[スポンサーリンク]

ケムステニュース

タンチョウ:殺虫剤フェンチオンで中毒死増加

[スポンサーリンク]

Fenthion フェンチオン国の特別天然記念物、タンチョウ2羽が、有機リン系農薬の殺虫剤フェンチオン(MpP)を取り込んで急性中毒死していたことが環境省などの調査で9日、分かった。タンチョウは北海道東で1000羽近くまで生息数を回復したが、北海道女満別町で02年10月に死んだ2羽の中毒死が確認されたのに続き、死亡数が増えたことで、偶発的な事故でなく、日常的な脅威にさらされている実態が明らかになった。(引用:毎日新聞

 

 

 フェンチオン(Fenthion)は有機リン系の農薬で蚊などの殺虫剤として有効ですが、哺乳類にも中程度の毒性があります。鳥類には高度の毒性があるため、公共の場のすずめなどの駆除に使われていたらしいのですが、アメリカでは最近使用禁止になったそうです。

 

国内では、薄めたものをシロアリ駆除等のため使用されています。

 

関連書籍


どうする21世紀の環境問題 くらしの中の知らない化学物質〈6巻〉殺虫剤・防虫剤


総合的な学習の時間のテーマとして関心の高い「環境問題」。毎日使っている身近な物の中に含まれる化学物質をとりあげ、考えるシリーズ。第6巻では害虫とされるゴキブリや蚊、ハエなどに使われる殺虫剤・防虫剤を取り上る。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 始まるPCB処理 利便性追求、重い代償
  2. 複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発
  3. NMR が、2016年度グッドデザイン賞を受賞
  4. サノフィ・アベンティスグループ、「タキソテール」による進行乳癌の…
  5. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2019」を発表
  6. シイタケ由来成分に抗アレルギー効果を確認
  7. 大村氏にウメザワ記念賞‐国際化学療法学会が授与
  8. 柴崎・東大教授が英化学会メダル受賞

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 元素戦略 Element Strategy
  2. 有機反応の仕組みと考え方
  3. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー4
  4. チャップマン転位 Chapman Rearrangement
  5. 乳化剤の基礎とエマルション状態の評価【終了】
  6. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(3年目)
  7. アカデミア有機化学研究でのクラウドファンディングが登場!
  8. 金城 玲 Rei Kinjo
  9. 2011年文化功労者「クロスカップリング反応の開拓者」玉尾皓平氏
  10. チャン・ラム・エヴァンス カップリング Chan-Lam-Evans Coupling

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酸化グラフェンの光による酸素除去メカニズムを解明 ―答えに辿り着くまでの6年間―

第226回のスポットライトリサーチは、筑波大学の羽田真毅(はだ まさき)先生にお願いしました。…

ツヴァイフェル オレフィン化 Zweifel Olefination

概要アルケニル金属試薬をボレート形成させて、ヨウ素処理の転位によって置換アルケンを得る手法。…

アゾベンゼンは光る!~新たな発光材料として期待~

第225回のスポットライトリサーチは、関西学院大学 増尾研究室 助教の山内光陽(やまうち みつあき)…

ハラスメントから自分を守るために。他人を守るために【アメリカで Ph.D. を取る –オリエンテーションの巻 その 2-】

アカデミックハラスメントやセクシャルハラスメントは、学業やキャリアの成功に悪影響を与えます。 どんな…

2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る

グリニャール試薬とスルフィニルアミンを用いたスルホンジイミン合成が達成された。爆発性物質、臭気性物質…

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP