[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

  1. Purification of Laboratory Chemicals

    内容本書は化合物の精製法に関するほぼ唯一の成書です。市販の市販有機・無機・生化学化合物を精製するための、何千もの文献手法をまとめてあります。 (さらに…)…

  2. ヘゲダス遷移金属による有機合成

    内容本書は、コロラド州立大学大学院や製薬企業などで最近教えたシ…

  3. Comprehensive Organic Transformations: A Guide to Functional Group Preparations

    内容化学変換・合成手法の百科事典とも言うべき書。数万も…

  4. Classics in Total Synthesis

    内容本書は、すべての合成化学者必携の参考書。明快で見事な解説技巧により、優れた合…

  5. 生物活性物質の化学―有機合成の考え方を学ぶ

    内容低分子量の生物活性物質、とくにホルモンとフェロモンについて、合…

  6. 有機合成のナビゲーター

  7. 有機金属反応剤ハンドブック―3Liから83Biまで

  8. 有機合成のための触媒反応103

  9. Dead Ends And Detours: Direct Ways To Successful Total Synthesis

  10. Greene’s Protective Groups in Organic Synthesis

  11. 有機合成創造の軌跡―126のマイルストーン

  12. 人名反応に学ぶ有機合成戦略

  13. 研究室で役立つ有機実験のナビゲーター―実験ノートのとり方からクロマトグラフィーまで

  14. Organic Synthesis Workbook

  15. 演習で学ぶ有機反応機構―大学院入試から最先端まで

  16. 有機化学美術館へようこそ―分子の世界の造形とドラマ

スポンサー

ピックアップ記事

  1. フラーレンの中には核反応を早くする不思議空間がある
  2. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!①
  3. 芳香族性に関する新概念と近赤外吸収制御への応用
  4. 1,3-ジエン類のcine置換型ヘテロアリールホウ素化反応
  5. アンソニー・アルジュンゴ Anthony J. Arduengo, III
  6. ヴィドマン・ストーマー シンノリン合成 Widman-Stoermer Cinnoline Synthesis
  7. Purification of Laboratory Chemicals

注目情報

最新記事

生体分子反応を制御する: 化学的手法による機構と反応場の解明

(さらに…)…

第一手はこれだ!:古典的反応から最新反応まで2 |第7回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

メルクがケムステVシンポに協賛しました

第3回が終わり、来週は第4回となるケムステVシンポ。大変ご好評をいただいており、各所から応援メッセー…

多孔質ガス貯蔵のジレンマを打ち破った MOF –質量でもよし、体積でもよし–

2020 年 Omar Farha らのグループは三角柱型 6 塩基酸配位子を用いて MOF を合成…

第三回ケムステVシンポ「若手化学者、海外経験を語る」開催報告

2020年5月23日(土) 10時より #ケムステVシンポ 「若手化学者、海外経験を語る」を開催しま…

PAGE TOP