[スポンサーリンク]

archives

ボロントリフルオリド – エチルエーテル コンプレックス : Boron Trifluoride – Ethyl Ether Complex

[スポンサーリンク]

 

アリールエポキシドの立体選択的な開環ヒドロフッ素化反応

Daviesらはアリールエポキシドの立体選択的な開環ヒドロフッ素化反応を報告しています。本報告によると,0.33当量のBF3• OEt2を用いて-20 ℃で反応することにより速やかに対応するsyn-フルオロヒドリン (> 99:1) が得られています。反応機構の考察では,オキシラン酸素原子へのBF3の配位とフッ素原子の転位反応を含む,立体選択的なSN1型エポキシド開環プロセスが示されています。

“β-Fluoroamphetamines via the Stereoselective Synthesis of Benzylic Fluorides”

A. J. Cresswell, S. G. Davies, J. A. Lee, P. M. Roberts, A. J. Russell, J. E. Thomson, M. J. Tyte, Org. Lett. 2010, 12 , 2936. DOI: 10.1021/ol100862s

ol-2010-00862s_0001

A range of substituted aryl epoxides undergo efficient ring-opening hydrofluorination upon treatment with 0.33 equiv of BF3·OEt2 in CH2Cl2 at −20 °C to give the corresponding syn-fluorohydrins, consistent with a mechanism involving a stereoselective SN1-type epoxide ring-opening process. The benzylic fluoride products of these reactions are valuable templates for further elaboration, as demonstrated by the preparation of a range of aryl-substituted β-fluoroamphetamines.

関連記事

  1. 臭いの少ない1,3-プロパンジチオール等価体
  2. よう化サマリウム(II):Samarium(II) Iodide…
  3. Gabriel試薬類縁体
  4. 【予告】ケムステ新コンテンツ『CSスポットライトリサーチ』
  5. (S)-5-(ピロリジン-2-イル)-1H-テトラゾール:(S)…
  6. (S,S)-DACH-phenyl Trost ligand
  7. ジメシチルフルオロボラン:Dimesitylfluorobora…
  8. リビングラジカル重合による高分子材料合成技術【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ノルゾアンタミン /Norzoanthamine
  2. 日本触媒で爆発事故
  3. ワサビ辛み成分受容体を活性化する新規化合物
  4. 低分子の3次元構造が簡単にわかる!MicroEDによる結晶構造解析
  5. 杏林製薬 耳鳴り治療薬「ネラメキサン」の開発継続
  6. 【消臭リキ】マッチでトイレで消臭トライ 
  7. 【書籍】「喜嶋先生の静かな世界」
  8. 血液型をChemistryしてみよう!
  9. クリスチャン・ハートウィッグ Christian Hertweck
  10. フリーデル・クラフツ アシル化 Friedel-Crafts Acylation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

99.7%の精度で偽造ウイスキーを見抜ける「人工舌」が開発される

 まるで人間の舌のように偽造ウイスキーを見抜くことができる小型のセンサーが開発されました。このセンサ…

天然のナノチューブ「微小管」の中にタンパク質を入れると何が起こる?

第213回のスポットライトリサーチは、鳥取大学大学院 工学研究科・稲葉 央 助教にお願いしました。…

有機合成化学協会誌2019年8月号:パラジウム-フェナントロリン触媒系・環状カーボネート・素粒子・分子ジャイロコマ・テトラベンゾフルオレン・海洋マクロリド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年8月号がオンライン公開されました。ひ…

アスピリンから生まれた循環型ビニルポリマー

第212回のスポットライトリサーチは、信州大学線維学部 化学・材料学科 ・風間 茜さん にお願いしま…

熱を効率的に光に変換するデバイスを研究者が開発、太陽光発電の効率上昇に役立つ可能性

Scientists at Rice University in Texas have develo…

【2021年卒業予定 修士1年生対象】企業での研究開発を知る講座

化学系の就職活動を支援する『化学系学生のための就活』さんからご案内が届きましたの…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP