[スポンサーリンク]

archives

フタロシアニン鉄(II) : Phthalocyanine Iron(II)

P0774.gif

鉄触媒を用いたニトロ基の選択的還元反応

Singhらは,鉄触媒を用いたニトロ基の選択的還元反応について報告しています。それによれば,水素源としてヒドラジンを用い,フタロシアニン鉄(II)と硫酸鉄触媒の存在下,ニトロ基を選択的に還元し,対応する芳香族アミンが得られています。この方法はカルボン酸,ニトリル,ヘテロ環など種々の官能基の存在下でも適用可能です。なお,反応溶媒として水―エタノールが利用でき,環境に優しい方法として注目されています。

U. Sharma, P. K. Verma, N. Kumar, V. Kumar, M. Bala, B. Singh, Chem. Eur. J. 2011, 17, 5903.

関連記事

  1. 不活性第一級C–H結合の触媒的官能基化反応
  2. 1,4-ジ(2-チエニル)-1,4-ブタンジオン:1,4-Di(…
  3. ビス(アセトニトリル)パラジウム(II)ジクロリド : Dich…
  4. β,β-ジフルオロホモアリルアルコールの合成
  5. XPhos
  6. コランヌレン : Corannulene
  7. N-フルオロ-N’-(クロロメチル)トリエチレンジア…
  8. 向山酸化剤

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 学振申請書を磨き上げる11のポイント [文章編・後編]
  2. 武田、ビタミン原料事業から完全撤退
  3. スイスの博士課程ってどうなの?1〜ヨーロッパの博士課程を知る〜
  4. 「肥満症」薬を国内投入、エーザイや武田
  5. オルト−トルイジンと発がんの関係
  6. ナノチューブ団子のときほぐしかた [テキサスMRD社の成果]
  7. ブライアン・コビルカ Brian K. Kobilka
  8. 多核テルビウムクラスターにおけるエネルギー移動機構の解明
  9. ニール・K・ガーグ Neil K. Garg
  10. 第九回 均一系触媒で石油化学に変革を目指すー山下誠講師

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスク…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP