[スポンサーリンク]

archives

Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン

[スポンサーリンク]

【Aldrich 】
Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボン酸・アミン((Aldrichオンラインカタログ, PDFファイル)
 
 

関連記事

  1. 統合失調症治療の新しいターゲット分子候補−HDAC2
  2. マイクロ波を用いた革新的製造プロセスと環境/化学領域への事業展開…
  3. π-アリルパラジウム錯体
  4. 角田試薬
  5. 位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化
  6. N,N,N’,N’-テトラメチルエチレン…
  7. 集光型太陽光発電システムの市場動向・技術動向【終了】
  8. グラファイト、グラフェン、ナノグラフェンの構造と電子・磁気機能【…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ノリッシュ・ヤン反応 Norrish-Yang Reaction
  2. ヴィ·ドン Vy M. Dong
  3. 第27回 国際複素環化学会議 (27th ISHC)
  4. 化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始
  5. 【22卒就活スタートイベント】Chemical Live(ケミカルライブ)10/31(土)・11/1(日) YouTubeライブ配信!
  6. 「銅触媒を用いた不斉ヒドロアミノ化反応の開発」-MIT Buchwald研より
  7. デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz
  8. 【書籍】「メタノールエコノミー」~CO2をエネルギーに変える逆転の発想~
  9. グライコシンターゼ (Endo-M-N175Q) : Glycosynthase (Endo-M-N175Q)
  10. ご注文は海外大学院ですか?〜準備編〜

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

第131回―「Nature出版社のテクニカルエディターとして」Laura Croft博士

第131回の海外化学者インタビューはローラ・クロフト博士です。Nature Chemistry誌とN…

【書籍】機器分析ハンドブック2 高分子・分離分析編

2020/10/20に刊行されたばかりのホットな書籍をご紹介します。概要はじめて機器…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(1)

PhD留学について、受験や大学院生活についての情報は豊富に手に入るようになってきていますが、卒業後の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP