[スポンサーリンク]

ケムステニュース

サリドマイドが骨髄腫治療薬として米国で承認

サリドマイド

 多数の先天性欠損症を引き起こし1962年に使用が禁じられた薬剤サリドマイドが、骨髄腫の治療薬として米食品医薬品局(FDA)により承認された。

 サリドマイドは、新たに多発性骨髄腫と診断された患者に使用することができる。多発性骨髄腫は、感染症を抑制する上で重要な役割を担う骨髄細胞が侵される疾患。AP通信によると、サリドマイドは骨髄腫の標準的な化学療法であるデキサメタゾンと併用して用いられることになるという。(引用:Dr.赤ひげ.com)

 血管新生阻害作用を見出されて以来再び注目されたサリドマイド。ハンセン病や、今回のように骨髄腫の治療薬として注目されているようです。妊婦が飲むとよく知られているような被害が再び起こることは間違いないのですが、そうでなければ病気を治す薬。難しいですね。


The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ナタデココ、次世代の薄型ディスプレー基板に活用
  2. 分子積み木による新規ゼオライト合成に成功、産総研
  3. 「パキシル」服用の自殺者増加 副作用の疑い
  4. 170年前のワインの味を化学する
  5. 三菱ガス化学と日清ファルマ、コエンザイムQ10の合弁事業を開始
  6. 製薬各社の被災状況②
  7. ユネスコ女性科学賞:小林教授を表彰
  8. 独メルク、米シグマアルドリッチを買収

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Angewandte Chemieの新RSSフィード
  2. 酸素ボンベ爆発、男性死亡 
  3. ボロン酸の保護基 Protecting Groups for Boronic Acids
  4. シュワルツ試薬 Schwartz’s Reagent
  5. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization
  6. 2014年ケムステ記事ランキング
  7. ピーナッツ型分子の合成に成功!
  8. 香りの化学1
  9. マーティンスルフラン Martin’s Sulfurane
  10. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (1)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第173回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめま…

【ジーシー】新卒採用情報(2020卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

【ジーシー】新たな治療価値を創造するテクノロジー -BioUnion-

BioUnion(バイオユニオン)はグラスアイオノマーで培ってきたイオンの働きに着目し,新たに完成さ…

株式会社ジーシーってどんな会社?

株式会社ジーシーは歯科医療一筋に98年の歴史も持ち、歯科医療業界では国内NO.1のシェアを誇ります。…

キノコから見いだされた新規生物活性物質「ヒトヨポディンA」

第172回目のスポットライトリサーチは、理化学研究所 環境資源科学研究センター ケミカルバイオロジー…

PAGE TOP