[スポンサーリンク]


アルデヒド

  1. ビナミジニウム塩 Vinamidinium Salt

    概要ビナミジニウム塩(Vinamidinium Salt)は、カルボン酸をヴィルスマイヤー・ハック反応条件に附すことで得られる3炭素ユニットである。ビニロガスアミジニウム(vinylogous amidinium)を略してこう呼ばれる。…

  2. オキシム/ヒドラゾンライゲーション Oxime/Hydrazone Ligation

    概要ケトン・アルデヒドは生体分子にまれにしか存在しないため、位置選択的な生体共役反応の標的として…

  3. アルデヒドを分液操作で取り除く!

    アルデヒドは入手しやすく安定であり、高い反応性を持つため炭素-炭素結合形成に使いやすい、などの特性を…

  4. スナップ試薬 SnAP Reagent

    概要SnAP(Sn(tin) Amine Protocol)試薬は、カルボニル化合物と混合し酸化…

  5. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation

    概要プロパルギルメシラートを還元的にアルデヒドとカップリングさせ、炭素-炭素結合を作る反応条件。…

  6. ニトロキシルラジカル酸化触媒 Nitroxylradical Oxidation Catalyst

  7. ジュリア・コシエンスキー オレフィン合成 Julia-Kocienski Olefination

  8. ロゼムンド・リンドセー ポルフィリン合成 Rothemund-Lindsey Porphyrin Synthesis

  9. 求核的フルオロアルキル化 Nucleophilic Fluoroalkylation

  10. ジンケ アルデヒド Zincke Aldehyde

  11. ファン・ロイゼン試薬 van Leusen Reagent (TosMIC)

  12. Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン(

  13. Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン

  14. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman Oxidation

  15. 1,3-ジチアン 1,3-Dithiane

  16. ハリース オゾン分解 Harries Ozonolysis

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ノーベル賞いろいろ
  2. アルゴン (argon; Ar)
  3. 100年以上未解明だった「芳香族ラジカルカチオン」の構造を解明!
  4. アルコール依存症患者の救世主現る?
  5. 国際化学オリンピック2022日本代表決定/化学グランプリ2022応募始まる
  6. NeoCube 「ネオキューブ」
  7. 第38回「材料の励起状態制御に挑む」嘉部量太 准教授

注目情報

最新記事

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

PAGE TOP