[スポンサーリンク]

archives

Gabriel試薬類縁体

[スポンサーリンク]

B1734.gif

 
【東京化成工業】
Gabriel試薬類縁体: 2-Methyl-6-nitrobenzoic Anhydride 
分子量: 253.23
CAS: 85232-02-6
製品コード:B1734
値段: 5g 253,00円 (2008.10.23 現在)
用途:アミノ化剤
説明: Gabriel試薬と類似のアミノ化剤。塩基で処理するとBocアミン、酸で処理するとメトキシカルボニルアミンを合成できる。水酸基を光延反応でアミノ基に変換することも可能。他にN-(tert-ブトキシカルボニル)-p-トルエンスルホンアミド,ジホルムアミドナトリウム,ジ-tert-ブチルイミノジカルボキシラートなどがある。
その他の試薬にGabriel試薬関する記述: アミノ化反応(TCIオンラインカタログ)
 

関連記事

  1. トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化…
  2. 1-フルオロ-2,4,6-トリメチルピリジニウムトリフルオロメタ…
  3. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキ…
  4. π-アリルパラジウム錯体
  5. ナノ粒子の安全性、リスク評価と国際標準化の最新動向【終了】
  6. 芳香環シラノール
  7. (S,S)-(-)-2,2′-イソプロピリデンビス(…
  8. インドール一覧

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ガスマン インドール合成 Gassman Indole Synthesis
  2. 英文校正会社が教える 英語論文のミス100
  3. 海藻成長の誘導物質発見 バイオ研
  4. ノーベル医学生理学賞、米の2氏に
  5. 特許の基礎知識(1)そもそも「特許」って何?
  6. 光分解性シアニン色素をADCのリンカーに組み込む
  7. 炭素繊維は鉄とアルミに勝るか? 2
  8. 光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功
  9. 第97回日本化学会春季年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part II
  10. インドの化学ってどうよ

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP