[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

  1. バリー・シャープレス Karl Barry Sharpless

    カール・バリー・シャープレス(Karl Barry Sharpless、1941年4月28日(米国,フィラデルフィア)-)は、アメリカの有機化学者である。現在、米国スクリプス研究所・化学系教授。2001年に「触媒的不斉酸化反応の開発」の…

  2. Appel反応を用いるホスフィンの不斉酸化

    Synthesis of P-Stereogenic Phosphorus Compounds.…

  3. ジャン=マリー・レーン Jean-Marie Lehn

    ジャン=マリー・レーン(Jean-Marie Lehn, 1939年9月30日(フランス・ロスハイム…

  4. 田中耕一 Koichi Tanaka

    田中耕一(たなか こういち、1959年8月3日- )は、日本の化学者・エンジニアである。島津製作所フ…

  5. DNAに電流通るーミクロの電子デバイスに道

    細胞の核にあり、遺伝情報を担うDNA(デオキシリボ核酸)の中を電流が流れることを、大阪大産業科学研究…

  6. ガボール・ソモライ Gabor A. Somorjai

  7. アイルランドに行ってきた②

  8. アイルランドに行ってきた①

  9. むずかしいことば?

  10. ピンナ酸の不斉全合成

  11. ペプチド触媒で不斉エポキシ化を実現

  12. タミフルの新規合成法・その2

  13. Natureが査読無しの科学論文サイトを公開

  14. タミフルの新規合成法

  15. フラーレンの単官能基化

  16. 抗生物質の話

スポンサー

ピックアップ記事

  1. L・スターンバック氏死去 精神安定剤開発者
  2. 芳香族求核置換反応 Nucleophilic Aromatic Substitution
  3. ChemSketchで書く簡単化学レポート
  4. e.e., or not e.e.:
  5. テトラセノマイシン類の全合成
  6. カーボンナノチューブを有機色素で染めて使う新しい光触媒技術
  7. 植物の受精効率を高める糖鎖「アモール」の発見

注目情報

最新記事

2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る

グリニャール試薬とスルフィニルアミンを用いたスルホンジイミン合成が達成された。爆発性物質、臭気性物質…

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

PAGE TOP