[スポンサーリンク]

archives

Gabriel試薬類縁体

[スポンサーリンク]

B1734.gif

 
【東京化成工業】
Gabriel試薬類縁体: 2-Methyl-6-nitrobenzoic Anhydride 
分子量: 253.23
CAS: 85232-02-6
製品コード:B1734
値段: 5g 253,00円 (2008.10.23 現在)
用途:アミノ化剤
説明: Gabriel試薬と類似のアミノ化剤。塩基で処理するとBocアミン、酸で処理するとメトキシカルボニルアミンを合成できる。水酸基を光延反応でアミノ基に変換することも可能。他にN-(tert-ブトキシカルボニル)-p-トルエンスルホンアミド,ジホルムアミドナトリウム,ジ-tert-ブチルイミノジカルボキシラートなどがある。
その他の試薬にGabriel試薬関する記述: アミノ化反応(TCIオンラインカタログ)
 

関連記事

  1. 日本化学会と対談してきました
  2. リチウムイオン電池 電解液の開発動向と高機能化
  3. 1,3-ジオールの不斉非対称化反応による光学活性オキサゾリン誘導…
  4. フルオラス向山試薬 (Fluorous Mukaiyama re…
  5. 第七回 巧みに非共有結合相互作用をつかうー Vince Rote…
  6. リアルタイムFT-IRによる 樹脂の硬化度評価・硬化挙動の分析【…
  7. ケムステの記事が3650記事に到達!
  8. コランヌレン : Corannulene

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヴィ·ドン Vy M. Dong
  2. 一流ジャーナルから学ぶ科学英語論文の書き方
  3. ペイン転位 Payne Rearrangement
  4. 蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH
  5. ケージ内で反応を進行させる超分子不斉触媒
  6. フリーデル・クラフツ アシル化 Friedel-Crafts Acylation
  7. リン–リン単結合を有する化合物のアルケンに対する1,2-付加反応
  8. 第20回 超分子から高分子へアプローチする ― Stuart Rowan教授
  9. 「anti-マルコフニコフ型水和反応を室温で進行させる触媒」エール大学・Herzon研より
  10. フローシステムでペプチド合成を超高速化・自動化

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第13回ケムステVシンポジウム「創薬化学最前線」を開催します!

第12回開催告知をお知らせしたばかりですが、第13回もあります!COVID-19の影響で、世…

Grignard反応剤が一人二役!? 〜有機硫黄化合物を用いるgem-ジフルオロアルケン類の新規合成法〜

第284回のスポットライトリサーチは、名古屋大学トランスフォーマティブ生命分子研究所・前川侑輝 博士…

第134回―「脳神経系の理解を進める分析化学」Jonathan Sweeder教授

第134回の海外化学者インタビューはジョナサン・スウィードラー教授です。イリノイ大学アーバナ・シャン…

第十二回ケムステVシンポ「水・有機材料・無機材料の最先端相転移現象 」

12月になりましたね。大好評のケムステシンポも今年は残りあと2回となりました。第12回となる…

概日リズムを司る天然変性転写因子の阻害剤開発に成功

第283回のスポットライトリサーチは、信州大学大学院総合理工学科農学専攻(大神田研究室)・細谷 侑佑…

アニリン類のC–N結合に不斉炭素を挿入する

アニリン類の炭素–窒素(C–N)結合に”不斉炭素を挿入”してキラルベンジルアミンとする手法が開発され…

フルオロシランを用いたカップリング反応~ケイ素材料のリサイクルに向けて~

第282回のスポットライトリサーチは、大阪府立大学 大学院理学系研究科(松坂研究室)・山本大貴さんに…

第133回―「遺伝暗号リプログラミングと翻訳後修飾の研究」Jason Chin教授

第133回の海外化学者インタビューはジェイソン・チン教授です。ケンブリッジMRC分子生物学研究所のタ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP