[スポンサーリンク]

archives

トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(pentafluorophenyl)borane

[スポンサーリンク]

T2313.gif

B(C6F5)3触媒を用いたイミンのメタルフリー水素化反応

Stephanらは,B(C6F5)3触媒を用いたイミンのメタルフリー水素化反応について報告しています。それによれば,ルイス酸であるB(C6F5)3が水素引き抜きによりアミンを活性化することを利用し,イミンやエナミン,N-複素環化合物の触媒的水素化反応を行っています。この方法では金属を用いる必要がなく,水素源として安価なジイソプロピルアミンを用いることが可能なため,有用な方法として注目されています。

J. M. Farrell, Z. M. Heiden, D. W. Stephan, Organometallics 2011, 30 , 4497.

関連記事

  1. 日本化学会ケムステイブニングミキサーへのお誘い
  2. カルボニルトリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I)ヒドリド…
  3. 安全なジアゾメタン原料
  4. 芳香環シラノール
  5. “つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御
  6. ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane
  7. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒
  8. テトラキス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(0) : Tet…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ランディ・シェックマン Randy Schekman
  2. 農工大で爆発事故発生―だが毎度のフォローアップは適切か?
  3. 奈良坂・プラサード還元 Narasaka-Prasad Reduction
  4. 歪んだアルキンへ付加反応の位置選択性を予測する
  5. 伯東、高機能高分子材料「デンドリマー」、製造期間10分の1に
  6. 【速報】新元素4つの名称が発表:日本発113番元素は「ニホニウム」!
  7. 「優れた研究テーマ」はどう選ぶべき?
  8. 芳香族ニトロ化合物のクロスカップリング反応
  9. アメリカへ博士号をとりにいく―理系大学院留学奮戦記
  10. 高峰公園

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第51回―「超分子化学で生物学と材料科学の境界を切り拓く」Carsten Schmuck教授

第51回の海外化学者インタビューは、カルステン・シュムック教授です。ヴュルツブルク大学の有機化学研究…

乾燥剤の種類と合成化学での利用法

今回は溶液や化合物の乾燥と乾燥剤などについて話をしようかと思います。書いてみてかなり基本的な話になり…

第18回次世代を担う有機化学シンポジウム

今回の次世代シンポは一味違います!一般講演の優秀発表賞と優秀ディスカッション賞があるのはこれまで…

“秒”で分析 をあたりまえに―利便性が高まるSFC

分析化学に携わったことのある方は、「超臨界流体クロマトグラフィー」、略して「SFC」のことをご存知な…

第50回―「糖やキラル分子の超分子化学センサーを創り出す」Tony James教授

第50回の海外化学者インタビューは、トニー・ジェームズ教授です。英国バース大学の化学科で超分子化学の…

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP