[スポンサーリンク]

ケムステニュース

タンチョウ:殺虫剤フェンチオンで中毒死増加

Fenthion フェンチオン国の特別天然記念物、タンチョウ2羽が、有機リン系農薬の殺虫剤フェンチオン(MpP)を取り込んで急性中毒死していたことが環境省などの調査で9日、分かった。タンチョウは北海道東で1000羽近くまで生息数を回復したが、北海道女満別町で02年10月に死んだ2羽の中毒死が確認されたのに続き、死亡数が増えたことで、偶発的な事故でなく、日常的な脅威にさらされている実態が明らかになった。(引用:毎日新聞

 

 

 フェンチオン(Fenthion)は有機リン系の農薬で蚊などの殺虫剤として有効ですが、哺乳類にも中程度の毒性があります。鳥類には高度の毒性があるため、公共の場のすずめなどの駆除に使われていたらしいのですが、アメリカでは最近使用禁止になったそうです。

 

国内では、薄めたものをシロアリ駆除等のため使用されています。

 

関連書籍


どうする21世紀の環境問題 くらしの中の知らない化学物質〈6巻〉殺虫剤・防虫剤


総合的な学習の時間のテーマとして関心の高い「環境問題」。毎日使っている身近な物の中に含まれる化学物質をとりあげ、考えるシリーズ。第6巻では害虫とされるゴキブリや蚊、ハエなどに使われる殺虫剤・防虫剤を取り上る。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 極小の「分子ペンチ」開発
  2. ハーバード大Whitesides教授プリーストリーメダルを受賞
  3. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2017」を発表
  4. 茅幸二、鈴木昭憲、田中郁三ら文化功労者に
  5. ポリエチレンなど合成樹脂、値上げ浸透
  6. 「科研費の採択を受けていない研究者」へ研究費進呈?
  7. 住友化・大日本住友薬、ファイザーと高血圧症薬で和解
  8. 炭素ボールに穴、水素入れ閉じ込め 「分子手術」成功

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. English for Writing Research Papers
  2. 糖鎖合成化学は芸術か?
  3. ロバート・ランガー Robert S. Langer
  4. 最期の病:悪液質
  5. 人と人との「結合」を「活性化」する
  6. シンプルなα,β-不飽和カルベン種を生成するレニウム触媒系
  7. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearrangement
  8. ノーベル賞いろいろ
  9. 武田薬品、糖尿病薬「アクトス」に抗炎症作用報告
  10. 「男性型脱毛症薬が登場」新薬の承認を審議

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第173回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめま…

【ジーシー】新卒採用情報(2020卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

【ジーシー】新たな治療価値を創造するテクノロジー -BioUnion-

BioUnion(バイオユニオン)はグラスアイオノマーで培ってきたイオンの働きに着目し,新たに完成さ…

株式会社ジーシーってどんな会社?

株式会社ジーシーは歯科医療一筋に98年の歴史も持ち、歯科医療業界では国内NO.1のシェアを誇ります。…

キノコから見いだされた新規生物活性物質「ヒトヨポディンA」

第172回目のスポットライトリサーチは、理化学研究所 環境資源科学研究センター ケミカルバイオロジー…

PAGE TOP