[スポンサーリンク]

archives

1-フルオロ-2,4,6-トリメチルピリジニウムトリフルオロメタンスルホナート : 1-Fluoro-2,4,6-trimethylpyridinium Trifluoromethanesulfonate

F0328.gif

F+を利用したパラジウム触媒的C-Hアミノ化反応

1-フルオロ-2,4,6-トリメチルピリジニウムトリフルオロメタンスルホナートは温和な求電子的フッ素化剤として多方面で利用されています。近年,Yuらはインドリン類の合成において,この化合物を二電子酸化剤であるF+の供給源として用いたアリール炭素-水素結合のPd触媒的アミノ化反応を報告しています。この反応は,アミノ基の配位したPd(II)がF+によって酸化されてPd(IV)となり、アミノ基が求核攻撃することで高選択な還元的脱離が進むとされています。その基質適応範囲が広いことから,インドリン骨格を持つ医薬品・天然物合成への応用が期待されています。

T.-S. Mei, X. Wang, J.-Q. Yu, J. Am. Chem. Soc. 2009, 131, 10806.

関連記事

  1. トリフルオロメタンスルホン酸2-(トリメチルシリル)フェニル :…
  2. 潤滑油、グリースおよび添加剤の実践的分離【終了】
  3. トリフェニル-2,6-キシリルビスムトニウムテトラフルオロボラー…
  4. グラファイト、グラフェン、ナノグラフェンの構造と電子・磁気機能【…
  5. トップデザイン変更
  6. AgOTf/CuI共触媒によるN-イミノイソキノリニウムのタンデ…
  7. 1,5,7-トリアザビシクロ[4.4.0]デカ-5-エン:1,5…
  8. 9,10-Dihydro-9,10-bis(2-carboxye…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. モザイクワクチン HIVから人類を守る救世主となるか
  2. トシルヒドラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応とその応用展開
  3. 有機合成化学総合講演会@静岡県立大
  4. 三菱化学が有機太陽電池事業に参入
  5. マツタケオール mushroom alcohol
  6. 【10周年記念】Chem-Stationの歩み
  7. 米デュポンの7-9月期、ハリケーン被害などで最終赤字
  8. 自動車用燃料、「脱石油」競う 商社、天然ガス・バイオマス活用
  9. 触媒的C-H活性化型ホウ素化反応
  10. NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を開発

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP