[スポンサーリンク]

ケムステしごと

株式会社ジーシーってどんな会社?

[スポンサーリンク]

株式会社ジーシーは歯科医療一筋に100年の歴史も持ち、歯科医療業界では国内NO.1のシェアを誇ります。材料分野・機械分野ともに開発・製造・販売できるメーカーはめずらしく、歯科医療全体を製品供給の立場から支えています。いち早く海外にも進出し、世界トップクラスのメーカーでもあります。

世界一の歯科企業への挑戦

弊社は世界トップレベルの高品質な歯科材料製品や人間工学に基づいた歯科用ユニットなどの開発・製造・販売までを手がける歯科医療総合機材メーカーです。材料分野・機械分野ともに開発・製造できるメーカーはめずらしく、歯科医療全体を製品開発と供給という面から支えています。創業から携わっている歯科材料分野においては国内トップシェアをキープしており、いち早く海外にも進出し世界でもトップグループに位置しています。

1921年に創業し、2021年に100周年をむかえました。1995年からVision経営を推進しており、現在は100周年を超えてその先をターゲットとするVision2031「健康長寿社会を実現する歯科界のリーディングカンパニーとなる」を掲げています。これを実現すべく、世界中の”なかま”と心を一つにして努力しています。

製造拠点だけではなく、開発拠点もヨーロッパ・アメリカ・中国に展開しており、100か国以上に製品を届けています。

新製品開発の拠点『R&Dセンター』

社是「施無畏」

弊社の精神的支柱である社是「施無畏」。継承され続けてきたその精神は、創業時の教訓から生まれました。
弊社の歴史の幕開けは、東京帝国大学を卒業した3名の熱き化学者によって成されます。当時輸入に頼りきっていた歯科材料に着目し、ヂーシー化学研究所(GC:General Chemical)を立ち上げます。しかし、第1号製品「スタンダードセメント」は彼らの自信を打ち砕く結果となりました。歯科医師より「使用に耐えない」と酷評されたのです。原因は明らかでした。彼らが自信を持って発売した製品は化学者の立場で作られたものであり、実際にそれを使用する人の立場、つまり歯科医師の先生方の立場を一切顧みなかったのです。ジーシーの歴史は失敗からのスタートとなりました。
使い手の立場を考えない結果失敗に終わった第1号製品を反省し、創業者の1人である中尾清が掲げたのが今も受け継がれる弊社の社是、「施無畏」です。

簡単に言うと「相手の立場にたってすべてを行う」ということ。皆さんも日常生活の中で「相手の立場にたって考える」ということは普通にされていると思います。しかし、施無畏は考えるだけでなく、行う、しかもすべて行うということ。自分の起こす行動、やることなすことすべてが自分のためではない第三者、誰かのための行動ということになります。研究開発、営業、生産、事務など職種にかかわらず、ジーシーで働くすべての社員は、「施無畏」を基本として行動することが求められます。利益の追求にとらわれるのではなく常に相手の立場を考え行動するという弊社の精神は、患者、歯科医師、ディーラーなど、弊社を取り巻くすべての人々に満足していただける企業であるために最も重要な要素なのです。いつかすべて行えるような人間になりたいと思って活動しているのが、我々ジーシー社員、そんな社員が集う会社がジーシーという会社です。
弊社では「施無畏」の教えを基に、お客様の立場に立ち、お客様からみた価値の実現を第一に考えた真の製品づくりを実践しています。

 

“なかま”の力が企業の源

弊社では、経営者と社員の区別はなく、働く全ての人々を“なかま(Associates)”と呼び、お互いを敬愛する“なかま”集団を形成しています。
企業の源は、資本の力ではなく、明るく活力にあふれた“なかま”の力であるという創業の精神を現在も引き継いでいるのです。
弊社で働く“なかま”は、歯科医療が人々のQOL(Quality Of Life : 生活の質)の向上に直接影響する「生きる力を支える医療」であることを認識し、世界の人々の口腔健康向上の願いに応える製品・サービス・情報を提供しています。

弊社は毎年記念式典を開催します。5年に一度は世界各国の“なかま”が集まり、大きな規模で開かれています。95周年記念式典の際は、1000名規模で創業95周年をお祝いしました。こういった社員全員での交流やコミュニケーションが行えるのも、“なかま”の会社の証です。

また、弊社には歯科に関する知識が全くない方たちを多く採用するため、様々な教育制度や研修制度を設けています。2週間の新入社員導入教育やジーシーの製造過程を学ぶ富士小山工場研修、歯科に関する知識を深めるデンタルカレッジなどがあります。その中で、同期の“なかま”と多くの時間を過ごすことができます。研修中に同期同士の仲が深まり、それぞれ研究所や営業等に配属されてからも、定期的に集まることが多々あります。

さらに、サッカー部やバドミントン部、山岳部などの部活動も多くあり、横のつながりだけでなく、先輩・後輩や部署をこえたつながりも大切にしています。

株式会社ジーシーの基本情報

会社名 株式会社ジーシー
本社所在地 東京都文京区本郷3-2-14
事業所 北海道、宮城県、東京都、静岡県、愛知県、大阪府、福岡県
事業内容 弊社は歯科医療器材のトップメーカーとして,歯科界ではなくてはならない存在。高品質な歯科材料・関連機器の開発・製造・販売を行い,「生きる力を支える医療」である歯科医療を支えています。世界中の人々の Quality of Life(生活の質)の向上に必要な歯の健康を守り,元気で長生きできる「健康長寿社会」の実現に貢献していきます。
 設立/創立 1921年2月11日
 資本金 9億5000万円
 売上高 1309億円(連結) ※2022年度実績
 従業員数 1,097名
 ホームページ http://www.gcdental.co.jp

2023年11月16日更新

関連情報

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. CO酸化触媒として機能する、“無保護”合金型ナノ粒子を担持した基…
  2. SciFinder Future Leaders 2017: プ…
  3. マテリアルズ・インフォマティクスに欠かせないデータ整理の進め方と…
  4. 6年越しで叶えた“海外と繋がる仕事がしたい”という夢
  5. 「リチウムイオン電池用3D炭素電極の開発」–Caltech・Gr…
  6. 無機物のハロゲンと有機物を組み合わせて触媒を創り出すことに成功
  7. 立体選択的な(+)-Microcladallene Bの全合成
  8. マイクロ波化学の事業化プラットフォーム 〜実証設備やサービス事例…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【基本編】
  2. 小さなケイ素酸化物を得る方法
  3. 逆生合成理論解析という手法を開発し、テルペン系類縁天然物 peniroquesine の難解な生合成機構の解明に成功
  4. 医薬各社、アルツハイマー病薬の開発進まず
  5. マニュエル・アルカラゾ Manuel Alcarazo
  6. 下嶋 敦 Shimojima Atsushi
  7. 世界の最新科学ニュース雑誌を日本語で読めるーNature ダイジェストまとめ
  8. 新たな要求に応えるために発展するフッ素樹脂の接着・接合技術
  9. 酵素を模倣した鉄錯体触媒による水溶液中でのメタンからメタノールへの選択的な変換を達成!
  10. コルチスタチン /Cortistatin

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

最新記事

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

【5月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 有機金属化合物 オルガチックスによる「密着性向上効果の発現(プライマー)」

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/05/15 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP