[スポンサーリンク]

archives

フタロシアニン鉄(II) : Phthalocyanine Iron(II)

P0774.gif

鉄触媒を用いたニトロ基の選択的還元反応

Singhらは,鉄触媒を用いたニトロ基の選択的還元反応について報告しています。それによれば,水素源としてヒドラジンを用い,フタロシアニン鉄(II)と硫酸鉄触媒の存在下,ニトロ基を選択的に還元し,対応する芳香族アミンが得られています。この方法はカルボン酸,ニトリル,ヘテロ環など種々の官能基の存在下でも適用可能です。なお,反応溶媒として水―エタノールが利用でき,環境に優しい方法として注目されています。

U. Sharma, P. K. Verma, N. Kumar, V. Kumar, M. Bala, B. Singh, Chem. Eur. J. 2011, 17, 5903.

関連記事

  1. (-)-MTPA-Cl
  2. ショウガに含まれる辛味成分
  3. ヘテロアレーンカルボニル化キナアルカロイド触媒を用いたアジリジン…
  4. AZADOLR ~ 高活性なアルコール酸化触媒
  5. ブロモジメチルスルホニウムブロミド:Bromodimethyls…
  6. Shvo触媒 : Shvo’s Catalyst
  7. ビス(トリシクロヘキシルホスフィン)ニッケル(II)ジクロリド …
  8. SPhos

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アミドをエステルに変化させる触媒
  2. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑥
  3. The Merck Index: An Encyclopedia of Chemicals, Drugs, And Biologicals
  4. ルボトム酸化 Rubottom Oxidation
  5. 有機化合物合成中に発火、理化学研が半焼--仙台 /宮城
  6. ソーレー帯 (Soret band) & Q帯 (Q band)
  7. パーキン反応 Perkin Reaction
  8. 人前ではとても呼べない名前の化合物
  9. 超一流化学者の真剣勝負が生み出した丸かぶり論文
  10. 金属を超えるダイヤモンド ーボロンドープダイヤモンドー

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP