[スポンサーリンク]

ケムステニュース

サリドマイドが骨髄腫治療薬として米国で承認

[スポンサーリンク]

サリドマイド

 多数の先天性欠損症を引き起こし1962年に使用が禁じられた薬剤サリドマイドが、骨髄腫の治療薬として米食品医薬品局(FDA)により承認された。

 サリドマイドは、新たに多発性骨髄腫と診断された患者に使用することができる。多発性骨髄腫は、感染症を抑制する上で重要な役割を担う骨髄細胞が侵される疾患。AP通信によると、サリドマイドは骨髄腫の標準的な化学療法であるデキサメタゾンと併用して用いられることになるという。(引用:Dr.赤ひげ.com)

 血管新生阻害作用を見出されて以来再び注目されたサリドマイド。ハンセン病や、今回のように骨髄腫の治療薬として注目されているようです。妊婦が飲むとよく知られているような被害が再び起こることは間違いないのですが、そうでなければ病気を治す薬。難しいですね。


webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 呉羽化学、明るさを保ちながら熱をカットする窓ガラス用素材
  2. アラン・マクダイアミッド氏死去
  3. サンケイ化学、フェロモン剤を自社生産
  4. 日本化学界の英文誌 科学分野 ウェッブ公開の世界最速実現
  5. 東京化成、1万8千品目のMSDS公開サービス
  6. 製薬会社5年後の行方
  7. 換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、…
  8. 5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE
  2. 武田オレフィン合成 Takeda Olefination
  3. ヤコブセン転位 Jacobsen Rearrangement
  4. 2009年6月人気化学書籍ランキング
  5. 2015年化学10大ニュース
  6. その反応を冠する者の名は
  7. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (4)
  8. 勤務地にこだわり理想も叶える!転職に成功したエンジニアの話
  9. アデノシン /adenosine
  10. 今年の光学活性化合物シンポジウム

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

化学者のためのエレクトロニクス入門③ ~半導体業界で活躍する化学メーカー編~

bergです。化学者のためのエレクトロニクス入門のシリーズも3回目を迎えました。前回は電子回路を大き…

第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授

第101回の海外化学者インタビューは、レイチェル・オライリー教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属(…

大学院生になっても宿題に追われるってどないなんだが?【アメリカでPh.D.を取る–コースワークの巻–】

アメリカでの PhD 課程の1年目には、多くの大学院の場合, 研究だけでなく、講義の受講やTAの義務…

島津製作所 創業記念資料館

島津製作所の創業から現在に至るまでの歴史を示す資料館で、数々の発明品が展示されている。第10回化学遺…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(後編)

前回の記事では、私がPhD留学を始めた際のテーマ決めの流れや、その後テーマ変更を考え始めてからの教授…

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP