[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

PACIFICHEM2010に参加してきました!②

[スポンサーリンク]

(写真は、学会のメイン会場であるヒルトンハワイアンビレッジ)

どくたけによるPACIFICHEM体験記第2弾!前回の記事の続きです!
今回も徒然なるままに書いていこうと思います。

さて、無事に(?)自分の講演をやりきったどくたけは翌日、
早速お目当ての研究者の講演を拝聴しに意気揚々と会場へ向かいました。

しかしながらこのPACIFICHEM、相当の過密スケジュールなのかなんなのか、1番早い講演が何とAM7:30から始まります(苦笑)さすがにこの時間のセッションには間に合いませんでした。自分が早朝のセッションじゃなくてほんと良かったー…なんて。とか何とか考えてるうちに会場に到着。午前のお目当ての会場は”Metal Catalysis for Asymmetric Synthesis”、本会場での全ての講演の感想を述べるのは大変なので割愛しますが、やはり何と言っても(あくまで個人的ですが)お目当ては金井求先生と、小笠原正道先生です。

金井先生のご講演を拝聴するのは、万有シンポジウム以来だったのですが、やはり金井研の研究から受ける印象は群を抜いて鮮やかです。講演の内容は、Cu触媒を用いた不斉四級炭素の構築と新規配位子の開発が主だったようですが、その独自の触媒の設計と開発、生み出された反応の力量は金井先生の卓越した先見的な思想の賜物と感じました。

さて、昨日の疲れもあってか、英語の講演を聞いているとうとうとしてしまいましたが、眠い目をこすって小笠原先生の講演を拝聴しました。講演の内容は、眠気も吹き飛ぶ洗練されたケミストリー、Pd触媒による軸不斉光学活性アレンの合成とその天然物への応用でした。この分野で他の追随を許さない感じのする軸不正アレン界のフロントランナーである小笠原先生は、DeBuPHOS(=デブホス)という名前の新規配位子の開発でも有名です。

デブって(笑)

 
と筆者は率直に思いました。同じような感想をお持ちになった読者の方もおられると思いますが、この独特のユニークな名前の配位子は、(正式名称は失念しましたが)Deca-tBu-phosphineの略称でDeBuPHOSだそうです。本当にデブっぽい(=大きい、かさ高い)構造にちなんで名付けられたんだそうです。その話の真偽はともかくも、相当にかさ高い配位子ですね。筆者が別の機会に小笠原先生の日本語の講演を拝聴した際には、この配位子のデブ的な(笑)特徴についてもお話しされていました。

DEBU.jpg図:DeBuPHOSの構造

(おもしろい名前の配位子の話は、過去記事:「ユニークな名前を持つ配位子」にもあります)

 
 
午後も引き続き、同セッションを拝聴しました。全ての感想を述べる事は出来ませんが、ただ一つ言える事は、White教授は美しいということでした(ノ∀`)(照)講演内容は、まさに畳み掛けるといったような感じで、圧倒されてしまいました。ちなみに、White教授の講演の様子(PACIFICHEM2010ではありませんが)は、気ままに有機化学さんの過去記事:今秋のACSの講演をオンラインで見よう!で拝聴することが出来ます。目見麗しいそのご尊顔に引けを取らない、White教授のしなやかで美しい化学を拝聴してみてはいかがでしょうか?

話が色々な所に飛び火しましたが、今回はこの辺でm(_ _)m
まだまだ続きます!
 
 

どくたけ

どくたけ

投稿者の記事一覧

HNのどくたけはdoctor Kの略語です。 chem stationを通して、化学の素晴らしさ面白さ等を 伝えていけたらいいなと思います。 宜しくお願いいたします。

関連記事

  1. 高機能・高性能シリコーン材料創製の鍵となるシロキサン結合のワンポ…
  2. 音声入力でケムステ記事を書いてみた
  3. 投票!2017年ノーベル化学賞は誰の手に!?
  4. 超分子カプセル内包型発光性金属錯体の創製
  5. 第98回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Pa…
  6. 未来の科学コミュニティ
  7. 細胞の中を旅する小分子|第一回
  8. 役に立たない「アートとしての科学」

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. コロナウイルス関連記事 まとめ
  2. HOW TO 分子シミュレーション―分子動力学法、モンテカルロ法、ブラウン動力学法、散逸粒子動力学法
  3. Carl Boschの人生 その4
  4. メントール /menthol
  5. 学部生にオススメ:「CSJ カレントレビュー」で最新研究をチェック!
  6. 18万匹のトコジラミ大行進 ~誘因フェロモンを求めて①~
  7. COX2阻害薬 リウマチ鎮痛薬に副作用
  8. 向山酸化剤
  9. 有機合成に活躍する器具5選|第1回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)
  10. 安定なケトンのケイ素類縁体“シラノン”の合成 ケイ素—酸素2重結合の構造と性質

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

第121回の海外化学者インタビューは、Lei Zhu教授です。フロリダ州立大学 化学・生化学科で、亜…

高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

明治から昭和にかけて“化学界の権威”として活躍した高知出身の化学者=近重真澄を紹介する展示が高知市で…

ケムステバーチャルプレミアレクチャーの放送開始決定!

主に最先端化学に関する講演者をテーマ別で招待しオンライン講演を行っていただくケムステバーチャルシンポ…

分子運動を世界最高速ムービーで捉える!

第275回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院理学系研究科化学専攻 博士課程・清水俊樹 さんに…

「未来博士3分間コンペティション2020」の挑戦者を募集

科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業(次世代研究者育成プログラム)「未来を拓く地方協奏プラ…

イグノーベル賞2020が発表 ただし化学賞は無し!

「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる業績」に対して贈られるノーベル賞のパロディである「イグノーベル…

電子実験ノートSignals Notebookを紹介します ②

前回に引き続き(間がだいぶ空いてしまいましたが、、、)Signals Notebookの使い…

化学者のためのエレクトロニクス講座~有機半導体編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP