[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベース

  1. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selective Protein Modification

    N末端はタンパク鎖の中で1箇所しか存在しないため、これを標的とする修飾反応は必然的に高い位置・化学選択的を実現でき、均質な修飾体を与える事が出来る。また、修飾に伴う高次構造への影響も少ない。加えておよそ80%のタンパク質においては、N末端が…

  2. デヒドロアラニン選択的タンパク質修飾反応 Dha-Selective Protein Modification

    デヒドロアラニン(dehydroalanine, Dha)はセリンもしくはシステインから誘導される特…

  3. ジスルフィド架橋型タンパク質修飾法 Disulfide-Bridging Protein Modification

    システイン(Cysteine, Cys)を標的とするタンパク質修飾法はその信頼性から盛んに用いられて…

  4. システイン選択的タンパク質修飾反応 Cys-Selective Protein Modification

    システイン(Cysteine, Cys)は自然界における存在比率が低く、側鎖(SH基)のpKaが低く…

  5. 歪み促進型アジド-アルキン付加環化 SPAAC Reaction

    アジド-アルキン付加環化(Huisgen付加環化)は多種多様な官能基に直交性を持つため、生体共役反応…

  6. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective Protein Modification

  7. メチオニン選択的タンパク質修飾反応 Met-Selective Protein Modification

  8. トリプトファン選択的タンパク質修飾反応 Trp-Selective Protein Modification

  9. スナップ試薬 SnAP Reagent

  10. ハンチュ エステルを用いる水素移動還元 Transfer Hydrogenation with Hantzsch Ester

  11. タングステン酸光触媒 Tungstate Photocatalyst

  12. DABSOを用いるSO2導入反応 SO2 incorporation using DABSO

  13. ボロン酸の保護基 Protecting Groups for Boronic Acids

  14. ニューマン・クワート転位 Newman-Kwart Rearrangement

  15. 超音波有機合成 Sonication in Organic Synthesis

  16. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. センチメートルサイズで均一の有機分子薄膜をつくる!”シンプル イズ ザ ベスト”の極意
  2. 金沢ふるさと偉人館
  3. 第33回「セレンディピティを計画的に創出する」合田圭介 教授
  4. ジョン・トーソン Jon S. Thorson
  5. ケムステ10年回顧録― 副代表版
  6. 夢・化学-21 化学への招待
  7. フリーデル・クラフツアルキル化 Friedel-Crafts Alkylation

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

PAGE TOP