[スポンサーリンク]

一般的な話題

有機合成化学協会誌2020年9月号:キラルナフタレン多量体・PNNP四座配位子・π共役系有機分子・フェンタニル混入ヘロイン・プロオリゴ型核酸医薬

[スポンサーリンク]

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年9月号がオンライン公開されました。

完全に私事ですが、先月の紹介は出産直後だったため代表に代わってもらいました。

7月中旬に第二子を出産して最近までバタバタだったのですが、少し落ち着いてきたので有機合成化学協会誌も読んでおこうと思います。

今月号も充実の内容です。

キーワードは、「キラルナフタレン多量体・PNNP四座配位子・π共役系有機分子・フェンタニル混入ヘロイン・プロオリゴ型核酸医薬」です。

今回も、会員の方ならばそれぞれの画像をクリックすればJ-STAGEを通してすべてを閲覧することが可能です。

巻頭言:製薬会社におけるケミストの使命

今月号は、東和薬品株式会社の内川 治 上席執行役員による巻頭言です。

コロナ禍にあっての、創薬に携わる人々の熱い姿勢を感じました。オープンアクセスです。

キラルナフタレン多量体からなる円偏光発光色素の合成

高石和人*

2019年度有機合成化学奨励賞受賞

*岡山大学大学院自然科学研究科

CPL(円偏光発光)は左右どちらかの円偏光に偏って発光する現象であり、3Dディスプレイ等への応用が期待されていることから、有機分子で実現するための構造とCPL特性の相関について研究がなされている。本総合論文では著者らのCPL色素に関する研究成果について、わかりやすく紹介されています。

PNNP四座配位子をもつ精密金属錯体触媒を用いる再生可能炭素資源の還元法の開発

吉岡頌太、鄭 知恩、斎藤 進*

2018年度有機合成化学協会企業冠賞 東ソー・環境エネルギー賞

*名古屋大学大学院理学研究科・物質科学国際研究センター

PNNP配位子をもつ配位飽和型の金属錯体は、熱エネルギーや光エネルギーに対しても頑健でCO2やバイオマス資源および廃プラスティックスの還元と再利用に分子技術としての道を拓く!

クロスカップリングを用いるπ共役系有機分子の効率的合成と電子デバイスへの応用

西原康師*

2019年度有機合成化学協会企業冠賞 富士フイルム・機能性材料化学賞受賞

*岡山大学異分野基礎科学研究所

有機機能性材料を指向したπ共役系有機分子群の効率合成と有機電界効果トランジスタや有機太陽電池への応用についての論文です。π共役系有機分子を「合成」と「材料」双方の視点から深く掘り下げた内容で、企業冠賞受賞にふさわしい内容の論文です。ぜひご覧下さい。

フェンタニルが混入したヘロインに対するワクチンの合成とその生物活性評価

名取良浩1,2*Kim, D. Janda1*

1 Departments of Chemistry, Immunology and Microbial Science, Skaggs Institute for Chemical Biology, The Scripps Research Institute

2 東北医科薬科大学薬学部

麻薬類の乱用は、近年米国で深刻な社会問題となっています。名取先生(東北医科薬科大)、Janda先生(スクリプス研)は、ヘロインと合成麻薬ドメインを併せ持つワクチンを創製する有機合成化学的アプローチを展開し、両方の薬物に対する抗体産生をバランス良く誘導することに成功しています (ref. 13)。

プロオリゴ型核酸医薬を志向した保護基の開発研究

實吉尚郎1*小野 晶2*

*1滋賀医科大学医学部医学科

*2神奈川大学工学部物質生命化学科

核酸医薬品の成功の鍵はDDS(Drug Delivery System)にあると言われています。著者らは、精密に設計した保護基を用いることで、核酸化合物の膜透過性向上、代謝安定性向上を達成されています。DDS技術においても有機合成化学が活躍できる、ということを感じられる論文ですので、是非ご一読ください!

Review de Debut

今月号のRebut de Debutは4件です。全てオープンアクセスなのでぜひ。

・カルコゲン結合を利用した最近のアニオン認識機能の発展 (東北大学大学院薬学研究科) 谷井沙織

・「スルホニウム塩形成/カップリング法」による芳香族化合物の位置選択的官能基化反応 (早稲田大学大学院先進理工学研究科)一色遼大

・ルテニウム錯体をコンジュゲートした機能性オリゴ核酸の開発 (徳島文理大学薬学部)伊藤勇太

・海洋性ポリケタイド化合物Hippolachnin Aの全合成 (北里大学生命科学研究所)君嶋 葵

 

感動の瞬間:ゲノムを標的とする精緻な化学

今月号の感動の瞬間は、長崎国際大学薬学部の佐々木茂貴教授による寄稿記事です。

「化学的遺伝子編集」に挑戦し続けた研究人生の、感動の瞬間です。必見です。

 

これまでの紹介記事は有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズを参照してください。

関連書籍

めぐ

投稿者の記事一覧

博士(理学)。大学教員。娘の育児に奮闘しつつも、分子の世界に思いを馳せる日々。

関連記事

  1. ガラス器具の洗浄にも働き方改革を!
  2. データ駆動型R&D組織の実現に向けた、MIを組織的に定着させる3…
  3. 触媒討論会に行ってきました
  4. メルクがケムステVシンポに協賛しました
  5. 完熟バナナはブラックライトで青く光る
  6. ブートキャンプ
  7. 危険ドラッグ:創薬化学の視点から
  8. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (4)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 有機リチウム試薬 Organolithium Reagents
  2. マーヴィン・カルザース Marvin H. Caruthers
  3. 下嶋 敦 Shimojima Atsushi
  4. 医薬各社、アルツハイマー病薬の開発進まず
  5. ジメシチルフルオロボラン:Dimesitylfluoroborane
  6. アジサイから薬ができる
  7. 日本化学会がプロモーションムービーをつくった:ATP交流会で初公開
  8. IBX酸化 IBX Oxidation
  9. 磁力で生体触媒反応を制御する
  10. ジフェニルオクタテトラエン (1,8-diphenyl-1,3,5,7-octatetraene)

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

注目情報

注目情報

最新記事

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

Q&A型ウェビナー カーボンニュートラル実現のためのマイクロ波プロセス 〜ケミカルリサイクル・乾燥・濃縮・焼成・剥離〜

<内容>本ウェビナーでは脱炭素化を実現するための手段として、マイクロ波プロセスをご紹介いたします…

カルボン酸、窒素をトスしてアミノ酸へ

カルボン酸誘導体の不斉アミノ化によりキラルα-アミノ酸の合成法が報告された。カルボン酸をヒドロキシル…

海洋シアノバクテリアから超強力な細胞増殖阻害物質を発見!

第 392回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 博士後期課…

ポンコツ博士の海外奮闘録⑧〜博士,鍵反応を仕込む②〜

ポンコツシリーズ一覧国内編:1話・2話・3話国内外伝:1話・2話・留学TiPs海外編:1…

給電せずに電気化学反応を駆動 ~環境にやさしい手法として期待、極限環境での利用も~

第391回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院応用化学系 稲木研究室の岩井 優 (い…

GCにおける水素のキャリアガスとしての利用について

最近ヘリウムの深刻な供給不安により、GCで使うガスボンベの納期が未定となってしまい、ヘリウムが無くな…

タンパク質リン酸化による液-液相分離制御のしくみを解明 -細胞内非膜型オルガネラの構築原理の解明へ-

第 390 回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 助教の 山崎…

桝太一が聞く 科学の伝え方

概要サイエンスコミュニケーションとは何か?どんな解決すべき課題があるのか?桝…

レドックス反応場の論理的設計に向けて:酸化電位ギャップ(ΔEox)で基質の反応性を見積もる

第389回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院生物システム応用科学府(生物有機化学研究室)…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP