[スポンサーリンク]

ケムステニュース

科学:太古の海底に眠る特効薬

[スポンサーリンク]

毒巻貝と麻酔薬、カブトガニとインシュリンを結びつけて考える人は少ないが、新薬の半数は自然の化合物から開発されている。しかし、科学者が頼っていた陸上生物の生息地が開発により狭まり、新薬発見の可能性も小さくなってきた。

 そこで、スクリップス海洋学研究所(Scripps Institution of Oceanography)の科学者は、海に目を向けた。IPSの取材に応じた「スクリップス海洋バイオテクノロジーセンター」で所長を務めるウィリアム・フェニカル(William Fenical)教授は「海は生物医学研究のフロンティア」だと言う。

 海洋環境では防御をし競争に生き残る機能の発達が促されるので、生物活性化合物の多様化が進むと考えられる。海には動物、植物、微生物の形で1,000万種の固有生物が生息する。感染症や癌を治療する新薬発見の可能性は限りない(引用:JANJAN)。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 独BASF、米樹脂メーカーのジョンソンポリマー社を買収
  2. 科学の未解決のナゾ125を選出・米サイエンス誌
  3. 第32回 BMSコンファレンス(BMS2005)
  4. 光で分子の結合状態を変えることに成功
  5. 三共・第一製薬の完全統合、半年程度前倒しを検討
  6. 有機化合物合成中に発火、理化学研が半焼--仙台 /宮城
  7. 【エーザイ】新規抗癌剤「エリブリン」をスイスで先行承認申請
  8. 1回飲むだけのインフル新薬、5月発売へ 塩野義製薬

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【速報】2017年ノーベル化学賞は「クライオ電子顕微鏡の開発」に!
  2. 太陽光変換効率10%での人工光合成を達成
  3. ヘゲダス遷移金属による有機合成
  4. 化学者が麻薬を合成する?:Breaking Bad
  5. 2007年10大化学ニュース
  6. 「抗菌」せっけん、効果は「普通」…米FDA
  7. フィッシャー・スペイア エステル合成 Fischer-Speier Esterification
  8. 生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!
  9. メチルトリメトキシシラン (methyltrimethoxysilane)
  10. 下村 脩 Osamu Shimomura

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

C–NおよびC–O求電子剤間の還元的クロスカップリング

C–N求電子剤とC–O求電子剤間のクロスカップリング反応が初めて開発された。有機化合物中に普遍的に存…

Principles and Applications of Aggregation-Induced Emission

内容This book explores the aggregation-induced e…

セルロースナノファイバーの真価

お申込み・詳細はこちら開講期間2019年12月11日(水)10:00~17:25 <1日のみ…

「日産化学」ってどんな会社?

―ぶれずに価値創造。私たちは、生み出し続ける新たな価値で、ライフサイエンス・情報通信・環境エ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP