[スポンサーリンク]

ナノ化学

チャド・マーキン Chad A. Mirkin

チャド・A・マーキン (Chad A. Mirkin、1963年11月23日-)は、アメリカの化学者である(写真:voanews.com)。米国ノースウェスタン大学教授。

経歴

1986 ディッキンソン大学 学士号取得
1989 ペンシルバニア大学 博士号取得
1989 マサチューセッツ工科大学 博士研究員
1991 ノースウェスタン大学 助教授
1995 ノースウェスタン大学 准教授
1997 ノースウェスタン大学 教授

 

受賞歴

1999 ACS Award in Pure Chemistry
2001 Leo Hendrik Baekeland Award
2002 Feynman Prize
2003 Collegiate Inventors Award, National Inventors Hall of Fame
2003 Raymond and Beverly Sackler Prize
2004 NIH Director’s Pioneer Award
2004 Collegiate Inventors Award, National Inventors Hall of Fame
2004 Pennsylvania State University Outstanding Science Alumni Award
2004 Dickinson College Honorary Degree
2004 ACS Nobel Laureate Signature Award
2007 Elected Alumni Fellow, Penn State University

 

研究

自己組織化法を基盤とするナノ構造体および機能性材料の創製

ディップペンナノリソグラフィーの開発

 

コメント&その他

トムソンISI社2007年度の調査によれば、化学分野における論文引用数世界第7位となっています。

 

関連動画

Northwestern大学によるナノテクノロジー部門広報動画・Mirkin教授も出演

関連文献

 

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ウルフ賞化学部門―受賞者一覧
  2. 木曽 良明 Yoshiaki Kiso
  3. ウォルター・コーン Walter Kohn
  4. ジョン・スティル John K. Stille
  5. ブライアン・ストルツ Brian M. Stoltz
  6. トーマス・ズートホーフ Thomas Sudhof
  7. 山口健太郎 Kentaro Yamaguchi
  8. ロジャー・チェン Roger Y. Tsien

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 摩訶不思議なルイス酸・トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン
  2. 元素周期 萌えて覚える化学の基本
  3. 結晶構造と色の変化、有機光デバイス開発の強力ツール
  4. 硤合不斉自己触媒反応 Soai Asymmetric Autocatalysis
  5. シャンカー・バラスブラマニアン Shanker Balasubramanian
  6. 製薬各社 2010年度 第3四半期決算を発表
  7. グラーメ・モード Graeme Moad
  8. 有機化合物で情報を記録する未来は来るか
  9. シュワルツ試薬 Schwartz’s Reagent
  10. Google Scholarにプロフィールを登録しよう!

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応

第116回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院工学研究科 材料化学専攻 有機材料化学講座(中尾…

バイエルスドルフという会社 ~NIVEA、8×4の生みの親~

Tshozoです。女装とかそういう趣味は無いのですが嫁さん(実在)に付き合って化粧品コーナを回ること…

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP