[スポンサーリンク]

ケムステニュース

EU、玩具へのフタル酸エステル類の使用禁止

[スポンサーリンク]

フタル酸ジエチルヘキシル(DEHP) 欧州連合(EU)の欧州議会は5日、塩化ビニール製の玩具や育児用品などへのフタル酸エステル類6種の使用を禁止するEU指令(法案)を承認した。玩具を柔らかくするための可塑剤に使われているが、乳幼児が口に入れたりすると健康を害する恐れがあるとした。EU域内の製品だけでなく、海外からの輸入品も規制される。 (引用:日本経済新聞

 

 

今回禁止されるのはフタル酸ジエチルヘキシル(DEHP)など6種類。環境ホルモンの疑いがもたれています。フタル酸ジエチルヘキシル(DEHP)はフタル酸に2個(エチル)と6個の炭素鎖(ヘキシル)がついたエステルです。フタル酸エステルがすべて悪いわけではありませんのでご注意を。

 

関連書籍

 

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 住友化学、硫安フリーのラクタム製法でものづくり大賞
  2. 280億円賠償評決 米メルク社治療薬副作用で死亡 テキサス州
  3. 化学大手2014年4–9月期決算:概して増収増益
  4. 名大の巽教授がIUPAC次期副会長に
  5. モンサント、住友化学 雑草防除で協力強化
  6. 積水化学と住友化学、サーキュラーエコノミーで協力。ゴミ原料にポリ…
  7. つり革に つかまりアセる ワキ汗の夏
  8. グローバルCOE審査結果

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 痛風薬「フェブキソスタット」の米国売上高が好発進
  2. 2013年就活体験記(2)
  3. ウルフ賞化学部門―受賞者一覧
  4. ペタシス試薬 Petasis Reagent
  5. SciFinder Future Leaders in Chemistry参加のススメ
  6. ヒンスバーグ オキシインドール合成 Hinsberg Oxindole Synthesis
  7. ナザロフ環化 Nazarov Cyclization
  8. 脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成
  9. 化学クラスタ発・地震被害報告まとめ
  10. 第1回ACCELシンポジウムを聴講してきました

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが…

島津製作所がケムステVシンポに協賛しました

さて、第5回目があと1週間に迫り、第6回目の開催告知も終えたケムステVシンポ。実は第7回目も既に決定…

第99回―「配位子設計にもとづく研究・超分子化学」Paul Plieger教授

第99回の海外化学者インタビューは、ポール・プリーガー教授です。マッセイ大学基礎科学研究所に所属し、…

化学者のためのエレクトロニクス入門① ~電子回路の歴史編~

「化学者のためのエレクトロニクス入門」シリーズでは、今や私たちの日常生活と切っても切れないエレクトロ…

シグマトロピー転位によるキラルα-アリールカルボニルの合成法

アリールヨーダンとキラルオキサゾリンを用いた-シグマトロピー転位によるジアステレオ選択的α-アリール…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP