[スポンサーリンク]

archives

1-フルオロ-2,4,6-トリメチルピリジニウムトリフルオロメタンスルホナート : 1-Fluoro-2,4,6-trimethylpyridinium Trifluoromethanesulfonate

[スポンサーリンク]

F0328.gif

F+を利用したパラジウム触媒的C-Hアミノ化反応

1-フルオロ-2,4,6-トリメチルピリジニウムトリフルオロメタンスルホナートは温和な求電子的フッ素化剤として多方面で利用されています。近年,Yuらはインドリン類の合成において,この化合物を二電子酸化剤であるF+の供給源として用いたアリール炭素-水素結合のPd触媒的アミノ化反応を報告しています。この反応は,アミノ基の配位したPd(II)がF+によって酸化されてPd(IV)となり、アミノ基が求核攻撃することで高選択な還元的脱離が進むとされています。その基質適応範囲が広いことから,インドリン骨格を持つ医薬品・天然物合成への応用が期待されています。

T.-S. Mei, X. Wang, J.-Q. Yu, J. Am. Chem. Soc. 2009, 131, 10806.

関連記事

  1. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】
  2. 創薬・医療分野セミナー受講者募集(Blockbuster TOK…
  3. 不斉配位子
  4. 1,3-ジオールの不斉非対称化反応による光学活性オキサゾリン誘導…
  5. N-フルオロ-N’-(クロロメチル)トリエチレンジア…
  6. 1,3-ビス(2,4,6-トリメチルフェニル)イミダゾリニウムク…
  7. 大型リチウムイオン電池の基礎知識【終了】
  8. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 米国版・歯痛の応急薬
  2. 2008年ノーベル化学賞『緑色蛍光タンパクの発見と応用』
  3. 美麗な分子モデルを描きたい!!
  4. ボツリヌストキシン (botulinum toxin)
  5. まっすぐなペプチドがつまらないなら「さあ輪になって踊ろ!」
  6. Innovative Drug Synthesis
  7. 緑茶成分テアニンに抗ストレス作用、太陽化学、名大が確認
  8. ロッセン転位 Lossen Rearrangement
  9. 化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する
  10. ケー・シー・ニコラウ K. C. Nicolaou

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酸化グラフェンの光による酸素除去メカニズムを解明 ―答えに辿り着くまでの6年間―

第226回のスポットライトリサーチは、筑波大学の羽田真毅(はだ まさき)先生にお願いしました。…

ツヴァイフェル オレフィン化 Zweifel Olefination

概要アルケニル金属試薬をボレート形成させて、ヨウ素処理の転位によって置換アルケンを得る手法。…

アゾベンゼンは光る!~新たな発光材料として期待~

第225回のスポットライトリサーチは、関西学院大学 増尾研究室 助教の山内光陽(やまうち みつあき)…

ハラスメントから自分を守るために。他人を守るために【アメリカで Ph.D. を取る –オリエンテーションの巻 その 2-】

アカデミックハラスメントやセクシャルハラスメントは、学業やキャリアの成功に悪影響を与えます。 どんな…

2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る

グリニャール試薬とスルフィニルアミンを用いたスルホンジイミン合成が達成された。爆発性物質、臭気性物質…

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP