archives

スケールアップ実験スピードアップ化と経済性計算【終了】

講師        : 純正化学(株) 顧問 橋場 功 氏
日時        : 2010年2月24日(水) 10:30?16:30
会場        : 東京・品川区大井町 きゅりあん 4F 研修室
≪会場地図はこちら≫
受講料     :
(税込) 47,250円 
 ⇒E-mail案内登録会員 44,800円
  ※資料・昼食付
上記価格より:<2名で参加の場合1名につき7,350円割引><3名で参加の場合1名につき10,500円割引>(同一法人に限ります)

申し込みはこちらをクリック!
講演内容  : <趣旨>
 製造研究における経済性の計算、研究テーマの開発スケジュール・研究テーマの目標設定・研究スピードアップの重要性・生産性などを交え、スケールアップ検討がラボだけでできることを実際例で示して説明する。金勘定ができないと研究者とも、研究管理者とも言えない。トラブルは高くつく。無知と下手は金の無駄。
<主な対象>
スケールアップに困っている方
製造研究をどうしたら良いか分からない研究者、管理者
製造研究レベルを上げたい方
1.スケールアップトラブルのメカニズム
 ○トラブル実際例数点で説明する
2.ラボだけでできるスケールアップ検討
3.経済性計算の価値
4.実際のプラントの説明(経済性の補足)
5.晶析検討(固体扱いは1番スケールアップトラブルが多い)
6.パイロット実験の意義
 ○研究にもパイロットにも莫大な金額がかかる。研究が1番大切、上手く早く。
7.研究のスピードアップ
 7.1 技術レベルのアップ
 7.2 開発時間の短縮
 7.3 研究者としてのレベルアップ
 7.4 具体的実験方法
8.管理者の仕事
 8.1 研究者のモチベーションの創成
 8.2 技術的指導
 8.3 研究費の捻出
 8.4 スケジュール管理
 8.5 その他たくさん、責任は大きい
9.企業化とは儲けることなり
10.実験とは思ったことの証明:実験の考え方を変えたいと思っている
ラボで検討したフローシートで製造まで何事もなく進める、それが製造研究。
失敗しながら工場で解決し企業化は製造研究者の恥。
  □質疑応答・名刺交換□
申し込みはこちらをクリック!
Avatar photo

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. HTTPS化とサーバー移転
  2. ニュースタッフ追加
  3. ナノ粒子の安全性、リスク評価と国際標準化の最新動向【終了】
  4. オルトチタン酸テトライソプロピル:Tetraisopropyl …
  5. 【技術者・事業担当者向け】 マイクロ波がもたらすプロセス効率化と…
  6. 新しい選択的ヨウ素化試薬
  7. エノキサシン:Enoxacin
  8. 【8/25 20:00- 開催!】オンラインイベント「研究者と描…

注目情報

ピックアップ記事

  1. 宮浦・石山ホウ素化反応 Miyaura-Ishiyama Borylation
  2. 受賞者は1000人以上!”21世紀のノーベル賞”
  3. 取り扱いやすく保存可能なオキシム試薬(O-ベンゼンスルホニルアセトヒドロキサム酸エチル)
  4. ベティ反応 Betti Reaction
  5. 究極のナノデバイスへ大きな一歩:分子ワイヤ中の高速電子移動
  6. スマイルス転位 Smiles Rearrangement
  7. サイエンス・コミュニケーションをマスターする
  8. 図に最適なフォントは何か?
  9. サントリー白州蒸溜所
  10. 「天然物ケミカルバイオロジー分子標的と活性制御シンポジウム」に参加してきました

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2010年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

注目情報

最新記事

有機電解合成のはなし ~アンモニア常温常圧合成のキー技術~

(出典:燃料アンモニアサプライチェーンの構築 | NEDO グリーンイノベーション基金)Ts…

光触媒でエステルを多電子還元する

第621回のスポットライトリサーチは、分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域(魚住グループ)にて…

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP