[スポンサーリンク]

archives

Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン

【Aldrich 】
Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン((Aldrichオンラインカタログ, PDFファイル)
 
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ペンタフルオロスルファニル化合物
  2. REACH/RoHS関連法案の最新動向【終了】
  3. 角田試薬
  4. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル…
  5. サーバーを移転しました
  6. 4-ベンゾイル安息香酸N-スクシンイミジル : N-Succin…
  7. ボロントリフルオリド – エチルエーテル コンプレッ…
  8. トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 植村酸化 Uemura Oxidation
  2. バールエンガ試薬 Barluenga’s Reagent
  3. 中学入試における化学を調べてみた 2013
  4. カルボン酸だけを触媒的にエノラート化する
  5. Happy Mole Day to You !!
  6. 井上 佳久 Yoshihisa Inoue
  7. 捏造のロジック 文部科学省研究公正局・二神冴希
  8. ダン・シェヒトマン博士の講演を聞いてきました。
  9. 多様なペプチド化合物群を簡便につくるー創薬研究の新技術ー
  10. 高脂血症薬がウイルス抑制/C型肝炎で厚労省研究班

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP