[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

2010年人気記事ランキング

[スポンサーリンク]

2010年も残すところあと3日。皆さんいかがお過ごしでしょうか。今年はこの化学者のつぶやきにおいて、この記事もカウントして今日まで今年総数153の記事を提供することができました。新たに10名ほどの新規スタッフが参入し、バラエティの富んだ化学記事を提供できたと思います。

さて、今回、昨年も行いました化学者のつぶやき人気記事ランキング【参照:2009年人気記事ランキング】をご好評につき、今年も行いたいと思います。

rank1.png
最強の文献管理ソフトはこれだ! 【33,000アクセス, 24Votes, 867users, 253retweet】

文献管理の方法と有料、無料ソフトウェアについてお話ししました。この周辺の技術は日進月歩であり既にいくつか変わっている状況がありますのでまた来年記事を書きたいと思います。また、理系のソフトウェアやウェブサイトに関する書籍の出版を予定しています。なかなか忙しくて手が進みませんが、来年夏ごろまでにはなんとか。

rank2.png

【速報】2010年ノーベル化学賞決定!『クロスカップリング反応』に!!【18632アクセス, 26votes、64users, 143retweet】

やはり今年の化学の話題はこの話題につきますね。2010年のノーベル賞関連記事は総合して3000?6000ほどのアクセスをいただいているので、このランキングからははずします。見逃した方、是非ご覧を!

ノーベル賞関連記事(ノーベル賞対象外)
2010年ノーベル化学賞ーお祭り編 【6580アクセス】

ハーバート・ブラウン―クロスカップリングを導いた師とその偉業【2992アクセス】
試薬会社にみるノーベル化学賞2010【3525アクセス】
【書籍】クロスカップリング反応 基礎と産業応用【2549アクセス】
クロスカップリングの研究年表【2749アクセス】
なぜクロスカップリングは日本で発展したのか?【4702アクセス】
クロスカップリング反応にかけた夢:化学者たちの発見物語【4711アクセス】
クロスカップリングはどうやって進行しているのか?【4650アクセス】
ノーベル化学賞を担った若き開拓者達【6047アクセス】
2010年ノーベル化学賞予想―トムソン・ロイター版【5182アクセス】
2010年ノーベル化学賞予想―海外版【5387アクセス】

rank3.png

Ph.D.化学者が今年のセンター試験(化学)を解いてみた【11676アクセス, 35vote, 156users, 88retweet】

受験生の関門であるセンター試験を博士取得者が解いてみた体験談です。意外に難しかったり(苦笑)。受験問題恐ろしいですね?。

rank4.png
化学英語論文/レポート執筆に役立つPCツール・決定版【9426アクセス, 12vote, 102users, 49retweets】

皆さんやはり英語はなかなか苦労するようで。そんなあなたに論文を書く際のお助けネットツールを紹介しました。

芳香族フッ素化合物の新規汎用合成法【6321アクセス, 17votes, 11users, 13retweets】

一般ウケしない学術的な内容で唯一のランク入り。海外で活躍している若手の講演は皆興味があったようですね。

rank6.png
人前ではとても呼べない名前の化合物【5686アクセス, 23votes, 7users, 20retweets】

化合物の名前は時に面白いネタを提供してくれます。まだまだたくさんありますが、ここでは人前では呼びづらい化合物を集めてみました。

rank7.png
明るい未来へ?有機薄膜太陽電池でエネルギー変換効率7.4%?【5649アクセス, 8votes, 10 users, 14retweets】

太陽電池に関する研究はここ最近、多くの資金を投入して研究されていますね。まだまだ効率は悪く実用的なものも少ないですが、後世で歴史に残る研究がここから生まれるかもしれません。

