[スポンサーリンク]

archives

1-フルオロ-2,4,6-トリメチルピリジニウムトリフルオロメタンスルホナート : 1-Fluoro-2,4,6-trimethylpyridinium Trifluoromethanesulfonate

F0328.gif

F+を利用したパラジウム触媒的C-Hアミノ化反応

1-フルオロ-2,4,6-トリメチルピリジニウムトリフルオロメタンスルホナートは温和な求電子的フッ素化剤として多方面で利用されています。近年,Yuらはインドリン類の合成において,この化合物を二電子酸化剤であるF+の供給源として用いたアリール炭素-水素結合のPd触媒的アミノ化反応を報告しています。この反応は,アミノ基の配位したPd(II)がF+によって酸化されてPd(IV)となり、アミノ基が求核攻撃することで高選択な還元的脱離が進むとされています。その基質適応範囲が広いことから,インドリン骨格を持つ医薬品・天然物合成への応用が期待されています。

T.-S. Mei, X. Wang, J.-Q. Yu, J. Am. Chem. Soc. 2009, 131, 10806.

関連記事

  1. カルノシン酸 : Carnosic Acid
  2. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】
  3. トリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I) クロリド:Tri…
  4. 実例で分かるスケールアップの原理と晶析【終了】
  5. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬
  6. シアヌル酸クロリド:2,4,6-Trichloro-1,3,5-…
  7. MNBA脱水縮合剤
  8. HTTPS化とサーバー移転

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ≪Excel演習で学ぶ≫化学プロセスにおける研究開発時のコスト試算と事業採算性検討
  2. カフェイン caffeine
  3. Ns基とNos基とDNs基
  4. R・スモーリー氏死去 米国のノーベル賞化学者
  5. 鉄の新たな可能性!?鉄を用いたWacker型酸化
  6. なぜ青色LEDがノーベル賞なのか?ー性能向上・量産化編
  7. キレーション療法ってなに?
  8. 化学の成果で脚光を浴びた小・中・高校生たち
  9. ロルフ・ミュラー Rolf Muller
  10. ラッセル・コックス Rusesl J. Cox

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

今回は2018年度のノーベル化学賞の対象となった進化分子工学の最前線でRNA・タンパク質工学を組み合…

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

アントニオ・M・エチャヴァレン(Antonio M. Echavarren、1955年3月25日–)…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

イナミドと光学活性なアルケニルスルホキシドから、2位および3位に置換基をもつ1,4-ジカルボニル骨格…

PAGE TOP