[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ライアン・シェンビ Ryan A. Shenvi

ライアン・A・シェンビ(Ryan A. Shenvi, 19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学者である。米国スクリプス研究所准教授。

 

経歴

2003 ペンシルベニア州立大学 学士号取得 (R. L. Funk教授)

2008 スクリプス研究所 博士号取得 (P. S. Baran教授)

2008–2010 ハーバード大学 博士研究員 (E. J. Corey教授)

2010–  スクリプス研究所 助教授

2014– スクリプス研究所 准教授

 

 

受賞歴

2005–2008  NDSEG Predoctoral Fellow, TSRI

2007 Lesly Starr Shelton Award for Excellence in Chemistry Graduate Studies

2007 Roche Excellence in Chemistry Award

2008–2010 NIH Ruth L. Kirschstein Fellow, Harvard University

2011 Eli Lilly New Faculty Award

2012 Boehringer Ingelheim New Investigator Award

2013 Amgen Young Investigator Award

2013 Baxter Foundation Young Investigator Award

2014 Alfred P. Sloan Research Fellow

2014 NSF CAREER Award

2014 BMS Unrestricted Grant in Synthetic Organic Chemistry Award

2014 Novartis Early Career Award

2015 Eli Lilly Grantee Award

 

研究業績

学士をR. L. Funk教授のもとで、博士をP. S. Baran教授のもとで取得。博士研究員をE . J. Corey教授のもとで勤めた後、スクリプス研究所で助教授となる。2014年にテニュアを取得、准教授となり現在に至る。

テルペンやアルカロイドなどの天然物合成、およびそれらの合成を指向した反応開発を中心に研究を行っている。例えば、2012年にはfunebreneやcumacreneといった歪んだテルペンを合成する画期的な手法を報告しているほか[1]、2013年には(–)-neothiobinupharidineの全合成を行っている[2]。また同年、立体反転によって第三級アルコールを第三級アミンに変換する手法をNature誌に報告し、大きな注目を集めた[3]。最近では、自身で開発した手法により合成した分子の生物活性を評価するなど[4]、ケミカルバイオロジー分野へと研究の幅を広げている。

 

スクリーンショット 2015-04-29 12.19.07

ちなみに、Baran研在学時の有名な仕事に(+)-cortistatin Aの全合成[5]と(±)-chartelline C[6]の全合成がある。

スクリーンショット 2015-04-29 12.17.46

名言集

 

コメント&その他

 

関連動画

 

 

関連文献

  1. Pronin, S. V.; Shenvi R. A. Nat. Chem. 2012, 4, 915. DOI: 10.1038/nchem.1458
  2. Jansen, D. J.; Shenvi, R. A. J. Am. Chem. Soc. 2013135, 1209. DOI: 10.1021/ja310778t
  3. Pronin, S. V.; Reiher, C. A.; Shenvi R. A. Nature 2013, 501, 195. DOI: 10.1038/nature12472
  4. Wan, K. K.; Iwasaki, K.; Umotoy, J. C.; Wolan, Q. W.; Shenvi, R. A. Angew. Chem., Int. Ed. 2015, 54, 2410. DOI: 10.1002/anie.201411493
  5. Shenvi, R. A.; Guerrero, C. A.; Shi, J.; Li, C. -C.; Baran, P. S. J. Am. Chem. Soc. 2008, 130, 7241. DOI: 10.1021/ja8023466
  6. Shenvi, R. A.; Baran, P. S. J. Am. Chem. Soc. 2006128, 14028. DOI: 10.1021/ja0659673

 

関連書籍

 

 

関連リンク

The following two tabs change content below.
めぐ

めぐ

博士(理学)。現在、アメリカにてポスドクとして修行中。分子の世界に思いを馳せる日々。

関連記事

  1. 山本明夫 Akio Yamamoto
  2. 岡本佳男 Yoshio Okamoto
  3. 日本学士院賞・受賞化学者一覧
  4. ロジャー・コーンバーグ Roger Kornberg
  5. デイヴィット・ベイカー David Baker
  6. ロバート・バーグマン Robert G. Bergman
  7. ブルース・ギブ Bruce C. Gibb
  8. M.G.フィン M.G.Finn

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. エーザイ、抗体医薬の米社を390億円で買収完了
  2. 市販の新解熱鎮痛薬「ロキソニン」って?
  3. 第三回 ナノレベルのものづくり研究 – James Tour教授
  4. ひらめききらめく:/1 「創」のとき、夢の鼓動 /北海道
  5. 脱水素型クロスカップリング Cross Dehydrogenative Coupling (CDC)
  6. 豊丘出身、元島さんCMC開発
  7. カンファー(camphor)
  8. 米ファイザーの第2・四半期は特別利益で純利益が増加、売上高は+1%
  9. MSI.TOKYO「MULTUM-FAB」:TLC感覚でFAB-MS測定を!(1)
  10. タングステン酸光触媒 Tungstate Photocatalyst

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

A値(A value)

A値(A value)とは1955年にWinsteinとHolnessにより報告された一置換シクロヘ…

NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より

NMR溶媒の論文といったら、あの論文しかありません。そう、各種溶媒の各種重溶媒中での NMR データ…

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP