[スポンサーリンク]

archives

ノーベル化学賞への道公開

遅くなりましたが、新規コンテンツとしてノーベル化学賞への道 というコンテンツを公開しています。ノーベル化学賞についてのお話全般を公開していますのでぜひ訪れてください。2009年度のノーベル化学賞も予想しています。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 若手&高分子を専門としていない人のための『速習 高分子化学 入門…
  2. フルオラス向山試薬 (Fluorous Mukaiyama re…
  3. カルノシン酸 : Carnosic Acid
  4. ケムステの記事を導出しています
  5. スケールアップ実験スピードアップ化と経済性計算【終了】
  6. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル
  7. テトラブチルアンモニウムジフルオロトリフェニルシリカート:Tet…
  8. 有機溶媒系・濃厚分散系のための微粒子分散・凝集評価【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】
  2. サリドマイドの治験、22医療機関で 製薬会社が発表
  3. 第32回生体分子科学討論会 
  4. 【PR】Twitter、はじめました
  5. アルキルラジカルをトリフルオロメチル化する銅錯体
  6. ケー・シー・ニコラウ K. C. Nicolaou
  7. マクファディン・スティーヴンス反応 McFadyen-Stevens Reaction
  8. 第一製薬、仏サノフィに脳梗塞予防薬の営業権を返還
  9. ダン・シェヒトマン Daniel Shechtman
  10. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

IGZO

インジウム (Indium) 、ガリウム (Gallium) 、亜鉛 (Zinc) 、酸素 (Oxy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP