[スポンサーリンク]

ケムステニュース

新しい糖尿病治療薬認可へ~人体機能高めるタイプから吸入式まで

 このほど開かれた米国糖尿病学会でいくつかの新しいタイプの糖尿病治療薬に関する報告が発表された。

ウォールストリート・ジャーナルによると、治療薬の1つは、メルクが開発中の2型糖尿病患者向けDPP4 阻害薬「ジャヌビア」。副作用をそれほど伴わないで人体の持つ血糖値抑制機能を高められる。ヘモグロビン値を示すA1Cが7.5~8.1%の患者約 1400人に12~24週間にわたりジャヌビアを投与した試験では、偽薬を服用した患者に比べて同数値が0.6~1.05%ポイント低下した。ジャヌビアは血糖値を下げる体内の機能を活性化させる新しい糖尿病薬としては最初の薬剤となる可能性がある。今年10月にも連邦食品医薬品局(FDA)からの認可が見込まれている。

また、ノバルティスが開発した同タイプの「ガルバス」も、07年初めまでに認可が下りると見られている。両薬は、特に大きな安全問題が浮上しない限り、2010年までの売り上げは10億ドル以上と見られている。(引用:usfl.com)

 

関連書籍

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 科学技術教育協会 「大学化合物プロジェクト」が第2期へ
  2. ニホニウムグッズをAmazonでゲットだぜ!
  3. 2009年度日本学士院賞、化学では竜田教授が受賞
  4. 全薬工業とゼファーマ、外用抗真菌薬「ラノコナゾール」配合の水虫治…
  5. 信越化学、日欧でセルロース増産投資・建材向け堅調
  6. 静岡大准教授が麻薬所持容疑で逮捕
  7. サンケイ化学、フェロモン剤を自社生産
  8. <飲む発毛薬>万有製薬に問い合わせ殺到

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. インフルエンザ治療薬「CS‐8958」、09年度中にも国内申請へ
  2. スチュアート・シュライバー Stuart L. Schreiber
  3. アザ-ウィティッヒ反応 Aza-Wittig Reaction
  4. 新元素、2度目の合成成功―理研が命名権獲得
  5. フェネストレンの新規合成法
  6. 化学者に役立つWord辞書
  7. 文献検索サイトをもっと便利に:X-MOLをレビュー
  8. ハリース オゾン分解 Harries Ozonolysis
  9. 武田オレフィン合成 Takeda Olefination
  10. マイケル・オキーフィ Michael O’Keeffe

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP