 私立武蔵高 の川崎さんが「銀」 国際化学オリンピック
  3. セルロース由来バイオ燃料にイオン液体が救世主!?
  4. 博士課程学生の奨学金情報
  5. ノーベル賞への近道?ー研究室におけるナレッジマネジメントー
  6. マクコーマック反応 McCormack Reaction
  7. 実験室の笑える?笑えない!事故実例集
  8. 二次元物質の科学 :グラフェンなどの分子シートが生み出す新世界
  9. 日本国際賞受賞者 デビッド・アリス博士とのグループミーティング
  10. ランディ・シェックマン Randy Schekman

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP