[スポンサーリンク]

archives

ブロモジメチルスルホニウムブロミド:Bromodimethylsulfonium Bromide

[スポンサーリンク]

温和で有用な触媒系を用いたベックマン転位反応

Yadavらは,温和で有用な触媒系を用いたベックマン転位反応を報告しています。それによれば,ブロモジメチルスルホニウムブロミドおよび塩化亜鉛を触媒として用いることにより,種々のケトキシムから対応するアミドやラクタムが高収率で得られます。この方法は安価な触媒を利用し,簡便な操作で目的物が得られることなどから,新しい有用な方法として注目されています。

“Bromodimethylsulfonium Bromide-ZnCl2: A Mild and Efficient Catalytic System for Beckmann Rearrangement”

L. D. S. Yadav, R. Patel, V. P. Srivastava, Synthesis 2010, 1771. DOI: 10.1055/s-0029-1218730

Bromodimethylsulfonium bromide, in combination with zinc chloride, has been shown to be an excellent catalytic system for liquid-phase Beckmann rearrangement of various ketoximes into the corresponding amides/lactams in acetonitrile at reflux temperature with good to excellent yields.

 

 

関連記事

  1. iphone用サイトを作成
  2. マイクロリアクターによる合成技術【終了】
  3. オルトチタン酸テトライソプロピル:Tetraisopropyl …
  4. 高分子/金属・無機界面の相互作用と接着・密着性、耐久性の向上【終…
  5. 塩化インジウム(III):Indium(III) Chlorid…
  6. フタロシアニン鉄(II) : Phthalocyanine Ir…
  7. 位置およびエナンチオ選択的Diels-Alder反応に有効な不斉…
  8. XPhos

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2019年版】
  2. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際【終了】
  3. 小林 修 Shu Kobayashi
  4. インドールの触媒的不斉ヒドロホウ素化反応の開発
  5. 第54回天然有機化合物討論会
  6. トリプトファン選択的なタンパク質修飾反応の開発
  7. ファイトスルフォカイン (phytosulfokine)
  8. 核酸医薬の物語2「アンチセンス核酸とRNA干渉薬」
  9. マーティン・オストライヒ Martin Oestreich
  10. ノーベル化学賞2011候補者一覧まとめ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバルヘルスに貢献する天然物化学の新潮流 ~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年12月10日(火)13:00~17:30(開場 …

微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する

第231回のスポットライトリサーチは、河谷稔さんにお願い致しました。河谷さんが研究を実施され…

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント

基礎研究と製品開発は、目的や役割がそれぞれ異なります。しかし、求人情報の応募要件を見てみると「〇〇の…

二刀流のホスフィン触媒によるアトロプ選択的合成法

不斉付加環化反応による新奇アリールナフトキノン合成法が報告された。2つの機能を有する不斉ホスフィン触…

ヒドロゲルの新たな力学強度・温度応答性制御法

第230回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学府(村岡研究室)・石田敦也さんにお願い致…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP