[スポンサーリンク]

archives

(+)-2,2′-メチレンビス[(3aR,8aS)-3a,8a-ジヒドロ-8H-インデノ[1,2-d]オキサゾール] : (+)-2,2′-Methylenebis[(3aR,8aS)-3a,8a-dihydro-8H-indeno[1,2-d]oxazole]

M1401.gif

インドール類の酸化的トリフルオロメチル化反応

Liuらは,パラジウム触媒によるインドール類の酸化的トリフルオロメチル化反応について報告しています。それによれば,トリフルオロメチル化剤としてTMSCF3,パラジウム触媒としてPd(OAc)2を用いることにより,室温下で反応が進行し,インドールのピロール環上にトリフルオロメチル基を導入することができます。配位子としては(+)-2,2′-メチレンビス[(3aR,8aS)-3a,8a-ジヒドロ-8H-インデノ[1,2-d]オキサゾール]が最適であることが確認されています。

X. Mu, S. Chen, X. Zhen, G. Liu, Chem. Eur. J. 2011, 17, 6039.

関連記事

  1. 実例で分かるスケールアップの原理と晶析【終了】
  2. スケールアップのポイント・考え方とトラブル回避【終了】
  3. 酢酸鉄(II):Acetic Acid Iron(II) Sal…
  4. テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0) : Tet…
  5. 安全なジアゾメタン原料
  6. マイクロリアクターによる合成技術【終了】
  7. ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体
  8. トリフルオロ酢酸パラジウム(II):Palladium(II) …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ReadCubeを使い倒す(1)~論文閲覧プロセスを全て完結させる~
  2. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Palladium(II) Trifluoroacetate
  3. グレッグ・ウィンター Gregory P. Winter
  4. 白川英樹 Hideki Shirakawa
  5. 平田 義正 Yoshimasa Hirata
  6. カルベンで挟む!
  7. トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる
  8. クルチウス転位 Curtius Rearrangement
  9. 武田薬、米国販売不振で11年ぶり減益 3月期連結決算
  10. 向かい合わせになったフェノールが織りなす働き

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発

トヨタは、今後急速な拡大が予想される電動車に搭載される高出力モーターなど様々なモーターに使用されるネ…

触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成

嵩高いコバルト錯体を触媒として用いた位置選択的Simmons–Smith型モノシクロプロパン化反応が…

「原子」が見えた! なんと一眼レフで撮影に成功

An Oxford University student who captured an image…

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP