[スポンサーリンク]

ケムステニュース

かぶれたTシャツ、原因は塩化ジデシルジメチルアンモニウム

[スポンサーリンク]

神奈川県茅ケ崎市で開かれたスタンドアップパドルボード(SUP)の国際大会「マイナビ THE JAPAN CUP」で、配られたTシャツを着た選手ら30人以上がかぶれなどの症状を訴えた問題で、大会を主催したNPO法人、スタンドアップパドルユニオンは18日、化合物の塩化ジデシルジメチルアンモニウムが原因だった可能性があると公表した。 (引用:朝日新聞デジタル2016年9月18日)

 

該当記事では、塩化ジデシルジメチルアンモニウムが発がん性物質ではないなどと的外れなことを書いていますが、発がん性以前に塩化ジデシルジメチルアンモニウムは第四級アンモニウム塩なので塩基性があり、毒性も高い物質です。Tシャツを着ていた人の症状を見る限り、汗や海水でアンモニウム塩がTシャツから溶け出し長時間皮膚と密着したことで薬傷になってしまったと考えられます。塩基は、酸と違って皮膚の中に浸透するため、まだ症状が治っていない方もいるようです。

インクジェットでTシャツに絵柄をプリントする場合、紙とは異なりインクが布地の中で分散しにじんでしまいます。それを抑えることをコンセプトとして前処理剤を塗布しているそうです。塩化ジデシルジメチルアンモニウムにどのような効果があるかまではわかりませんでしたが、残留すべきでない薬品であることは確かです。

関連書籍

 

関連リンク

  • SDS: メルクで販売している塩化ジデシルジメチルアンモニウムの水IPA溶液のSDS
  • 薬剤供給メーカーのコメント:薬剤をプリントメーカーに供給した島精機製作所のコメント

 

Zeolinite

投稿者の記事一覧

ただの会社員です。某企業で化学製品の商品開発に携わっています。社内でのデータサイエンスの普及とDX促進が個人的な野望です。

関連記事

  1. 三共と第一製薬が正式に合併契約締結
  2. 光触媒で空気中に浮遊する”新型コロナウイルス”の感染性を消失させ…
  3. 製薬、3強時代に 「第一三共」きょう発足
  4. コーラから発がん物質?
  5. 相原静大教授に日本化学会賞 芳香族の安定性解明
  6. 京都の高校生の学術論文が優秀賞に輝く
  7. 偽造ウイスキーをボトルに入れたまま判別する手法が開発される
  8. 「薬学の父」長井博士、半生を映画化へ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジボリルメタンに一挙に二つの求電子剤をくっつける
  2. ウォール・チーグラー臭素化 Wohl-Ziegler Bromination
  3. ハイブリッド触媒系で複雑なシリルエノールエーテルをつくる!
  4. 料理と科学のおいしい出会い: 分子調理が食の常識を変える
  5. 創薬開発で使用される偏った有機反応
  6. 280億円賠償評決 米メルク社治療薬副作用で死亡 テキサス州
  7. クラブトリー触媒 Crabtree’s Catalyst
  8. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso
  9. 薬学部6年制の現状と未来
  10. マイクロリアクターで新時代!先取りセミナー 【終了】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2016年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

注目情報

最新記事

【書評】スキルアップ有機化学 しっかり身につく基礎の基礎

東京化学同人より 2024 年 2 月 16 日に刊行された、「スキルアップ有機…

“逆転の発想”で世界最高のプロトン伝導度を示す新物質を発見

第594回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 八島研究室の齊藤 馨(さいとう …

第17回日本化学連合シンポジウム「防災と化学」

開催趣旨能登半島地震で罹災された方々に、心からお見舞い申し上げます。自然災害、疾病、火災、事…

溶液中での安定性と反応性を両立した金ナノ粒子触媒の開発

第593回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科(山口研究室)博士後期課程3年の夏 …

DeuNet (重水素化ネットワーク)

Deunet とは?重水素化ネットワーク (The Duteration Network, De…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の応用 ー新しい天然有機化合物の生成を目指すー

開催日 2024/2/21 申し込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

有機合成化学協会誌2024年2月号:タンデムボラFriedel-Crafts反応・炭素-フッ素結合活性化・セリウム錯体・コバルト-炭素結合・ホスホロアミダイト法

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年2月号がオンライン公開されています。…

有機合成にさようなら!“混ぜるだけ”蛍光プローブ3秒間クッキング

第592回のスポットライトリサーチは、香港科技大学(Ben Zhong Tang研)の清川慎介さん(…

北九州における化学企業の盛んな生産活動

AGCは、このたび北九州事業所において、グリーン水素製造に適したフッ素系イオン交換膜の製造設備新…

【Q&Aシリーズ❷ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波による焼成・乾燥プロセス

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。全3回にわたり、ガス…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP