[スポンサーリンク]

archives

Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン

【Aldrich 】
Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン((Aldrichオンラインカタログ, PDFファイル)
 
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 日本の海底鉱物資源の開発状況と課題、事業展望【終了】
  2. カルボニルトリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I)ヒドリド…
  3. リチウムイオン電池の正極・負極≪活物質技術≫徹底解説セミナー
  4. テトラブチルアンモニウムビフルオリド:Tetrabutylamm…
  5. ビス(トリシクロヘキシルホスフィン)ニッケル(II)ジクロリド …
  6. 新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬
  7. 1,4-ジ(2-チエニル)-1,4-ブタンジオン:1,4-Di(…
  8. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Palladium(II…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 森謙治 Kenji Mori
  2. 信越化学1四半期決算…自動車や電気向け好調で増収増益
  3. 高難度分子変換、光学活性α-アミノカルボニル化合物の直接合成法
  4. 化学クラスタ発・地震被害報告まとめ
  5. 【書籍】10分間ミステリー
  6. 捏造のロジック 文部科学省研究公正局・二神冴希
  7. 有機アジド(1):歴史と基本的な性質
  8. Practical Functional Group Synthesis
  9. バイヤー・ビリガー酸化 Baeyer-Villiger Oxidation
  10. 黒よりも黒い? 「最も暗い」物質 米大学チーム作製

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

博士後期で学費を企業が肩代わり、北陸先端大が国内初の制度

 北陸先端科学技術大学院大学は、産業界と連携した博士人材の育成制度を2019年度から開始する。企業が…

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

PAGE TOP