[スポンサーリンク]

archives

フタロシアニン鉄(II) : Phthalocyanine Iron(II)

[スポンサーリンク]

P0774.gif

鉄触媒を用いたニトロ基の選択的還元反応

Singhらは,鉄触媒を用いたニトロ基の選択的還元反応について報告しています。それによれば,水素源としてヒドラジンを用い,フタロシアニン鉄(II)と硫酸鉄触媒の存在下,ニトロ基を選択的に還元し,対応する芳香族アミンが得られています。この方法はカルボン酸,ニトリル,ヘテロ環など種々の官能基の存在下でも適用可能です。なお,反応溶媒として水―エタノールが利用でき,環境に優しい方法として注目されています。

U. Sharma, P. K. Verma, N. Kumar, V. Kumar, M. Bala, B. Singh, Chem. Eur. J. 2011, 17, 5903.

関連記事

  1. ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応…
  2. 2,4,6-トリイソプロピルベンゼンスルホニルクロリド:2,4,…
  3. (-)-MTPA-Cl
  4. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】
  5. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御
  6. イミダゾリニウムトリフラート塩の合成に有用なビニルスルホニウム塩…
  7. Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボ…
  8. HTTPS化とサーバー移転

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. カルボニル化を伴うクロスカップリング Carbonylative Cross Coupling
  2. トップリス ツリー Topliss Tree
  3. Reaxys Prize 2012ファイナリスト45名発表!
  4. 発想の逆転で糖鎖合成
  5. 宝塚市立病院で職員が「シックハウス症候群」に…労基署が排気設備が不十分と是正勧告
  6. Illustrated Guide to Home Chemistry Experiments
  7. 砂糖から透明樹脂、大阪府立大などが開発に成功
  8. プラテンシマイシン /platensimycin
  9. 【朗報】HGS分子構造模型が入手可能に!
  10. ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP