[スポンサーリンク]

ケムステしごと

株式会社ジーシーってどんな会社?

[スポンサーリンク]

株式会社ジーシーは歯科医療一筋に99年の歴史も持ち、歯科医療業界では国内NO.1のシェアを誇ります。材料分野・機械分野ともに開発・製造・販売できるメーカーはめずらしく、歯科医療全体を製品供給の立場から支えています。いち早く海外にも進出し、世界トップクラスのメーカーでもあります。

世界一の歯科企業への挑戦

弊社は世界トップレベルの高品質な歯科材料製品や人間工学に基づいた歯科用ユニットなどの開発・製造・販売までを手がける歯科医療総合機材メーカーです。材料分野・機械分野ともに開発・製造できるメーカーはめずらしく、歯科医療全体を製品開発と供給という面から支えています。創業から携わっている歯科材料分野においては国内トップシェアをキープしており、いち早く海外にも進出し世界でもトップグループに位置しています。

1921年に創業し、2021年には100周年をむかえます。1995年からVision経営を推進しており、現在は来るべき100周年をターゲットとするVision2021「健康長寿社会に貢献する世界一の歯科企業への挑戦」を掲げています。これを実現すべく、世界中の“なかま”と心を一つにして努力しています。
製造拠点もヨーロッパ・アメリカ・中国・インドと展開しており、100か国以上に製品を届けています。

新製品開発の拠点『R&Dセンター』

 

社是「施無畏」

弊社の精神的支柱である社是「施無畏」。継承され続けてきたその精神は、創業時の教訓から生まれました。
弊社の歴史の幕開けは、東京帝国大学を卒業した3名の熱き化学者によって成されます。当時輸入に頼りきっていた歯科材料に着目し、ヂーシー化学研究所(GC:General Chemical)を立ち上げます。しかし、第1号製品「スタンダードセメント」は彼らの自信を打ち砕く結果となりました。歯科医師より「使用に耐えない」と酷評されたのです。原因は明らかでした。彼らが自信を持って発売した製品は化学者の立場で作られたものであり、実際にそれを使用する人の立場、つまり歯科医師の先生方の立場を一切顧みなかったのです。ジーシーの歴史は失敗からのスタートとなりました。
使い手の立場を考えない結果失敗に終わった第1号製品を反省し、創業者の1人である中尾清が掲げたのが今も受け継がれる弊社の社是、「施無畏」です。

簡単に言うと「相手の立場にたってすべてを行う」ということ。皆さんも日常生活の中で「相手の立場にたって考える」ということは普通にされていると思います。しかし、施無畏は考えるだけでなく、行う、しかもすべて行うということ。自分の起こす行動、やることなすことすべてが自分のためではない第三者、誰かのための行動ということになります。研究開発、営業、生産、事務など職種にかかわらず、ジーシーで働くすべての社員は、「施無畏」を基本として行動することが求められます。利益の追求にとらわれるのではなく常に相手の立場を考え行動するという弊社の精神は、患者、歯科医師、ディーラーなど、弊社を取り巻くすべての人々に満足していただける企業であるために最も重要な要素なのです。いつかすべて行えるような人間になりたいと思って活動しているのが、我々ジーシー社員、そんな社員が集う会社がジーシーという会社です。
弊社では「施無畏」の教えを基に、お客様の立場に立ち、お客様からみた価値の実現を第一に考えた真の製品づくりを実践しています。

 

“なかま”の力が企業の源

弊社では、経営者と社員の区別はなく、働く全ての人々を“なかま(Associates)”と呼び、お互いを敬愛する“なかま”集団を形成しています。
企業の源は、資本の力ではなく、明るく活力にあふれた“なかま”の力であるという創業の精神を現在も引き継いでいるのです。
弊社で働く“なかま”は、歯科医療が人々のQOL(Quality Of Life : 生活の質)の向上に直接影響する「生きる力を支える医療」であることを認識し、世界の人々の口腔健康向上の願いに応える製品・サービス・情報を提供しています。

弊社は毎年記念式典を開催します。5年に一度は世界各国の“なかま”が集まり、大きな規模で開かれています。95周年記念式典の際は、1000名規模で創業95周年をお祝いしました。こういった社員全員での交流やコミュニケーションが行えるのも、“なかま”の会社の証です。

また、弊社には歯科に関する知識が全くない方たちを多く採用するため、様々な教育制度や研修制度を設けています。2週間の新入社員導入教育やジーシーの製造過程を学ぶ富士小山工場研修、歯科に関する知識を深めるデンタルカレッジなどがあります。その中で、同期の“なかま”と多くの時間を過ごすことができます。研修中に同期同士の仲が深まり、それぞれ研究所や営業等に配属されてからも、定期的に集まることが多々あります。

さらに、サッカー部やバドミントン部、山岳部などの部活動も多くあり、横のつながりだけでなく、先輩・後輩や部署をこえたつながりも大切にしています。

株式会社ジーシーの基本情報

会社名 株式会社ジーシー
本社所在地 東京都文京区本郷3-2-14
事業所 北海道、宮城県、東京都、静岡県、愛知県、大阪府、福岡県
事業内容 弊社は歯科医療器材のトップメーカーとして,歯科界ではなくてはならない存在。高品質な歯科材料・関連機器の開発・製造・販売を行い,「生きる力を支える医療」である歯科医療を支えています。世界中の人々の Quality of Life(生活の質)の向上に必要な歯の健康を守り,元気で長生きできる「健康長寿社会」の実現に貢献していきます。
 設立/創立 1921年2月11日
 資本金 9億5000万円
 売上高 連結 1,156億円  /  単体 706億円(2019年9月期)
 従業員数 1,070名
 ホームページ http://www.gcdental.co.jp

関連情報

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. コラボリー/Groups(グループ):サイエンスミートアップを支…
  2. オペレーションはイノベーションの夢を見るか? その3+まとめ
  3. 論文投稿・出版に役立つ! 10の記事
  4. ケムステも出ます!サイエンスアゴラ2013
  5. 電気化学の力で有機色素を自在に塗布する!
  6. ワムシが出す物質でスタンする住血吸虫のはなし
  7. ICMSE International Conference o…
  8. 有機合成化学協会誌2018年3月号:π造形科学・マグネシウムカル…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ハートウィグ有機遷移金属化学
  2. 創薬人育成サマースクール2019(関東地区) ~くすりを創る研究の醍醐味を知る!~
  3. 中村 浩之 Hiroyuki Nakamura
  4. NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化
  5. M.G.フィン M. G. Finn
  6. 天然階段状分子の人工合成に成功
  7. 新奇蛍光分子トリアザペンタレンの極小蛍光標識基への展開
  8. EU、玩具へのフタル酸エステル類の使用禁止
  9. アズレンの蒼い旅路
  10. アルミニウム-ポルフィリン錯体を用いる重合の分子量制御

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2020年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

注目情報

最新記事

湾曲したパラフェニレンで繋がれたジラジカルの挙動  〜湾曲効果による電子スピン状態の変化と特異性〜

第342回のスポットライトリサーチは、広島大学大学院 先進理工系科学研究科・宮澤友樹 さんにお願いし…

第165回―「光電変換へ応用可能な金属錯体の開発」Ed Constable教授

第165回の海外化学者インタビューは、エドウィン(エド)・コンステイブル教授です。バーゼル大学化学科…

MEDCHEM NEWSと提携しました

「くすり」に関係する研究者や技術者が約1万7専任が所属する日本薬学会。そ…

抗体を液滴に濃縮し細胞内へ高速輸送:液-液相分離を活用した抗体の新規細胞内輸送法の開発

第341回のスポットライトリサーチは、京都大学 薬学研究科(二木研究室)博士後期課程1年の岩田恭宗さ…

革新的なオンライン会場!「第53回若手ペプチド夏の勉強会」参加体験記

夏休みも去って新学期も始まり、研究者としては科研費申請に忙しい時期ですね。学会シーズン到来の足音も聞…

実験手袋をいろいろ試してみたーつかいすてから高級手袋までー

前回は番外編でしたが、試してみたシリーズ本編に戻ります。引き続き実験関係の消耗品…

第164回―「光・熱エネルギーを変換するスマート材料の開発」Panče Naumov教授

第164回の海外化学者インタビューは、パンチェ・ナウモフ教授です。大阪大学大学院工学研究科 生命先端…

SNS予想で盛り上がれ!2021年ノーベル化学賞は誰の手に?

今年もノーベル賞シーズンの到来です!化学賞は日本時間 10月6日(水) 18時45分に発表です。昨年…

カーボンナノチューブ薄膜のSEM画像を生成し、物性を予測するAIが開発される

先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)、日本ゼオンは産業技術総合研究所(AIST)と共同で、NE…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2021年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある、存命化学者」をリストアップし…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP