[スポンサーリンク]


アルデヒド

  1. オキシム/ヒドラゾンライゲーション Oxime/Hydrazone Ligation

    概要ケトン・アルデヒドは生体分子にまれにしか存在しないため、位置選択的な生体共役反応の標的として有用である。しかしながらイミン形成でのライゲーションを行おうとしても、イミンの熱力学的安定性の乏しさ、反応の可逆性、酸性脱水縮合条件…

  2. アルデヒドを分液操作で取り除く!

    アルデヒドは入手しやすく安定であり、高い反応性を持つため炭素-炭素結合形成に使いやすい、などの特性を…

  3. スナップ試薬 SnAP Reagent

    概要SnAP(Sn(tin) Amine Protocol)試薬は、カルボニル化合物と混合し酸化…

  4. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargylation

    概要プロパルギルメシラートを還元的にアルデヒドとカップリングさせ、炭素-炭素結合を作る反応条件。…

  5. ニトロキシルラジカル酸化触媒 Nitroxylradical Oxidation Catalyst

    概要アルキル置換型ヒドロキシルアミンは空気下に容易に酸化を受ける。このときアミンα位炭素にプロト…

  6. ジュリア・コシエンスキー オレフィン合成 Julia-Kocienski Olefination

  7. ロゼムンド・リンドセー ポルフィリン合成 Rothemund-Lindsey Porphyrin Synthesis

  8. 求核的フルオロアルキル化 Nucleophilic Fluoroalkylation

  9. ジンケ アルデヒド Zincke Aldehyde

  10. ファン・ロイゼン試薬 van Leusen Reagent (TosMIC)

  11. Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン(

  12. Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン

  13. アルブライト・ゴールドマン酸化 Albright-Goldman Oxidation

  14. 1,3-ジチアン 1,3-Dithiane

  15. ハリース オゾン分解 Harries Ozonolysis

  16. 活性二酸化マンガン Activated Manganese Dioxide (MnO2)

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 塩化ラジウム223
  2. 始まるPCB処理 利便性追求、重い代償
  3. テッド・ベグリーTadhg P. Begley
  4. 研究のための取引用語
  5. 化学でもフェルミ推定
  6. クリック反応の反応機構が覆される
  7. デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

注目情報

最新記事

ロピニロールのメディシナルケミストリー -iPS創薬でALS治療に光明-

神経難病における iPS 細胞創薬に基づいた医師主導治験を完了 -筋萎縮性側索硬化症(A…

令和4年度(2022年度)リンダウ・ノーベル賞受賞者会議派遣事業募集開始のお知らせ

リンダウ・ノーベル賞受賞者会議への参加者を募集しています。本会議は、世界各地の若手研究者の育…

【ケムステSlackに訊いてみた⑤】再現性が取れなくなった!どうしてる?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&Aの紹介…

但馬 敬介 Keisuke TAJIMA

但馬 敬介(TAJIMA Keisuke, 1974年7月23日 – )は、日本の高分子化学者である…

Carl Boschの人生 その10

Tshozoです。このシリーズも10回を迎えましたが筆者の人生は進んでいません。先日気づいた…

PAGE TOP