[スポンサーリンク]

archives

1-フルオロ-2,4,6-トリメチルピリジニウムトリフルオロメタンスルホナート : 1-Fluoro-2,4,6-trimethylpyridinium Trifluoromethanesulfonate

[スポンサーリンク]

F0328.gif

F+を利用したパラジウム触媒的C-Hアミノ化反応

1-フルオロ-2,4,6-トリメチルピリジニウムトリフルオロメタンスルホナートは温和な求電子的フッ素化剤として多方面で利用されています。近年,Yuらはインドリン類の合成において,この化合物を二電子酸化剤であるF+の供給源として用いたアリール炭素-水素結合のPd触媒的アミノ化反応を報告しています。この反応は,アミノ基の配位したPd(II)がF+によって酸化されてPd(IV)となり、アミノ基が求核攻撃することで高選択な還元的脱離が進むとされています。その基質適応範囲が広いことから,インドリン骨格を持つ医薬品・天然物合成への応用が期待されています。

T.-S. Mei, X. Wang, J.-Q. Yu, J. Am. Chem. Soc. 2009, 131, 10806.

関連記事

  1. 位置およびエナンチオ選択的Diels-Alder反応に有効な不斉…
  2. ケムステ国際版・中国語版始動!
  3. (S,S)-(-)-2,2′-イソプロピリデンビス(…
  4. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールの…
  5. Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニト…
  6. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御
  7. カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin b…
  8. pre-ELM-11

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 血液―脳関門透過抗体 BBB-penetrating Antibody
  2. 元素占いはいかが?
  3. 有機合成化学協会誌6月号:ポリフィリン・ブチルアニリド・ヘテロ環合成・モノアシル酒石酸触媒・不斉ヒドロアリール化・機能性ポリペプチド
  4. 触媒がいざなう加速世界へのバックドア
  5. 国際化学オリンピックで今年も好成績!
  6. 第100回有機合成シンポジウム記念特別講演会に行ってきました
  7. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑤:ショットノートの巻
  8. 172番元素までの周期表が提案される
  9. 大塚国際美術館
  10. 【書籍】合成化学の新潮流を学ぶ:不活性結合・不活性分子の活性化

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP