[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベース

  1. 北エステル化反応 Kita Esterification

    概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールからエステルを合成する手法。穏和な条件下に進行することが特徴であり、副生物も少ないため精製も容易である。酸無水物の合成、アミド化、マク…

  2. 庄野酸化 Shono Oxidation

    概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

  3. 【クリックは完了. よし壊せ!】イミノカルベノイドによる渡環および 1,3-挿入 Iminocarbenoids Derived from Triazoles for Transannulations/1,3-Insertions

    N-スルホニル-1,2,3-トリアゾールは Rh 触媒の作用を受け、求核的なイミノ基を有するカルベノ…

  4. 2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Protecting Group

    概要2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル(2-(trimethylsilyl)ethoxy…

  5. ベンジルオキシカルボニル保護基 Cbz(Z) Protecting Group

    概要ベンジルオキシカルボニル(benzyloxycarbonyl, CbzまたはZ)基は、カルバ…

  6. tert-ブトキシカルボニル保護基 Boc Protecting Group

  7. 2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

  8. 9-フルオレニルメチルオキシカルボニル保護基 Fmoc Protecting Group

  9. アリルオキシカルボニル保護基 Alloc Protecting Group

  10. ボロン酸触媒によるアミド形成 Amide Formation Catalyzed by Boronic Acids

  11. チャン転位(Chan Rearrangement)

  12. ジムロート転位 (ANRORC 型) Dimroth Rearrangement via An ANRORC Mechanism

  13. ジムロート転位 (共役 1,3-双極子開環体経由) Dimroth Rearrangement via A Conjugated 1,3-Dipole

  14. クレーンケ ピリジン合成 Kröhnke Pyridine Synthesis

  15. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

  16. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ボンビコール /bombykol
  2. 【クリックは完了. よし壊せ!】イミノカルベノイドによる渡環および 1,3-挿入 Iminocarbenoids Derived from Triazoles for Transannulations/1,3-Insertions
  3. 香りで女性のイライラ解消 長崎大が発見、製品化も
  4. 化学企業のグローバル・トップ50が発表
  5. 【追悼企画】水銀そして甘み、ガンへー合成化学、創薬化学への展開ー
  6. ポットエコノミー Pot Economy
  7. コーヒーブレイク

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

PAGE TOP