[スポンサーリンク]

archives

1-フルオロ-2,4,6-トリメチルピリジニウムトリフルオロメタンスルホナート : 1-Fluoro-2,4,6-trimethylpyridinium Trifluoromethanesulfonate

[スポンサーリンク]

F0328.gif

F+を利用したパラジウム触媒的C-Hアミノ化反応

1-フルオロ-2,4,6-トリメチルピリジニウムトリフルオロメタンスルホナートは温和な求電子的フッ素化剤として多方面で利用されています。近年,Yuらはインドリン類の合成において,この化合物を二電子酸化剤であるF+の供給源として用いたアリール炭素-水素結合のPd触媒的アミノ化反応を報告しています。この反応は,アミノ基の配位したPd(II)がF+によって酸化されてPd(IV)となり、アミノ基が求核攻撃することで高選択な還元的脱離が進むとされています。その基質適応範囲が広いことから,インドリン骨格を持つ医薬品・天然物合成への応用が期待されています。

T.-S. Mei, X. Wang, J.-Q. Yu, J. Am. Chem. Soc. 2009, 131, 10806.

関連記事

  1. トリフルオロメタンスルホン酸ランタン(III):Lanthanu…
  2. 高分子/金属・無機界面の相互作用と接着・密着性、耐久性の向上【終…
  3. 二酸化炭素の工業用有機材料への利用とその作製技術
  4. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【ス…
  5. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬
  6. 塗る、刷る、printable!進化するナノインクと先端デバイス…
  7. Co(II)-ポルフィリン触媒を用いた酸素酸化によるフェノールの…
  8. 有用なりん化合物

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 育て!燃料電池を担う子供たち
  2. ビリジカタムトキシン Viridicatumtoxin
  3. リアル「ブレイキング・バッド」!薬物製造元教授を逮捕 中国
  4. メルマガ有機化学 (by 有機化学美術館) 刊行中!!
  5. 「シカゴとオースティンの6年間」 山本研/Krische研より
  6. 活性酸素・フリーラジカルの科学: 計測技術の新展開と広がる応用
  7. 第99回日本化学会年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part II
  8. クロスカップリング用Pd触媒 小ネタあれこれ
  9. 味の素、アミノ酸の最大工場がブラジルに完成
  10. 第1回ACCELシンポジウムを聴講してきました

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第59回―「機能性有機ナノチューブの製造」清水敏美 教授

第59回の海外化学者インタビューは日本から、清水敏美 教授です。独立行政法人産業技術総合研究所(AI…

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース

詳細・お申込みはこちら日時2020年 4月16日(木)、17日(金)全日程2日間  …

光で水素を放出する、軽量な水素キャリア材料の開発

第248回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院(宮内研究室)・河村 玲哉さんにお願い…

大幸薬品、「クレベリン」の航空輸送で注意喚起 搭載禁止物質や危険物に該当?

大幸薬品は、同社が展開する「クレベリンシリーズ」の航空輸送について、注意喚起を行っている。  (引用…

第58回―「集積構造体を生み出すポリマー合成」Barney Grubbs教授

第58回の海外化学者インタビューは、バーニー・グラブス教授です。ダートマス大学化学科に所属(訳注:現…

サム・ゲルマン Samuel H. Gellman

サミュエル・H・ゲルマン(Samuel H. Gellman、19xx年xx月xx日-)は、アメリカ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP