[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

ロビンソン・ガブリエルオキサゾール合成 Robinson-Gabriel Oxazole Synthesis

[スポンサーリンク]

 

概要

α-アシルアミノケトンから脱水を経てオキサゾールを合成する手法。P2S5共存下に加熱するとチアゾールが得られる。アンモニア(or一級アミン)+PCl3共存下に加熱するとイミダゾールが得られる。

 

基本文献

  • Robinson, R. J. Chem. Soc. 1909, 95, 2167.
  • Gabriel, S. Ber. 1910, 43, 134, 1283.
  • Wiley, R. H. Org. React. 1951, 6, 376.
  • Erlenmeyer, H. et al. Helv. Chim. Acta 195033, 1271.

 

反応機構

r_g_oxazole_2.gif

反応例

ジアゾンアミドの合成
r_g_oxazole_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連書籍

 

関連反応

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ウィッティヒ転位 Wittig Rearrangement
  2. サクセナ・エヴァンス還元 Saksena-Evans Reduc…
  3. フェリエ転位 Ferrier Rearrangement
  4. 芳香族化合物のスルホン化 Sulfonylation of Ar…
  5. ケック ラジカルアリル化反応 Keck Radicallic A…
  6. スルホキシド/セレノキシドのsyn-β脱離 Syn-β-elim…
  7. ベロウソフ・ジャボチンスキー反応 Belousov-Zhabot…
  8. マンダー試薬 Mander’s Reagent

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ちっちゃい異性を好む不思議な生物の愛を仲立ちするフェロモン
  2. 病理学的知見にもとづく化学物質の有害性評価
  3. 水中マクロラクタム化を加速する水溶性キャビタンド
  4. ジアゾメタン原料
  5. ノーベル受賞者、東北大が米から招請
  6. 高電気伝導性を有する有機金属ポリイン単分子ワイヤーの開発
  7. ゴードン会議に参加して:ボストン周辺滞在記 Part II
  8. ノーベル化学賞 Nobel Prize in Chemistry
  9. ヨアヒム・ザウアー Joachim Sauer
  10. 抗生物質の誘導体が神経難病に有効 名大グループ確認

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ジャーナル編集ポリシーデータベース「Transpose」

およそ3000誌のジャーナル編集ポリシーをまとめたデータベース「Transpose」が、この6月に公…

有機合成化学協会誌2019年9月号:炭素–水素結合ケイ素化・脱フッ素ホウ素化・Chemically engineered extracts・クロロアルケン・ニトレン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年9月号がオンライン公開されました。ま…

塗る、刷る、printable!進化するナノインクと先端デバイス技術~無機材料と印刷技術で変わる工業プロセス~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年10月18日(金) 10:30~16:50受講料…

5歳児の唾液でイグ・ノーベル化学賞=日本人、13年連続

人を笑わせ、考えさせる独創的な研究を表彰する「イグ・ノーベル賞」の授賞式が米東部マサチューセッツ州の…

アジサイの青色色素錯体をガク片の中に直接検出!

第219回のスポットライトリサーチは、名古屋大学 大学院情報科学研究科(吉田研究室)・伊藤 誉明さん…

高純度フッ化水素酸のあれこれまとめ その2

Tshozoです。前回のつづき。これまではフッ化水素の背景と合成について主に述べましたが、後半は用途…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP