[スポンサーリンク]

archives

トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(pentafluorophenyl)borane

T2313.gif

B(C6F5)3触媒を用いたイミンのメタルフリー水素化反応

Stephanらは,B(C6F5)3触媒を用いたイミンのメタルフリー水素化反応について報告しています。それによれば,ルイス酸であるB(C6F5)3が水素引き抜きによりアミンを活性化することを利用し,イミンやエナミン,N-複素環化合物の触媒的水素化反応を行っています。この方法では金属を用いる必要がなく,水素源として安価なジイソプロピルアミンを用いることが可能なため,有用な方法として注目されています。

J. M. Farrell, Z. M. Heiden, D. W. Stephan, Organometallics 2011, 30 , 4497.

関連記事

  1. 固体高分子電解質の基礎、材料技術と実用化【終了】
  2. グラファイト、グラフェン、ナノグラフェンの構造と電子・磁気機能【…
  3. ラボからのスケールアップ再現性手法【終了】
  4. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】
  5. ビス(ヘキサフルオロアセチルアセトナト)銅(II)水和物 : B…
  6. NHC‐ZnBr2触媒を用いた二酸化炭素の末端エポキシドへの温和…
  7. 1-トリフルオロメチル-3,3-ジメチル-1,2-ベンゾヨードキ…
  8. ロジウム(II)アセタート (ダイマー):Rhodium(II)…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エタール反応 Etard Reaction
  2. バートリ インドール合成 Bartoli Indole Synthesis
  3. 医薬各社、アルツハイマー病薬の開発進まず
  4. カーボンナノチューブ /carbon nanotube (CNT)
  5. 8億4400万円で和解 青色LED発明対価訴訟
  6. iPadで使えるChemDrawが発売開始
  7. アンソニー・アルジュンゴ Anthony J. Arduengo, III
  8. 3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシド:3-Methyl-1-phenyl-2-phospholene 1-Oxide
  9. 私がケムステスタッフになったワケ(1)
  10. アステラス病態代謝研究会 2018年度助成募集

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ボロン酸エステル/ヒドラゾンの協働が実現する強固な細胞Click反応

2017年、アルバータ大学・Dennis G. Hallらは、細胞毒性の低いボロン酸とジオール間での…

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP