[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

  1. 演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで

    内容東大薬学部の福山透先生を中心に、有機合成化学協会の編さんによる、反応機構の矢印の書き方を訓練するための演習書です。 (さらに…)…

  2. 有機化学美術館へようこそ―分子の世界の造形とドラマ

    内容分子の姿を視覚的に楽しみながら,身の周りにある化合物から最先端…

  3. 化学するアタマ―論理的思考力を鍛える本

    内容化学を学ぶには、自ら問題を提起し、批判的かつ創造的に考え、適切…

  4. みんな大好きBRAINIAC

    BRAINIACというテレビ番組をご存じでしょうか?イギリスで絶賛放送中の、いろんな科学実験を行…

  5. アミン存在下にエステル交換を進行させる触媒

    エステルは香料や医薬品などの部分構造として重要です。合成法としてのエステル交換は様々な酸触媒によって…

  6. 不斉アリル位アルキル化反応を利用した有機合成

  7. アジリジンが拓く短工程有機合成

  8. 兵庫で3人が農薬中毒 中国産ギョーザ食べる

  9. カーボンナノチューブ /carbon nanotube (CNT)

  10. 黒よりも黒い? 「最も暗い」物質 米大学チーム作製

  11. 細菌ゲノム、完全合成 米チーム「人工生命」に前進

  12. 2008年ウルフ賞受賞者発表

  13. イレッサ /iressa (gefitinib)

  14. ディスコデルモライド /Discodermolide

  15. コールドスプレーイオン化質量分析法 Cold Spray Ionization Mass Spectrometry (CSI-MS)

  16. デイヴィッド・マクミラン David W. C. MacMillan

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ドライアイスに御用心
  2. メタンハイドレートの化学 ~その2~
  3. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研に与えられる
  4. クロム光レドックス触媒を有機合成へ応用する
  5. フラーレン:発見から30年
  6. 細胞の分子生物学/Molecular Biology of the Cell
  7. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(5)

注目情報

最新記事

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

PAGE TOP