[スポンサーリンク]

archives

フタロシアニン鉄(II) : Phthalocyanine Iron(II)

P0774.gif

鉄触媒を用いたニトロ基の選択的還元反応

Singhらは,鉄触媒を用いたニトロ基の選択的還元反応について報告しています。それによれば,水素源としてヒドラジンを用い,フタロシアニン鉄(II)と硫酸鉄触媒の存在下,ニトロ基を選択的に還元し,対応する芳香族アミンが得られています。この方法はカルボン酸,ニトリル,ヘテロ環など種々の官能基の存在下でも適用可能です。なお,反応溶媒として水―エタノールが利用でき,環境に優しい方法として注目されています。

U. Sharma, P. K. Verma, N. Kumar, V. Kumar, M. Bala, B. Singh, Chem. Eur. J. 2011, 17, 5903.

関連記事

  1. 太陽電池バックシートの開発と評価【終了】
  2. 新しい芳香族トリフルオロメチル化試薬
  3. 環境ストレスに応答する植物ホルモン
  4. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性
  5. 【予告】ケムステ新コンテンツ「元素の基本と仕組み」
  6. DFMS:ビス(ジフルオロメチルスルホニル)亜鉛
  7. NHC (Bode触媒2) と酸共触媒を用いるα,β-不飽和アル…
  8. ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ノーベル化学賞は化学者の手に
  2. セレノネイン selenoneine
  3. 近赤外光を青色の光に変換するアップコンバージョン-ナノ粒子の開発
  4. 未来のノーベル化学賞候補者(2)
  5. 野依賞―受賞者一覧
  6. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」①(解答編)
  7. 炭素繊維は鉄とアルミに勝るか? 1
  8. あなたの分子を特別なカタチに―「CrystalProtein.com」
  9. 日本電子の米国法人、有機物を非破壊検出できるイオン源を開発
  10. EU、玩具へのフタル酸エステル類の使用禁止

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP