[スポンサーリンク]

ケムステニュース

科学:太古の海底に眠る特効薬

毒巻貝と麻酔薬、カブトガニとインシュリンを結びつけて考える人は少ないが、新薬の半数は自然の化合物から開発されている。しかし、科学者が頼っていた陸上生物の生息地が開発により狭まり、新薬発見の可能性も小さくなってきた。

 そこで、スクリップス海洋学研究所(Scripps Institution of Oceanography)の科学者は、海に目を向けた。IPSの取材に応じた「スクリップス海洋バイオテクノロジーセンター」で所長を務めるウィリアム・フェニカル(William Fenical)教授は「海は生物医学研究のフロンティア」だと言う。

 海洋環境では防御をし競争に生き残る機能の発達が促されるので、生物活性化合物の多様化が進むと考えられる。海には動物、植物、微生物の形で1,000万種の固有生物が生息する。感染症や癌を治療する新薬発見の可能性は限りない(引用:JANJAN)。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 米化学大手デュポン、EPAと和解か=新生児への汚染めぐり
  2. 総合化学4社、最高益を更新 製造業の需要高く
  3. ヘリウム不足再び?
  4. 東芝:新型リチウムイオン電池を開発 60倍の速さで充電
  5. 武田薬品、14期連続で営業最高益に
  6. 光だけでなく化学物質も受容できるロドプシンの発見
  7. サリドマイドが骨髄腫治療薬として米国で承認
  8. 期待のアルツハイマー型認知症治療薬がPIIへ‐富山化学

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. シューミン・リー Shu-Ming Li
  2. 有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズ
  3. マルコ・ラム脱酸素化 Marko-Lam Deoxygenation
  4. 茨城の女子高生が快挙!
  5. 有機反応を俯瞰する ーMannich 型縮合反応
  6. 第三回 ナノレベルのものづくり研究 – James Tour教授
  7. ウルマンカップリング Ullmann Coupling
  8. スティーブン・ヴァン・スライク Steven Van Slyke
  9. なぜあなたは論文が書けないのか
  10. ヒンスバーグ チオフェン合成 Hinsberg Thiophene Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

新コース開講! 東大発の無料オンライン英語講座!

研究室でのプレゼン、国際学会、海外留学など、国際化する研究環境にいまや英語は欠かせません。Engli…

脱水素型クロスカップリング重合法の開発

第138回目のスポットライトリサーチは、筑波大学 神原・桑原研究室の青木 英晃さん(博士前期課程2年…

有機合成化学協会の公式ページがリニューアル!!

かねてよりケムステでは有機合成化学協会とのコラボにより、協会誌の新着紹介に努めてきました。協会側もウ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP