[スポンサーリンク]

archives

ノーベル化学賞への道公開

遅くなりましたが、新規コンテンツとしてノーベル化学賞への道 というコンテンツを公開しています。ノーベル化学賞についてのお話全般を公開していますのでぜひ訪れてください。2009年度のノーベル化学賞も予想しています。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ケムステの記事を導出しています
  2. マイクロリアクターによる合成技術【終了】
  3. 日本の海底鉱物資源の開発状況と課題、事業展望【終了】
  4. ショウガに含まれる辛味成分
  5. カルボニルトリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I)ヒドリド…
  6. 臭いの少ない1,3-プロパンジチオール等価体
  7. 1,3-ビス(2,4,6-トリメチルフェニル)イミダゾリニウムク…
  8. 2,9-ジブチル-1,10-フェナントロリン:2,9-Dibut…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 米メルク、業績低迷長期化へ
  2. 小児薬、大人用を転用――アステラス、抗真菌剤
  3. 三菱化学の4‐6月期営業利益は前年比+16.1%
  4. ベンゼンの直接アルキル化
  5. アルケンの実用的ペルフルオロアルキル化反応の開発
  6. 有機化学クロスワードパズル
  7. マット・ショアーズ Matthew P. Shores
  8. 化学にインスパイアされたジュエリー
  9. MNBA脱水縮合剤
  10. 新しい太陽電池ーペロブスカイト太陽電池とは

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

新コース開講! 東大発の無料オンライン英語講座!

研究室でのプレゼン、国際学会、海外留学など、国際化する研究環境にいまや英語は欠かせません。Engli…

脱水素型クロスカップリング重合法の開発

第138回目のスポットライトリサーチは、筑波大学 神原・桑原研究室の青木 英晃さん(博士前期課程2年…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP