[スポンサーリンク]

ケムステニュース

サリドマイドが骨髄腫治療薬として米国で承認

[スポンサーリンク]

サリドマイド

 多数の先天性欠損症を引き起こし1962年に使用が禁じられた薬剤サリドマイドが、骨髄腫の治療薬として米食品医薬品局(FDA)により承認された。

 サリドマイドは、新たに多発性骨髄腫と診断された患者に使用することができる。多発性骨髄腫は、感染症を抑制する上で重要な役割を担う骨髄細胞が侵される疾患。AP通信によると、サリドマイドは骨髄腫の標準的な化学療法であるデキサメタゾンと併用して用いられることになるという。(引用:Dr.赤ひげ.com)

 血管新生阻害作用を見出されて以来再び注目されたサリドマイド。ハンセン病や、今回のように骨髄腫の治療薬として注目されているようです。妊婦が飲むとよく知られているような被害が再び起こることは間違いないのですが、そうでなければ病気を治す薬。難しいですね。


The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 理研:23日に一般公開、「実験ジャー」も登場--和光 /埼玉
  2. 熱を効率的に光に変換するデバイスを研究者が開発、太陽光発電の効率…
  3. 夢・化学-21 化学への招待
  4. 100円で買えるカーボンナノチューブ
  5. 「携帯」の電池で電車走る・福井大などが実験に成功
  6. 肺がん治療薬イレッサ「使用制限の必要なし」 厚労省検討会
  7. 三菱ケミカル「レイヨン」買収へ
  8. 住友化・大日本住友薬、ファイザーと高血圧症薬で和解

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジンクピリチオン (zinc pyrithione)
  2. 酸素と水分をW保証!最高クラスの溶媒:脱酸素脱水溶媒
  3. 第99回日本化学会年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part II
  4. Noah Z. Burns ノア・バーンズ
  5. 共役はなぜ起こる?
  6. ビュッヒ・フラッシュクロマト用カートリッジもれなくプレゼント!
  7. 分子標的の化学1「2012年ノーベル化学賞GPCRを導いた親和クロマトグラフィー技術」
  8. スピノシン Spinosyn
  9. BASFとはどんな会社?-1
  10. ヘゲダス遷移金属による有機合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP