[スポンサーリンク]


投稿者の記事一覧

cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

  1. 理系のための口頭発表術

    内容アメリカの大学生・研究者のバイブル、待望の日本語訳!  面白い発表とダメな発表はどこが違うのか?どんなにすばらしい研究成果をあげても、その発表がつまらなければすべてが台無しである。あ…

  2. ウォーレン有機化学

    内容イギリス・ヨーロッパ・北米の学部生向けに書かれた有機化学の教科書です。明解さと理…

  3. 有機反応の仕組みと考え方

    内容基礎から最新の反応の新理論までよくわかる!膨大な数の有機反応も単純な原理で説明が…

  4. 大学院講義 有機化学

    内容その名の通り、大学院生向けに書かれた上級有機化学の純国産教科書です。理論・金属・…

  5. 有機化学の理論―学生の質問に答えるノート

    内容有機化学を学び始めた学生が誤解しやすいことや、もっと突っ込んで考えて…

  6. まんがサイエンス

  7. 藤田 誠 Makoto Fujita

  8. メルマガ有機化学 (by 有機化学美術館) 刊行中!!

  9. 水素結合水H4O

  10. ペリ環状反応―第三の有機反応機構

  11. Essential細胞生物学

  12. 有機反応の立体選択性―その考え方と手法

  13. HOW TO 分子シミュレーション―分子動力学法、モンテカルロ法、ブラウン動力学法、散逸粒子動力学法

  14. すぐできる 量子化学計算ビギナーズマニュアル

  15. これならわかるNMR/二次元NMR

  16. これならわかる マススペクトロメトリー

スポンサー

ピックアップ記事

  1. ノーベル化学賞2011候補者一覧まとめ
  2. 山本嘉則 Yoshinori Yamamoto
  3. 有機EL、寿命3万時間 京セラ開発、18年春に量産開始
  4. トンネル効果が支配する有機化学反応
  5. 元素・人気記事ランキング・新刊の化学書籍を追加
  6. 光学活性ジペプチドホスフィン触媒を用いたイミンとアレン酸エステルの高エナンチオ選択的 [3+2] 環化反応
  7. コランヌレン : Corannulene

注目情報

最新記事

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

PAGE TOP