[スポンサーリンク]

archives

tert-ブチルメルカプタン:tert-Butyl Mercaptan

2-アセチルベンゾ[b]チオフェン誘導体の合成

Chemburkarらは,2-アセチルベンゾ[b]チオフェン誘導体の簡便な合成法を報告しています。それによれば,2-クロロベンズアルデヒドをtert-ブチルメルカプタンと反応させて2-(tert-ブチルチオ)ベンズアルデヒドとし,ついでHBrで処理することによりジスルフィドを生成します。これをアセチルアセトンおよびクロロアセトンと反応させることにより,喘息治療薬であるジロートンの鍵中間体となる2-アセチルベンゾ[b]チオフェンが得られます。

“Efficient Method for Synthesis of 2-Acetylbenzo(b)thiophene and Its Derivatives, the Key Synthons for 5-Lipoxygenase Inhibitors”

S. R. Chemburkar, D. G. Anderson, R. E. Reddy, Synthetic Commun. 2010, 40, 1887. DOI: 10.1080/00397910903162775

An efficient method was developed for synthesis of 2-acetylbenzo(b)thiophene (2a), the key intermediate for zileuton (1). Synthesis involves treatment of 2-chlorobenzaldehyde (5a) with tert-butylmercaptan (6) to form 2-(tert-butylthio)benzaldehyde (7a), which upon treatment with HBr in water gave the disulfide derivative 2,2′-disulfanediyldibenzaldehyde (8a) in 97% yield. Finally, the reaction of 8a with acetylacetone (9) and 1-chloroacetone (10) gave 2-acetylbenzo(b)thiophene (2a) in 94% yield. The methodology is general and suitable for the preparation of its derivatives, 2b–d.

関連記事

  1. ビス(ピリジン)ヨードニウムテトラフルオロボラート:Bis(py…
  2. 4-ヨードフェノキシ酢酸:4-Iodophenoxyacetic…
  3. 1,4-ジ(2-チエニル)-1,4-ブタンジオン:1,4-Di(…
  4. 化学分野での特許無効審判における 実験データの戦略的な活用方法【…
  5. カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin b…
  6. Nsアミン誘導体
  7. trans-2-[3-(4-tert-ブチルフェニル)-2-メチ…
  8. カルノシン酸 : Carnosic Acid

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 直径100万分の5ミリ極小カプセル 東大教授ら開発
  2. この窒素、まるでホウ素~ルイス酸性窒素化合物~
  3. 真空ポンプはなぜ壊れる?
  4. 水素化ホウ素亜鉛 Zinc Bodohydride
  5. ペイン転位 Payne Rearrangement
  6. 【第二回】シード/リード化合物の合成
  7. ジュリア・コシエンスキー オレフィン合成 Julia-Kocienski Olefination
  8. 水中で光を当てると水素が湧き出るフィルム
  9. ベリリウム Beryllium -エメラルドの成分、宇宙望遠鏡にも利用
  10. 第21回「有機化学で生命現象を理解し、生体反応を制御する」深瀬 浩一 教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP