[スポンサーリンク]

海外化学者インタビュー

第一回 人工分子マシンの合成に挑む-David Leigh教授-

NatureChemistryが運営するブログ「The ScepticalChymist」との協賛により、研究者のインタビューコーナー”Reactions”の和訳版をお届けします。

第一回目は人工分子マシン・モーターの合成および評価を行っている、エジンバラ大学のDavid Leigh教授にお話を伺いました。

 

Q. あなたが化学者になった理由は?

大学で化学を勉強しているみんなや、素晴らしく熱心な先生たちが大好きだったからだよ。

 

Q. もし化学者でなかったら、何になりたいですか?またその理由は?

もし何でもできる才能に恵まれてたらだけど(残念ながら厳しいけどね!)、首相やロックスター、フットボール選手かな。

 

Q.概して化学者はどのように世界に貢献する事ができますか?

今よりももっと良い世界にすることで、だね。公害やエネルギー不足、健康と生活維持なんかのように、地球規模での問題解決へと貢献できる新しい技術を導きだす―これが分かりやすい方法だね。そこまで明確ではない方法としては例えば、みんなの「世界の捉え方」をより良いものにしていくことが挙げられる。そうやって、社会と個人の隙間に存在する俗説や、宗教的な影響を取り除いていけば、安全な世の中が出来上がると思うんだ。

 

Q.あなたがもし歴史上の人物と夕食を共にすることができたら誰と?またその理由は?

イエスかアインシュタインかなあ。理由はいっぱいあるよ。

 

Q. あなたが最後に研究室で実験を行ったのはいつですか?また、その内容は?

去る2002年、一つのグループが長い合成ルートを経てようやく合成してきた化合物に、私はとても興奮してたんだ。それが金曜の夜だったね。化合物のNMRを見るのを待ちきれ無かったんだ。それで、やってる研究員に何も尋ねず反応を止めてしまって、土日まるまる使ってカラムクロマトグラフィで単離しようとしたんだ。その後は言わずもがな・・・私じゃ取ってこれなかった。週末を使って6本カラムをやったけど、あとには何も残らなかったよ・・・。担当してたジェニー・ウォン、ありがたい事に彼女は(少なくとも私の前では)何も愚痴らず、また一から15工程の合成をやったのさ(この時ばかりはさすがに、私に何にも知らせず最後の反応をかけたみたいだけどね)。

Flash8

Q.もしあなたが砂漠の島に取り残されたら、どんな本や音楽が必要ですか?1つだけ答えてください。

ロベルト・ジョビーの”カード・カレッジ”だね。ようやく勉強する時間が取れるね!(編注:Leigh教授は化学者ですが、マジシャンでもあります。) あとは80年代のエルヴィス・コステロのライブ・ブートレッグかな。

ありがとうございました。

原文: Reactions – David Leigh
(このインタビューはThe ScepticalChymistによって行われたものであり、日本語での翻訳許可を得て掲載しています。2007年2月23日時点での情報であり、現状とは異なる点があり得ることをご了承ください。)
The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 第23回「化学結合の自在切断 ・自在構築を夢見て」侯 召民 教授…
  2. 第21回 バイオインフォ-マティクスによる創薬 – …
  3. 第九回 均一系触媒で石油化学に変革を目指すー山下誠講師
  4. 第28回 錯体合成から人工イオンチャンネルへ – P…
  5. 第19回 有機エレクトロニクスを指向した合成 – G…
  6. 第14回 有機合成「力」でケミカルバイオロジーへ斬り込む - J…
  7. 第26回「分子集合体の極限に迫る」矢貝史樹准教授
  8. 第21回「有機化学で生命現象を理解し、生体反応を制御する」深瀬 …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学大手9月中間 三井化学と旭化成が経常減益
  2. 標的指向、多様性指向合成を目指した反応
  3. スルホニル保護基 Sulfonyl Protective Group
  4. 植村酸化 Uemura Oxidation
  5. ヤンセン 新たな抗HIV薬の製造販売承認を取得
  6. Ph.D. Comics – Piled Higher and Deeper
  7. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactonization
  8. サイエンスアゴラの魅力-食用昆虫科学研究会・「蟲ソムリエ」中の人に聞く
  9. シロアリの女王フェロモンの特定に成功
  10. 科研費の審査員を経験して

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

チャールズ・スターク・ドレイパー賞―受賞者一覧

チャールズ・スターク・ドレイパー賞(Charles Stark Draper Prize)とは、全米…

染色体分裂で活躍するタンパク質“コンデンシン”の正体は分子モーターだった!

第127回のスポットライトリサーチは、コロンビア大学のDepartment of Biochemis…

クリストファー・ウエダ Christopher Uyeda

クリストファー・H・ウエダ(Christopher H. Uyeda、19xx年x月x日-)は、米国…

添加剤でスイッチするアニリンの位置選択的C-Hアルキル化

Ru触媒を用いたアニリン誘導体のパラ位アルキル化が開発された。極めて位置選択性が高く、添加剤により選…

ジェレマイア・ジョンソン Jeremiah A. Johnson

ジェレマイア・A・ジョンソン(Jeremiah A. Johnson、19xx年xx月xx日)は、ア…

電子ノートか紙のノートか

読者の方々の所属する研究室・会社では実験ノートはどのように保管、データ化されていますでしょうか?…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP