[スポンサーリンク]

ケムステニュース

酸素ボンベ爆発、男性死亡 

[スポンサーリンク]

10日午前9時50分ごろ、神奈川県横須賀市久里浜にある岩谷産業の横須賀ガスセンター敷地内で、液体酸素ボンベ1本が爆発した。巻き込まれた同社従業員一名が死亡した。県警浦賀署によると、ボンベは重さ約132キロで、屋外でボンベの洗浄などの作業中だった。同署が原因を調べている。(引用:産経ニュース9月10日)

 

化学実験では液体酸素ボンベを使うことはあまりありませんが、酸素をよく使う医療現場では使われているようです。液体酸素の危険性は、寒剤の使用前講習などでよく説明されている通り、液体酸素が有機物に触れると爆発します。この事件も、液体酸素に何らかの有機物が触れたことによる爆発の可能性が高そうです。

 

液体窒素を冷媒とした場合には、操作のミスにより液体酸素がトラップなどにたまる可能性が十分にあります。取り扱いには十分に注意すべきです。

関連書籍

 

関連リンク

 

関連記事

  1. 製薬会社5年後の行方
  2. 「魔法の水でゴミの山から“お宝”抽出」
  3. ストラディバリウスの音色の秘密は「ニス」にあらず
  4. 宇部興産、オランダDSM社と「キラル技術」で提携
  5. ヤクルト、大腸の抗がん剤「エルブラット」発売
  6. 脂肪燃やすアミノ酸に効果 「カルニチン」にお墨付き
  7. 「消えるタトゥー」でヘンなカユミ
  8. 白血病治療新薬の候補物質 京大研究グループと日本新薬が開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. サンケイ化学、フェロモン剤を自社生産
  2. 熊田 誠 Makoto Kumada
  3. 「神経栄養/保護作用を有するセスキテルペン類の全合成研究」ースクリプス研究所 Ryan Shenvi研より
  4. ボツリヌストキシン (botulinum toxin)
  5. 有機銅アート試薬 Organocuprate
  6. サラシノール salacinol
  7. BASFクリエータースペース:議論とチャレンジ
  8. 企業の組織と各部署の役割
  9. “つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御
  10. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(4)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP