[スポンサーリンク]

archives

ボロントリフルオリド – エチルエーテル コンプレックス : Boron Trifluoride – Ethyl Ether Complex

 

アリールエポキシドの立体選択的な開環ヒドロフッ素化反応

Daviesらはアリールエポキシドの立体選択的な開環ヒドロフッ素化反応を報告しています。本報告によると,0.33当量のBF3• OEt2を用いて-20 ℃で反応することにより速やかに対応するsyn-フルオロヒドリン (> 99:1) が得られています。反応機構の考察では,オキシラン酸素原子へのBF3の配位とフッ素原子の転位反応を含む,立体選択的なSN1型エポキシド開環プロセスが示されています。

“β-Fluoroamphetamines via the Stereoselective Synthesis of Benzylic Fluorides”

A. J. Cresswell, S. G. Davies, J. A. Lee, P. M. Roberts, A. J. Russell, J. E. Thomson, M. J. Tyte, Org. Lett. 2010, 12 , 2936. DOI: 10.1021/ol100862s

ol-2010-00862s_0001

A range of substituted aryl epoxides undergo efficient ring-opening hydrofluorination upon treatment with 0.33 equiv of BF3·OEt2 in CH2Cl2 at −20 °C to give the corresponding syn-fluorohydrins, consistent with a mechanism involving a stereoselective SN1-type epoxide ring-opening process. The benzylic fluoride products of these reactions are valuable templates for further elaboration, as demonstrated by the preparation of a range of aryl-substituted β-fluoroamphetamines.

関連記事

  1. オルトチタン酸テトライソプロピル:Tetraisopropyl …
  2. アクティブボロン酸~ヘテロ芳香環のクロスカップリングに~
  3. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)ロジウム(I) (ダイマー)…
  4. SPhos
  5. ノーベル化学賞への道公開
  6. AgOTf/CuI共触媒によるN-イミノイソキノリニウムのタンデ…
  7. 潤滑油、グリースおよび添加剤の実践的分離【終了】
  8. トリフルオロメタンスルホン酸2-(トリメチルシリル)フェニル :…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. コニア エン反応 Conia–Ene Reaction
  2. ケムステ10年回顧録― 副代表版
  3. 硫黄 Sulfurーニンニク、タマネギから加硫剤まで
  4. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 2 (光延型置換反応)
  5. メディビック、抗がん剤「グルフォスファミド」の第II相試験を開始
  6. チャイタン・コシュラ Chaitan Khosla
  7. トロンボキサンA2 /Thromboxane A2
  8. ノーベル化学賞・受賞者一覧
  9. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑤:ショットノートの巻
  10. クラウス・ビーマン Klaus Biemann

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP