[スポンサーリンク]

archives

1-フルオロ-2,4,6-トリメチルピリジニウムトリフルオロメタンスルホナート : 1-Fluoro-2,4,6-trimethylpyridinium Trifluoromethanesulfonate

[スポンサーリンク]

F0328.gif

F+を利用したパラジウム触媒的C-Hアミノ化反応

1-フルオロ-2,4,6-トリメチルピリジニウムトリフルオロメタンスルホナートは温和な求電子的フッ素化剤として多方面で利用されています。近年,Yuらはインドリン類の合成において,この化合物を二電子酸化剤であるF+の供給源として用いたアリール炭素-水素結合のPd触媒的アミノ化反応を報告しています。この反応は,アミノ基の配位したPd(II)がF+によって酸化されてPd(IV)となり、アミノ基が求核攻撃することで高選択な還元的脱離が進むとされています。その基質適応範囲が広いことから,インドリン骨格を持つ医薬品・天然物合成への応用が期待されています。

T.-S. Mei, X. Wang, J.-Q. Yu, J. Am. Chem. Soc. 2009, 131, 10806.

関連記事

  1. 集光型太陽光発電システムの市場動向・技術動向【終了】
  2. 炭酸ビス(ペンタフルオロフェニル) : Bis(pentaflu…
  3. ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane
  4. マイクロリアクター徹底活用セミナー【終了】
  5. 高分子材料における高次構造制御と機能発現【終了】
  6. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Trifluoroace…
  7. TFEDMA
  8. 水素化ほう素ナトリウム : Sodium Borohydride…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 電子実験ノートもクラウドの時代? Accelrys Notebook
  2. 顕微鏡で有機化合物のカタチを決める!
  3. picoSpin世界最小NMRシステムの販売開始
  4. システインから無機硫黄を取り出す酵素反応の瞬間を捉える
  5. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明
  6. 周期表の形はこれでいいのか? –その 2: s ブロックの位置 編–
  7. ミドリムシでインフルエンザ症状を緩和?
  8. 大麻複合物が乳がんの転移抑止効果―米医療チームが発見
  9. 希少金属
  10. ファヴォルスキー転位 Favorskii Rearrangement

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

米国へ講演旅行へ行ってきました:Part IV

3部作で終わろうと思いながら、書くことが多すぎて終われませんでした。前回から2ヶ…

二水素錯体 Dihydrogen Complexes

水素分子がサイドオン型で金属中心に近づくと、二水素錯体を形成することができる。こうして形成した二水素…

分析化学科

お申込み・詳細はこちら◇分析化学科 (定員16名)本研修では「ものづくり企業」の品質管理等で…

多角的英語勉強法~オンライン英会話だけで満足していませんか~

国際学会で発表するにも、論文を書くにも、研究室の留学生と飲みにいくにも英語は必要です。しかし、それぞ…

ペプチドの革新的合成

第215回のスポットライトリサーチは、中部大学総合工学研究所分子性触媒センター助教・村松渉先生にお願…

年収で内定受諾を決定する際のポイントとは

転職活動の終盤で複数の企業から内定を獲得した際、「年収が決め手となって内定を受諾…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP