[スポンサーリンク]

ケムステニュース

酸素ボンベ爆発、男性死亡 

10日午前9時50分ごろ、神奈川県横須賀市久里浜にある岩谷産業の横須賀ガスセンター敷地内で、液体酸素ボンベ1本が爆発した。巻き込まれた同社従業員一名が死亡した。県警浦賀署によると、ボンベは重さ約132キロで、屋外でボンベの洗浄などの作業中だった。同署が原因を調べている。(引用:産経ニュース9月10日)

 

化学実験では液体酸素ボンベを使うことはあまりありませんが、酸素をよく使う医療現場では使われているようです。液体酸素の危険性は、寒剤の使用前講習などでよく説明されている通り、液体酸素が有機物に触れると爆発します。この事件も、液体酸素に何らかの有機物が触れたことによる爆発の可能性が高そうです。

 

液体窒素を冷媒とした場合には、操作のミスにより液体酸素がトラップなどにたまる可能性が十分にあります。取り扱いには十分に注意すべきです。

関連書籍

 

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
Zeolinite

Zeolinite

企業の研究員です。最近、合成の仕事が無くてストレスが溜まっています。

関連記事

  1. 画期的な糖尿病治療剤を開発
  2. 論文のチラ見ができる!DeepDyve新サービス開始
  3. 中外製薬が工場を集約へ 宇都宮など2カ所に
  4. アセチレン、常温で圧縮成功
  5. 半導体で水から水素 クリーンエネルギーに利用
  6. 松本和子氏がIUPACのVice Presidentに選出される…
  7. 持田製薬/エパデールのスイッチOTC承認へ
  8. 2006年度ノーベル化学賞-スタンフォード大コンバーク教授に授与…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 新しいエポキシ化試薬、Triazox
  2. 博士課程学生の奨学金情報
  3. 野依記念物質科学研究館
  4. 3Mとはどんな会社?
  5. 年に一度の「事故」のおさらい
  6. 薬物耐性菌を学ぶーChemical Times特集より
  7. CAS番号の登録が1億個突破!
  8. ステファン・バックワルド Stephen L. Buchwald
  9. 2010年人気記事ランキング
  10. 海の生き物からの贈り物

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP