[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ライアン・シェンビ Ryan A. Shenvi

ライアン・A・シェンビ(Ryan A. Shenvi, 19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学者である。米国スクリプス研究所准教授。

 

経歴

2003 ペンシルベニア州立大学 学士号取得 (R. L. Funk教授)

2008 スクリプス研究所 博士号取得 (P. S. Baran教授)

2008–2010 ハーバード大学 博士研究員 (E. J. Corey教授)

2010–  スクリプス研究所 助教授

2014– スクリプス研究所 准教授

 

 

受賞歴

2005–2008  NDSEG Predoctoral Fellow, TSRI

2007 Lesly Starr Shelton Award for Excellence in Chemistry Graduate Studies

2007 Roche Excellence in Chemistry Award

2008–2010 NIH Ruth L. Kirschstein Fellow, Harvard University

2011 Eli Lilly New Faculty Award

2012 Boehringer Ingelheim New Investigator Award

2013 Amgen Young Investigator Award

2013 Baxter Foundation Young Investigator Award

2014 Alfred P. Sloan Research Fellow

2014 NSF CAREER Award

2014 BMS Unrestricted Grant in Synthetic Organic Chemistry Award

2014 Novartis Early Career Award

2015 Eli Lilly Grantee Award

 

研究業績

学士をR. L. Funk教授のもとで、博士をP. S. Baran教授のもとで取得。博士研究員をE . J. Corey教授のもとで勤めた後、スクリプス研究所で助教授となる。2014年にテニュアを取得、准教授となり現在に至る。

テルペンやアルカロイドなどの天然物合成、およびそれらの合成を指向した反応開発を中心に研究を行っている。例えば、2012年にはfunebreneやcumacreneといった歪んだテルペンを合成する画期的な手法を報告しているほか[1]、2013年には(–)-neothiobinupharidineの全合成を行っている[2]。また同年、立体反転によって第三級アルコールを第三級アミンに変換する手法をNature誌に報告し、大きな注目を集めた[3]。最近では、自身で開発した手法により合成した分子の生物活性を評価するなど[4]、ケミカルバイオロジー分野へと研究の幅を広げている。

 

スクリーンショット 2015-04-29 12.19.07

ちなみに、Baran研在学時の有名な仕事に(+)-cortistatin Aの全合成[5]と(±)-chartelline C[6]の全合成がある。

スクリーンショット 2015-04-29 12.17.46

名言集

 

コメント&その他

 

関連動画

 

 

関連文献

  1. Pronin, S. V.; Shenvi R. A. Nat. Chem. 2012, 4, 915. DOI: 10.1038/nchem.1458
  2. Jansen, D. J.; Shenvi, R. A. J. Am. Chem. Soc. 2013135, 1209. DOI: 10.1021/ja310778t
  3. Pronin, S. V.; Reiher, C. A.; Shenvi R. A. Nature 2013, 501, 195. DOI: 10.1038/nature12472
  4. Wan, K. K.; Iwasaki, K.; Umotoy, J. C.; Wolan, Q. W.; Shenvi, R. A. Angew. Chem., Int. Ed. 2015, 54, 2410. DOI: 10.1002/anie.201411493
  5. Shenvi, R. A.; Guerrero, C. A.; Shi, J.; Li, C. -C.; Baran, P. S. J. Am. Chem. Soc. 2008, 130, 7241. DOI: 10.1021/ja8023466
  6. Shenvi, R. A.; Baran, P. S. J. Am. Chem. Soc. 2006128, 14028. DOI: 10.1021/ja0659673

 

関連書籍

 

 

関連リンク

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. グレッグ・フー Gregory C. Fu
  2. マーティン・カープラス Martin Karplus
  3. 高知和夫 J. K. Kochi
  4. 鄧 青雲 Ching W. Tang
  5. 劉 龍 Ryong Ryoo
  6. 文化勲章・受章化学者一覧
  7. 根岸 英一 Eiichi Negishi
  8. 飯島澄男 Sumio Iijima

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 富士写、化学材料を事業化
  2. 存命化学者達のハーシュ指数ランキングが発表
  3. 化学と株価
  4. クロスカップリング反応関連書籍
  5. (-)-MTPA-Cl
  6. 標準物質ーChemical Times特集より
  7. 衣笠反応 Kinugasa Reaction
  8. 第23回「化学結合の自在切断 ・自在構築を夢見て」侯 召民 教授
  9. 富山化学 新規メカニズムの抗インフルエンザ薬を承認申請
  10. カルボニル基の保護 Protection of Carbonyl Group

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

高機能な導電性ポリマーの精密合成法の開発

そろそろ100回目が近づいてきました。第97回のスポットライトリサーチ。今回は首都大学東京 理工学研…

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP