[スポンサーリンク]

ケムステニュース

酸素ボンベ爆発、男性死亡 

10日午前9時50分ごろ、神奈川県横須賀市久里浜にある岩谷産業の横須賀ガスセンター敷地内で、液体酸素ボンベ1本が爆発した。巻き込まれた同社従業員一名が死亡した。県警浦賀署によると、ボンベは重さ約132キロで、屋外でボンベの洗浄などの作業中だった。同署が原因を調べている。(引用:産経ニュース9月10日)

 

化学実験では液体酸素ボンベを使うことはあまりありませんが、酸素をよく使う医療現場では使われているようです。液体酸素の危険性は、寒剤の使用前講習などでよく説明されている通り、液体酸素が有機物に触れると爆発します。この事件も、液体酸素に何らかの有機物が触れたことによる爆発の可能性が高そうです。

 

液体窒素を冷媒とした場合には、操作のミスにより液体酸素がトラップなどにたまる可能性が十分にあります。取り扱いには十分に注意すべきです。

関連書籍

 

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
Zeolinite

Zeolinite

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. 武田薬の糖尿病治療薬、心臓発作を予防する効果も
  2. アルツハイマー病早期発見 磁気画像診断に新技術
  3. メルク、主力薬販売停止で15%減益
  4. 染色なしで細胞を観察 阪大ベンチャーが新顕微鏡開発
  5. 春の褒章2011-化学
  6. 超小型シリンジ開発 盛岡の企業
  7. 文化勲章にノーベル賞の天野さん・中村さんら7人
  8. 大型期待の認知症薬「承認申請数年遅れる」 第一製薬

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 細胞の中を旅する小分子|第三回(最終回)
  2. はてブ週間ランキング第四位を獲得
  3. 飽和C–H結合を直接脱離基に変える方法
  4. ラッセル・コックス Rusesl J. Cox
  5. 抗体結合ペプチドを用いる非共有結合的抗体-薬物複合体の創製
  6. 科学ボランティアは縁の下の力持ち
  7. 中学入試における化学を調べてみた
  8. 三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発
  9. 新しい抗生物質発見:MRSAを1分で99.99%殺菌
  10. 細胞を模倣したコンピューター制御可能なリアクター

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

PAGE TOP