[スポンサーリンク]

archives

フタロシアニン鉄(II) : Phthalocyanine Iron(II)

P0774.gif

鉄触媒を用いたニトロ基の選択的還元反応

Singhらは,鉄触媒を用いたニトロ基の選択的還元反応について報告しています。それによれば,水素源としてヒドラジンを用い,フタロシアニン鉄(II)と硫酸鉄触媒の存在下,ニトロ基を選択的に還元し,対応する芳香族アミンが得られています。この方法はカルボン酸,ニトリル,ヘテロ環など種々の官能基の存在下でも適用可能です。なお,反応溶媒として水―エタノールが利用でき,環境に優しい方法として注目されています。

U. Sharma, P. K. Verma, N. Kumar, V. Kumar, M. Bala, B. Singh, Chem. Eur. J. 2011, 17, 5903.

関連記事

  1. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬
  2. 新しい選択的ヨウ素化試薬
  3. テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0) : Tet…
  4. 10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villig…
  5. ビス(トリシクロヘキシルホスフィン)ニッケル(II)ジクロリド …
  6. ナトリウムトリス(1,1,1,3,3,3-ヘキサフルオロイソプロ…
  7. 2,9-ジブチル-1,10-フェナントロリン:2,9-Dibut…
  8. 乳化剤の基礎とエマルション状態の評価【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. どっちをつかう?:in spite ofとdespite
  2. 幾何学の定理を活用したものづくり
  3. ソニー、新型リチウムイオン充電池「Nexelion」発売
  4. 第22回 化学の複雑な世界の源を求めてーLee Cronin教授
  5. 重水素標識反応 Deuterium Labeling Reaction
  6. 化学エンターテイメント小説第3弾!『ラブ・リプレイ』
  7. ガスマン インドール合成 Gassman Indole Synthesis
  8. 環境ストレスに応答する植物ホルモン
  9. リチウムイオン電池製造の勘どころ【終了】
  10. クラウス・ミューレン Klaus Müllen

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP