[スポンサーリンク]

ケムステニュース

サリドマイドが骨髄腫治療薬として米国で承認

サリドマイド

 多数の先天性欠損症を引き起こし1962年に使用が禁じられた薬剤サリドマイドが、骨髄腫の治療薬として米食品医薬品局(FDA)により承認された。

 サリドマイドは、新たに多発性骨髄腫と診断された患者に使用することができる。多発性骨髄腫は、感染症を抑制する上で重要な役割を担う骨髄細胞が侵される疾患。AP通信によると、サリドマイドは骨髄腫の標準的な化学療法であるデキサメタゾンと併用して用いられることになるという。(引用:Dr.赤ひげ.com)

 血管新生阻害作用を見出されて以来再び注目されたサリドマイド。ハンセン病や、今回のように骨髄腫の治療薬として注目されているようです。妊婦が飲むとよく知られているような被害が再び起こることは間違いないのですが、そうでなければ病気を治す薬。難しいですね。


The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 新日石、地下資源開発に3年で2000億円投資
  2. 不斉触媒研究論文引用回数、東大柴崎教授が世界1位
  3. アルツハイマー薬で副作用死
  4. スイス医薬大手のロシュ、「タミフル」の生産能力を増強へ
  5. 高知大が新エコ材料開発へ 産官共同プロジェクト
  6. 「男性型脱毛症薬が登場」新薬の承認を審議
  7. 大気中のメタン量、横ばいに/温暖化防止に朗報か
  8. メリフィールド氏死去 ノーベル化学賞受賞者

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 印象に残った天然物合成1
  2. 有機反応の立体選択性―その考え方と手法
  3. 炭素文明論「元素の王者」が歴史を動かす
  4. 化学大手、原油高で原料多様化・ナフサ依存下げる
  5. ペタシス反応 Petasis Reaction
  6. リチャード・ホルム Richard H. Holm
  7. おまえら英語よりもタイピングやろうぜ ~中級編~
  8. コケに注目!:薬や香料や食品としても
  9. 芳香族メタ光環化付加 Aromatic meta-photocycloaddition
  10. 光触媒ーパラジウム協働系によるアミンのC-Hアリル化反応

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

新コース開講! 東大発の無料オンライン英語講座!

研究室でのプレゼン、国際学会、海外留学など、国際化する研究環境にいまや英語は欠かせません。Engli…

脱水素型クロスカップリング重合法の開発

第138回目のスポットライトリサーチは、筑波大学 神原・桑原研究室の青木 英晃さん(博士前期課程2年…

有機合成化学協会の公式ページがリニューアル!!

かねてよりケムステでは有機合成化学協会とのコラボにより、協会誌の新着紹介に努めてきました。協会側もウ…

ダイヤモンドライクカーボン

ダイヤモンドライクカーボン(Diamond Like Carbon:DLC)は炭素から成るアモルファ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP