[スポンサーリンク]

ケムステニュース

住友化学の9月中間営業益は+20.5%、精密・医薬など好調で

[スポンサーリンク]

住友化学<4005.T>が9日発表した2006年9月中間連結業績は、営業利益が前年比20.5%増の682億円となった。3期連続の過去最高益。石油化学事業は原料ナフサ価格の高騰が響き、情報電子事業では液晶ディスプレー材料の価格低下が利益を圧迫したが、精密化学事業や医薬品事業の好調でカバーした。
 9月中間期の売上高は前年比24.1%増の8546億円。経常利益は5.4%増の759億円。ナフサ高騰を受け石油化学製品を値上げしたことで売り上げは増加したが、原料価格の上昇に見合うだけの価格転嫁は十分に進んでおらず、石油化学事業の営業利益は15.7%減だった(引用:ロイター)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 「肥満症」薬を国内投入、エーザイや武田
  2. 阪大と理研ビタミン、透明な生分解性フィルムを開発
  3. ニセクロハツの強毒原因物質を解明 “謎の毒キノコ&#…
  4. 世界初の「窒化タンタル光触媒」、可視光で水分解
  5. 日本プロセス化学会2005サマーシンポジウム
  6. 帝人、EV向けメンブレンのラインを拡充
  7. H-1B ビザの取得が難しくなる!?
  8. 「2010年トップ3を目指す」万有製薬平手社長

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. メラトニン melatonin
  2. 現代の錬金術?―ウンコからグラフェンをつくった話―
  3. ラウリマライドの全合成
  4. システインから無機硫黄を取り出す酵素反応の瞬間を捉える
  5. 第20回 超分子から高分子へアプローチする ― Stuart Rowan教授
  6. 【無料】化学英語辞書がバージョンアップ!
  7. 植村酸化 Uemura Oxidation
  8. 化学小説まとめ
  9. 奇妙奇天烈!植物共生菌から「8の字」型の環を持つ謎の糖が発見
  10. 三枝・伊藤 インドール合成 Saegusa-Ito Indole Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Carsten Schmuck教授

第51回の海外化学者インタビューは、カルステン・シュムック教授です。ヴュルツブルク大学の有機化学研究…

乾燥剤の種類と合成化学での利用法

今回は溶液や化合物の乾燥と乾燥剤などについて話をしようかと思います。書いてみてかなり基本的な話になり…

第18回次世代を担う有機化学シンポジウム

今回の次世代シンポは一味違います!一般講演の優秀発表賞と優秀ディスカッション賞があるのはこれまで…

“秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC

分析化学に携わったことのある方は、「超臨界流体クロマトグラフィー」、略して「SFC」のことをご存知な…

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP