[スポンサーリンク]

ケムステニュース

EU、玩具へのフタル酸エステル類の使用禁止

フタル酸ジエチルヘキシル(DEHP) 欧州連合(EU)の欧州議会は5日、塩化ビニール製の玩具や育児用品などへのフタル酸エステル類6種の使用を禁止するEU指令(法案)を承認した。玩具を柔らかくするための可塑剤に使われているが、乳幼児が口に入れたりすると健康を害する恐れがあるとした。EU域内の製品だけでなく、海外からの輸入品も規制される。 (引用:日本経済新聞

 

 

今回禁止されるのはフタル酸ジエチルヘキシル(DEHP)など6種類。環境ホルモンの疑いがもたれています。フタル酸ジエチルヘキシル(DEHP)はフタル酸に2個(エチル)と6個の炭素鎖(ヘキシル)がついたエステルです。フタル酸エステルがすべて悪いわけではありませんのでご注意を。

 

関連書籍

 

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ダイセル化学、筑波研をアステラス製薬に売却
  2. 2010年日本化学会各賞発表-学会賞-
  3. ノーベル化学賞田中さん 富山2大学の特任教授に
  4. 新日石、地下資源開発に3年で2000億円投資
  5. オカモトが過去最高益を記録
  6. 「超分子」でナノホース合成 人工毛細血管に道
  7. ITを駆使して新薬開発のスピードアップを図る米国製薬業界
  8. 新規作用機序の不眠症治療薬ベルソムラを発売-MSD

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 非天然アミノ酸触媒による立体選択的環形成反応
  2. ライオン、男性の体臭の原因物質「アンドロステノン」の解明とその抑制成分の開発に成功
  3. 酸素と水分をW保証!最高クラスの溶媒:脱酸素脱水溶媒
  4. 第7回HOPEミーティング 参加者募集!!
  5. そこまでやるか?ー不正論文驚愕の手口
  6. 塩化ラジウム223
  7. 不斉Corey-Chaykovskyエポキシド合成を鍵としたキニーネ・キニジンの選択的合成
  8. ビジネスが科学を待っている ー「バイオ」と「脱炭素」ー
  9. 医薬各社、アルツハイマー病薬の開発進まず
  10. カーボンナノチューブをふりかえる〜Nano Hypeの狭間で

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第173回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめま…

【ジーシー】新卒採用情報(2020卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

【ジーシー】新たな治療価値を創造するテクノロジー -BioUnion-

BioUnion(バイオユニオン)はグラスアイオノマーで培ってきたイオンの働きに着目し,新たに完成さ…

株式会社ジーシーってどんな会社?

株式会社ジーシーは歯科医療一筋に98年の歴史も持ち、歯科医療業界では国内NO.1のシェアを誇ります。…

PAGE TOP