[スポンサーリンク]

archives

トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(pentafluorophenyl)borane

T2313.gif

B(C6F5)3触媒を用いたイミンのメタルフリー水素化反応

Stephanらは,B(C6F5)3触媒を用いたイミンのメタルフリー水素化反応について報告しています。それによれば,ルイス酸であるB(C6F5)3が水素引き抜きによりアミンを活性化することを利用し,イミンやエナミン,N-複素環化合物の触媒的水素化反応を行っています。この方法では金属を用いる必要がなく,水素源として安価なジイソプロピルアミンを用いることが可能なため,有用な方法として注目されています。

J. M. Farrell, Z. M. Heiden, D. W. Stephan, Organometallics 2011, 30 , 4497.

関連記事

  1. ブロモジメチルスルホニウムブロミド:Bromodimethyls…
  2. Nsアミン誘導体
  3. トリルテニウムドデカカルボニル / Triruthenium D…
  4. ヒストン脱アセチル化酵素8(HDAC8)選択的阻害剤
  5. 2-トリメチルシリル-1,3-ジチアン:1,3-Dithian-…
  6. π-アリルパラジウム錯体
  7. N-フルオロ-N’-(クロロメチル)トリエチレンジア…
  8. 化学分野での特許無効審判における 実験データの戦略的な活用方法【…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エッシェンモーザーカップリング Eschenmoser Coupling
  2. 有機ラジカルポリマー合成に有用なTEMPO型フリーラジカル
  3. 自動車用燃料、「脱石油」競う 商社、天然ガス・バイオマス活用
  4. 日本化学会:次期会長に藤嶋昭氏を選出--初の直接選挙で
  5. 【書籍】液晶の歴史
  6. ダイセル化学、筑波研をアステラス製薬に売却
  7. Impact Factorかh-indexか、それとも・・・
  8. 反応機構を書いてみよう!~電子の矢印講座・その1~
  9. 化学メーカー研究開発者必見!!新規事業立ち上げの成功確度を上げる方法
  10. はてブ週間ランキング第四位を獲得

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

今年も9月終盤にさしかかり、毎年恒例のノーベル賞シーズンがやって参りました!化学賞は日本時間…

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

PAGE TOP