[スポンサーリンク]


odos 有機反応データベース

  1. エドマン分解 Edman Degradation

    概要ペプチド一次配列決定法の一種。フェニルイソチオシアナートとの反応でN末端1残基だけをフェニルチオヒダントインの形で切り出し、一つずつアミノ酸配列を決定する。サンプルは極微量で良いが、多くの場合、適用限界は30-50残基程度で…

  2. 芳香族メタ光環化付加 Aromatic meta-photocycloaddition

    概要芳香族化合物とアルケンは光照射下に付加環化を起こす。通常の合成法では得られに…

  3. ノリッシュ・ヤン反応 Norrish-Yang Reaction

    概要ケトンγ位のC-H結合が光照射によって切断され、組み変わる形式でシクロブタノ…

  4. ジ-π-メタン転位 Di-π-methane Rearrangement

    概要光照射下にジエンが転位を起こし、ビニルシクロプロパンを与える反応。炭素の代わ…

  5. バートン・ケロッグ反応 Barton-Kellogg Reaction

    概要ジアゾ化合物とチオケトンを反応させて多置換アルケンを合成する手法。McMur…

  6. コーリー・ギルマン・ガネム酸化 Corey-Gilman-Ganem Oxidation

  7. キレトロピー反応 Cheletropic Reaction

  8. ジオトロピー転位 dyotropic rearrangement

  9. ビンゲル反応 Bingel Reaction

  10. バールエンガ試薬 Barluenga’s Reagent

  11. ボイヤー・シュミット・オーブ転位 Boyer-Schmidt-Aube Rearrangement

  12. NHPI触媒によるC-H酸化 C-H Oxidation with NHPI Catalyst

  13. カラッシュ付加反応 Kharasch Addition

  14. カラッシュ・ソスノフスキ-酸化 Kharasch-Sosnovsky Oxidation

  15. メリフィールド ペプチド固相合成法 Merrifield Solid-Phase Peptide Synthesis

  16. 網井トリフルオロメチル化 Amii Trifluoromethylation

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 秋田英万 Akita Hidetaka
  2. フリーラジカルの祖は一体誰か?
  3. カルベン触媒によるα-ハロ-α,β-不飽和アルデヒドのエステル化反応
  4. 「脱芳香族的二重官能基修飾化反応の研究」ーイリノイ大学David Sarlah研より
  5. ミック因子 (Myc factor)
  6. ナトリウム Sodium -食塩やベーキングパウダーに使用
  7. 「同時多発研究」再び!ラジカル反応を用いたタンパク質の翻訳後修飾

注目情報

最新記事

アルカロイド骨格を活用した円偏光発光性8の字型分子の開発 ~天然物化学と光材料化学の融合~

第599回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 化学専攻 天然物化学研究室(大栗…

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

PAGE TOP