rank8.png
172番元素までの周期表が提案される【5623アクセス, 9vote, 27users, 69retweet】

元素の話題は化学屋、一般人限らず魅了します。元素の発見の歴史はどこまで続いていくのでしょうか。

rank9.png
超一流誌による論文選定は恣意的なのか?【5394アクセス, 15votes, 24users, 16retweet】

少し、懐疑的なお話を述べてみました。超一流、三流に関わらず後々良い研究と呼ばれるもののシーズは意外にその他のマイナー雑誌に隠れているかもしれません。

rank10.png
動画:知られざる元素の驚きの性質【5267アクセス, 8votes, 65users, 28retweet】

動いて見せるということができるのがネットの強みであり、化学の雑誌、書籍では語れないところです。そんな記事も最近非常に増えました。

括弧【】内のデータの見方 (データは2010年12月27日現在の状況です)
〇〇アクセス:こちらでカウントしている各記事のユニークユーザー数です。
〇〇votes: 付けていただいた星のカウント
◯◯users:はてなブックマーク数
〇〇retweet:ツイッターでのリツイート数

以上、2010年の人気記事トップ10を紹介してみました。良い記事と呼ばれるものが人に読まれて楽しい記事であることは間違いありません。しかし、そのような記事ばかりでなく一般的にはちょっと難しいけれども化学の本質をしっかり伝えるような記事も引き続き執筆していきたいと思っています。、本ブログもようやく来年(5月)で丸3年、本体のChem-Stationはなんと11年目に突入します。スタッフ一同これからもがんばりますので来年もよろしくお願いいたします。

読者の皆さんにとって良い年になりますように。

それでは良いお年を!!

人気ランキング記事一覧:ケムステ記事ランキングまとめ

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 生体深部イメージングに有効な近赤外発光分子の開発
  2. 新規抗生物質となるか。Pleuromutilinsの収束的短工程…
  3. TED.comで世界最高の英語プレゼンを学ぶ
  4. Carl Boschの人生 その2
  5. ローカル環境でPDFを作成する(Windows版)
  6. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー基礎的な研究背景編
  7. 歯車クラッチを光と熱で制御する分子マシン
  8. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!PartII…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 理系ライターは研究紹介記事をどうやって書いているか
  2. 演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで
  3. 鍛冶屋はなぜ「鉄を熱いうちに」打つのか?
  4. 元素の和名わかりますか?
  5. 化学者がコンピューター計算を行うべきか?
  6. ビス(トリ-tert-ブチルホスフィン)パラジウム(0):Bis(tri-tert-butylphosphine)palladium(0)
  7. 第47回「目指すは究極の“物質使い”」前田和彦 准教授
  8. 学振申請書を磨き上げる11のポイント [文章編・後編]
  9. π-アリルパラジウム錯体
  10. GRE Chemistry

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2010年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

毎年恒例のマニアックなスケジュール帳:元素手帳2023

hodaです。去年もケムステで紹介されていた元素手帳2022ですが、2023年バージョンも発…

二刀流センサーで細胞を光らせろ!― 合成分子でタンパク質の蛍光を制御する化学遺伝学センサーの開発 ―

第447回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 生体分子化学研究室(キャ…

【12月開催】第4回 マツモトファインケミカル技術セミナー有機金属化合物「オルガチックス」の触媒としての利用-ウレタン化触媒としての利用-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合…

化学ゆるキャラ大集合

企業PRの手段の一つとして、キャラクターを作りホームページやSNSで登場させることがよく行われていま…

最先端バイオエコノミー社会を実現する合成生物学【対面講座】

開講期間2022年12月12日(月)13:00~16:202022年12月13日(火)1…

複雑なモノマー配列を持ったポリエステル系ブロックポリマーをワンステップで合成

第446回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学研究院 応用化学部門 高分子化学研究室(…

河崎 悠也 Yuuya Kawasaki

河崎 悠也 (かわさき ゆうや) は、日本の有機化学者。九州大学先導物質化学研究所 …

研究者1名からでも始められるMIの検討-スモールスタートに取り組む前の3つのステップ-

開催日:2022/12/07  申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の…

吉田 優 Suguru Yoshida

 吉田 優(よしだ すぐる)は、日本の化学者。専門は、有機合成化学、ケミカルバイオロジー。2…

小山 靖人 Yasuhito Koyama

小山 靖人(こやま やすひと)は、日本の有機化学者。富山県立大学工学部医薬品工学…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP