[スポンサーリンク]

archives

材料開発における生成AIの活用方法

[スポンサーリンク]

開催日:2023/09/06 申し込みはこちら

■開催概要

近年、少子高齢化、働き手の不足の影響を受け、従来の経験と勘による研究開発から、データを活用して、より効率的に、また人が発見出来なかった素材を研究開発していくことが目指されています。また、デジタルトランスフォーメーション(DX)をどのように研究開発に適応するか?という観点からも、データと統計・データサイエンスを活用した素材の研究開発である、マテリアルズ・インフォマティクス(MI)が注目されています。

一方で、「ChatGPTをはじめとした生成AIが話題になっているが、どんな仕組みになっているのかわからない」や「材料開発において、有効な生成AIの利用方法がわからない」といった、生成AIの活用検討へ向けての大きなハードルを感じている方も少なくありません。

本セミナーでは、マテリアルズ・インフォマティクスを進めるデータサイエンティストより、材料開発における生成AIの活用方法と課題についてお話させていただきます。さらに、弊社が開発中の生成AIツールについてもお伝えします。

■参加費用

無料

■コンテンツ

はじめに
登壇者より講演 40分
質疑応答:20分(残りの時間)

■講演内容

1.変数のデータの振る舞い
視覚的なデータの要約
数量的なデータの要約

2.変数間の関係性
視覚的なデータの要約
数量的なデータの要約

3.データの取り扱い
外れ値の考え方
データにかかるバイアス

4.質問の受付と回答

※残りの時間で質問を受け付けております。
※内容は一部変更となる場合が御座います。予めご了承願います。

■登壇者

MI-6株式会社/データサイエンティスト
山下 翼(やました つばさ)

工学修士。大学院では機械学習を用いた機能性セラミックス材料開発方法を研究。 MI-6ではデータサイエンティストとして多くの会社のデータ解析を通じて、材料の可能性を引き出すサポートを行う。

■対象者

・基礎的な統計手法(統計量)に興味がある方
・基礎的なデータの見方・扱い方に興味がある方
・「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」に関わる方(研究者、解析者、マネジメント層の方など)
・これからMI活用を検討したい方

■申込締め切り

2023年9月6日(水)14:00
※申込が多数あった場合は事前に締め切らせていただく可能性がございます

申し込みはこちら

■問い合わせ先

MI-6株式会社 事業開発部 bd@mi-6.co.jp

※ご登録いただくメールアドレスに、開催前日の参加者の確定を目処に事前案内のメールをお送りします。 迷惑メールの設定や、メールアドレスの記載に誤りによって、ご案内ができないケースがございます。 設定確認と登録アドレスに間違いがないよう、ご協力お願いいたします。
※同業他社企業のお申し込みはお断りしております。

ケムステPR

投稿者の記事一覧

ケムステのPRアカウントです。募集記事や記事体広告関連の記事を投稿します。

関連記事

  1. 有機合成化学協会誌2020年10月号:ハロゲンダンス・Cpルテニ…
  2. 高分子鎖の「伸長」と「結晶化」が進行する度合いを蛍光イメージング…
  3. 炭素繊維は鉄とアルミに勝るか? 1
  4. 高分子討論会:ソーラーセイルIKAROS
  5. 日化年会に参加しました:たまたま聞いたA講演より
  6. ガラスのように透明で曲げられるエアロゲル ―高性能透明断熱材とし…
  7. 材料開発の変革をリードするスタートアップのデータサイエンティスト…
  8. 【日産化学 24卒/Zoomウェビナー配信!】START you…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第15回光学活性シンポジウム
  2. BASF International Summer Courses 2017  BASFワークショップ2017
  3. 低投資で効率的な英語学習~有用な教材は身近にある!
  4. 第94回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part III
  5. オゾンホールのさらなる縮小を確認 – アメリカ海洋大気庁発表
  6. 巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明
  7. リニューアル?!
  8. ケムステ国際版・中国語版始動!
  9. 下村 脩 Osamu Shimomura
  10. ウルツ反応 Wurtz Reaction

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2024年6月号:四塩化チタン・選択的フッ素化・環境調和型反応・インデン・インダセン・環状ペプチド

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年6月号がオンライン公開されています。…

【6月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 題目:有機金属化合物 オルガチックスを用いた架橋剤としての利用(溶剤系)

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスの推進成功事例 -なぜあの企業は最短でMI推進を成功させたのか?-

開催日:2024/06/18 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

N-オキシドの性質と創薬における活用

N-オキシドは一部の天然物に含まれ、食品・医薬品などの代謝物にも見られるほか、医…

未来を切り拓く創薬DX:多角的な視点から探る最新トレンド

申込みはこちら次世代の創薬研究をリードするために、デジタルトランスフォーメーション(DX…

ファラデーのつくった世界!:−ロウソクの科学が歴史を変えた

こんにちは、Spectol21です!ノーベル賞受賞の吉野彰先生が、吉野先生の研究者と…

接着系材料におけるmiHub活用事例とCSサポートのご紹介

開催日:2024/06/12 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

水素原子一個で強力な触媒をケージング ――アルツハイマー病関連のアミロイドを低分子で副作用を抑えて分解する――

第 619 回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 薬学系研究科 有機合成化学…

ミツバチに付くダニに効く化学物質の研究開発のはなし

今回は東京大学大学院有機化学研究室 滝川 浩郷先生、小倉 由資先生が主導されている研究内容につき…

化学結合の常識が変わる可能性!形成や切断よりも「回転」プロセスが実は難しい有機反応

第 617 回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 有機…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP