[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

2010年人気記事ランキング

[スポンサーリンク]

2010年も残すところあと3日。皆さんいかがお過ごしでしょうか。今年はこの化学者のつぶやきにおいて、この記事もカウントして今日まで今年総数153の記事を提供することができました。新たに10名ほどの新規スタッフが参入し、バラエティの富んだ化学記事を提供できたと思います。

さて、今回、昨年も行いました化学者のつぶやき人気記事ランキング【参照:2009年人気記事ランキング】をご好評につき、今年も行いたいと思います。

rank1.png
最強の文献管理ソフトはこれだ! 【33,000アクセス, 24Votes, 867users, 253retweet】

文献管理の方法と有料、無料ソフトウェアについてお話ししました。この周辺の技術は日進月歩であり既にいくつか変わっている状況がありますのでまた来年記事を書きたいと思います。また、理系のソフトウェアやウェブサイトに関する書籍の出版を予定しています。なかなか忙しくて手が進みませんが、来年夏ごろまでにはなんとか。

rank2.png

【速報】2010年ノーベル化学賞決定!『クロスカップリング反応』に!!【18632アクセス, 26votes、64users, 143retweet】

やはり今年の化学の話題はこの話題につきますね。2010年のノーベル賞関連記事は総合して3000?6000ほどのアクセスをいただいているので、このランキングからははずします。見逃した方、是非ご覧を!

ノーベル賞関連記事(ノーベル賞対象外)
2010年ノーベル化学賞ーお祭り編 【6580アクセス】

ハーバート・ブラウン―クロスカップリングを導いた師とその偉業【2992アクセス】
試薬会社にみるノーベル化学賞2010【3525アクセス】
【書籍】クロスカップリング反応 基礎と産業応用【2549アクセス】
クロスカップリングの研究年表【2749アクセス】
なぜクロスカップリングは日本で発展したのか?【4702アクセス】
クロスカップリング反応にかけた夢:化学者たちの発見物語【4711アクセス】
クロスカップリングはどうやって進行しているのか?【4650アクセス】
ノーベル化学賞を担った若き開拓者達【6047アクセス】
2010年ノーベル化学賞予想―トムソン・ロイター版【5182アクセス】
2010年ノーベル化学賞予想―海外版【5387アクセス】

rank3.png

Ph.D.化学者が今年のセンター試験(化学)を解いてみた【11676アクセス, 35vote, 156users, 88retweet】

受験生の関門であるセンター試験を博士取得者が解いてみた体験談です。意外に難しかったり(苦笑)。受験問題恐ろしいですね?。

rank4.png
化学英語論文/レポート執筆に役立つPCツール・決定版【9426アクセス, 12vote, 102users, 49retweets】

皆さんやはり英語はなかなか苦労するようで。そんなあなたに論文を書く際のお助けネットツールを紹介しました。

芳香族フッ素化合物の新規汎用合成法【6321アクセス, 17votes, 11users, 13retweets】

一般ウケしない学術的な内容で唯一のランク入り。海外で活躍している若手の講演は皆興味があったようですね。

rank6.png
人前ではとても呼べない名前の化合物【5686アクセス, 23votes, 7users, 20retweets】

化合物の名前は時に面白いネタを提供してくれます。まだまだたくさんありますが、ここでは人前では呼びづらい化合物を集めてみました。

rank7.png
明るい未来へ?有機薄膜太陽電池でエネルギー変換効率7.4%?【5649アクセス, 8votes, 10 users, 14retweets】

太陽電池に関する研究はここ最近、多くの資金を投入して研究されていますね。まだまだ効率は悪く実用的なものも少ないですが、後世で歴史に残る研究がここから生まれるかもしれません。

rank8.png
172番元素までの周期表が提案される【5623アクセス, 9vote, 27users, 69retweet】

元素の話題は化学屋、一般人限らず魅了します。元素の発見の歴史はどこまで続いていくのでしょうか。

rank9.png
超一流誌による論文選定は恣意的なのか?【5394アクセス, 15votes, 24users, 16retweet】

少し、懐疑的なお話を述べてみました。超一流、三流に関わらず後々良い研究と呼ばれるもののシーズは意外にその他のマイナー雑誌に隠れているかもしれません。

rank10.png
動画:知られざる元素の驚きの性質【5267アクセス, 8votes, 65users, 28retweet】

動いて見せるということができるのがネットの強みであり、化学の雑誌、書籍では語れないところです。そんな記事も最近非常に増えました。

括弧【】内のデータの見方 (データは2010年12月27日現在の状況です)
〇〇アクセス:こちらでカウントしている各記事のユニークユーザー数です。
〇〇votes: 付けていただいた星のカウント
◯◯users:はてなブックマーク数
〇〇retweet:ツイッターでのリツイート数

以上、2010年の人気記事トップ10を紹介してみました。良い記事と呼ばれるものが人に読まれて楽しい記事であることは間違いありません。しかし、そのような記事ばかりでなく一般的にはちょっと難しいけれども化学の本質をしっかり伝えるような記事も引き続き執筆していきたいと思っています。、本ブログもようやく来年(5月)で丸3年、本体のChem-Stationはなんと11年目に突入します。スタッフ一同これからもがんばりますので来年もよろしくお願いいたします。

読者の皆さんにとって良い年になりますように。

それでは良いお年を!!

人気ランキング記事一覧:ケムステ記事ランキングまとめ

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. サイエンスアゴラの魅力-食用昆虫科学研究会・「蟲ソムリエ」中の人…
  2. 研究者・技術系ベンチャー向けアクセラレーションプログラムR…
  3. tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション
  4. ヘテロ原子を組み込んだ歪シクロアルキン簡便合成法の開発
  5. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part 3】
  6. ケムステイブニングミキサー2018へ参加しよう!
  7. ヒト胚研究、ついに未知領域へ
  8. 「超分子ポリマーを精密につくる」ヴュルツブルク大学・Würthn…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (1)
  2. ヒンスバーグ チオフェン合成 Hinsberg Thiophene Synthesis
  3. スケールアップのポイント・考え方とトラブル回避【終了】
  4. 「有機合成と生化学を組み合わせた統合的研究」スイス連邦工科大学チューリヒ校・Bode研より
  5. 同仁化学研、ビオチン標識用キットを発売
  6. セミナー「マイクロ波化学プロセスでイノベーションを起こす」
  7. English for Presentations at International Conferences
  8. Mukaiyama Award―受賞者一覧
  9. 就職活動2014スタートー就活を楽しむ方法
  10. 独メルク、電子工業用薬品事業をBASFに売却

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

第268回のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系(大宮研究室)の佐藤 由季也(さと…

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します

5年前、ケムステ15周年の際に新たな試みとしてはじめたコンテンツ「スポットライトリサーチ」。…

第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授

第110回の海外化学者インタビューは、ジョナサン・クレイデン教授です。マンチェスター大学化学科(訳注…

化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができるぞ編

化学分野でのAIを使った研究が多数報告されていてデータ解析は流行のトピックとなっていますが、専門外か…

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP