[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

PACIFICHEM2010に参加してきました!②

(写真は、学会のメイン会場であるヒルトンハワイアンビレッジ)

どくたけによるPACIFICHEM体験記第2弾!前回の記事の続きです!
今回も徒然なるままに書いていこうと思います。

さて、無事に(?)自分の講演をやりきったどくたけは翌日、
早速お目当ての研究者の講演を拝聴しに意気揚々と会場へ向かいました。

しかしながらこのPACIFICHEM、相当の過密スケジュールなのかなんなのか、1番早い講演が何とAM7:30から始まります(苦笑)さすがにこの時間のセッションには間に合いませんでした。自分が早朝のセッションじゃなくてほんと良かったー…なんて。とか何とか考えてるうちに会場に到着。午前のお目当ての会場は”Metal Catalysis for Asymmetric Synthesis”、本会場での全ての講演の感想を述べるのは大変なので割愛しますが、やはり何と言っても(あくまで個人的ですが)お目当ては金井求先生と、小笠原正道先生です。

金井先生のご講演を拝聴するのは、万有シンポジウム以来だったのですが、やはり金井研の研究から受ける印象は群を抜いて鮮やかです。講演の内容は、Cu触媒を用いた不斉四級炭素の構築と新規配位子の開発が主だったようですが、その独自の触媒の設計と開発、生み出された反応の力量は金井先生の卓越した先見的な思想の賜物と感じました。

さて、昨日の疲れもあってか、英語の講演を聞いているとうとうとしてしまいましたが、眠い目をこすって小笠原先生の講演を拝聴しました。講演の内容は、眠気も吹き飛ぶ洗練されたケミストリー、Pd触媒による軸不斉光学活性アレンの合成とその天然物への応用でした。この分野で他の追随を許さない感じのする軸不正アレン界のフロントランナーである小笠原先生は、DeBuPHOS(=デブホス)という名前の新規配位子の開発でも有名です。

デブって(笑)

 
と筆者は率直に思いました。同じような感想をお持ちになった読者の方もおられると思いますが、この独特のユニークな名前の配位子は、(正式名称は失念しましたが)Deca-tBu-phosphineの略称でDeBuPHOSだそうです。本当にデブっぽい(=大きい、かさ高い)構造にちなんで名付けられたんだそうです。その話の真偽はともかくも、相当にかさ高い配位子ですね。筆者が別の機会に小笠原先生の日本語の講演を拝聴した際には、この配位子のデブ的な(笑)特徴についてもお話しされていました。

DEBU.jpg図:DeBuPHOSの構造

(おもしろい名前の配位子の話は、過去記事:「ユニークな名前を持つ配位子」にもあります)

 
 
午後も引き続き、同セッションを拝聴しました。全ての感想を述べる事は出来ませんが、ただ一つ言える事は、White教授は美しいということでした(ノ∀`)(照)講演内容は、まさに畳み掛けるといったような感じで、圧倒されてしまいました。ちなみに、White教授の講演の様子(PACIFICHEM2010ではありませんが)は、気ままに有機化学さんの過去記事:今秋のACSの講演をオンラインで見よう!で拝聴することが出来ます。目見麗しいそのご尊顔に引けを取らない、White教授のしなやかで美しい化学を拝聴してみてはいかがでしょうか?

話が色々な所に飛び火しましたが、今回はこの辺でm(_ _)m
まだまだ続きます!
 
 

The following two tabs change content below.
どくたけ

どくたけ

HNのどくたけはdoctor Kの略語です。 chem stationを通して、化学の素晴らしさ面白さ等を 伝えていけたらいいなと思います。 宜しくお願いいたします。
どくたけ

最新記事 by どくたけ (全て見る)

関連記事

  1. 【追悼企画】化学と生物で活躍できる化学者ーCarlos Barb…
  2. 三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開…
  3. セブンシスターズについて② ~世を統べる資源会社~
  4. 科学を魅せるーサイエンスビジュアリゼーションー比留川治子さん
  5. 周期表の形はこれでいいのか? –その 1: H と He の位置…
  6. 大学院生のつぶやき:研究助成の採択率を考える
  7. 「人工知能時代」と人間の仕事
  8. 第98回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Pa…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. センチメートルサイズで均一の有機分子薄膜をつくる!”シンプル イズ ザ ベスト”の極意
  2. 大日本インキが社名変更 来年4月1日から「DIC」に
  3. 三井化学、触媒科学賞の受賞者を決定
  4. キッチン・ケミストリー
  5. 日本の海底鉱物資源の開発状況と課題、事業展望【終了】
  6. 環サイズを選択できるジアミノ化
  7. 誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)
  8. トロスト不斉アリル位アルキル化反応 Trost Asymmetric Allylic Alkylation
  9. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytzani-Stephanopoulos
  10. 【速報】2017年のノーベル生理学・医学賞は「概日リズムを制御する分子メカニズムの発見」に!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

有機分子触媒ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

研究職の転職で求められる「面白い人材」

ある外資系機器メーカーのフィールドサービス職のポジションに対して候補者をご推薦しました。その時のエピ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP