[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. リベロマイシンA /Reveromycin A

     リベロマイシンA (reveromycin A)は、放線菌Streptomyces sp. SN-593株から単離されたポリケチド化合物。抗癌活性及び抗骨粗鬆症作用を示す化合物として現在注目を集めている。 (さらに…)…

  2. 入江 正浩 Masahiro Irie

    入江 正浩(いりえ まさひろ、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である(写真:Irie La…

  3. α-トコフェロールの立体選択的合成

    Reagent Directing Group Controlled Organic Synthes…

  4. 複雑化合物合成にも適用可能なC-H酸化反応

    " A Predictably Selective Aliphatic C-H Oxidation …

  5. 元素占いはいかが?

    最近ではケータイなどでも見られる軽めのコンテンツが沢山でき、一昔前と違ってネ…

  6. 国武 豊喜 Toyoki Kunitake

  7. 藤嶋 昭 Akira Fujishima

  8. 2007年秋の褒章

  9. キャロライン・ベルトッツィ Carolyn R. Bertozzi

  10. メントール /menthol

  11. ポリメラーゼ連鎖反応 polymerase chain reaction

  12. キャリー・マリス Kary Banks Mullis

  13. 動的コンビナトリアル化学 Dynamic Combinatorial Chemistry

  14. プラテンシマイシン /platensimycin

  15. ノルゾアンタミン /Norzoanthamine

  16. アザジラクチンの全合成

スポンサー

ピックアップ記事

  1. 来年の応募に向けて!:SciFinder Future Leaders 2018 体験記
  2. BASFとはどんな会社?-2
  3. 有機合成化学 vs. 合成生物学 ― 将来の「薬作り」を席巻するのはどっち?
  4. 金属スカベンジャーを試してみた
  5. 近傍PCET戦略でアルコキシラジカルを生成する
  6. SciFinderマイスター決定!
  7. アビー・ドイル Abigail G. Doyle

注目情報

最新記事

アンモニアの安全性あれこれ

アンモニア利用で管理は重要な事項ですが、「臭いし、たくさん吸い込んだらやばそう」ってイメージくらいし…

金ナノクラスター表面の自己組織化単分子膜を利用したテトラセンの高効率一重項分裂とエネルギー変換機能

第231回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学 羽曾部研究室 で専任講師を務められている酒井 隼…

ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバルヘルスに貢献する天然物化学の新潮流 ~

お申込み・詳細はこちら開催日時2019年12月10日(火)13:00~17:30(開場 …

微小な前立腺がんを迅速・高感度に蛍光検出する

第231回のスポットライトリサーチは、河谷稔さんにお願い致しました。河谷さんが研究を実施され…

有機合成化学協会誌2019年11月号:英文版特集号

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年11月号がオンライン公開されました。…

PAGE TOP