[スポンサーリンク]

一般的な話題

化学に耳をすませば

 

こんにちは。だんだん暑くなってまいりましたがいかがお過ごしでしょうか。

 

私は、暑くなったせいか、あるいは研究が思うように進まないせいか、ついつい夜中にボーッとしてしまうことが多くなってきました。気分転換に映画なんか眺めていて、ふと思ったことをここでつぶやいてみようかと思います。

自分の信じるとおりやってごらん

でもな 人と違う生き方はそれなりにしんどいぞ

何が起きても誰のせいにもできないからね

何の映画を見ていたかはタイトルからご察しの通りです。

物語を書くことを決心した主人公。夢に向かって努力する一方、学校の成績は大幅にダウン。上述のセリフは、そんな主人公に対する父親の一言です。

研究は、基本的には誰もやったことがないことにトライします。ですので各個人が「人と違った生き方」をしているんだなぁとふと思いました。そして、「何が起きても誰のせいにもできない」のだなと。人によっては上司から言われたことを、ただただ言われた通りに実験しているだけかもしれません。しかし、仮にそうであっても自分の研究は自分の責任で行うべきだと思うのです。

 

(主人公の)母 「それからごはんの時はちゃんと顔を出しなさい」

父 「そうだ 家族なんだからね」

映画では最後に、こんなやりとりも。研究は自分の責任。ですが、それ以外の時は同僚は仲間。悩みを相談したりしながら協力してやっていける、そんな環境を作れたらなぁ、なんてことを思いました。

なんだかあまりピンとこない話だったかもしれませんが、最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

The following two tabs change content below.
らぱ

らぱ

現在、博士課程にて有機合成化学を学んでいます。 特に、生体分子を模倣した超分子化合物に興味があります。よろしくお願いします。
らぱ

最新記事 by らぱ (全て見る)

関連記事

  1. 多成分反応で交互ポリペプチドを合成
  2. 日本のお家芸、糖転移酵素を触媒とするための簡便糖ドナー合成法
  3. 有機反応を俯瞰する ーエノラートの発生と反応
  4. 抗ガン天然物インゲノールの超短工程全合成
  5. ゴキブリをバイオ燃料電池、そしてセンサーに
  6. 喜多氏新作小説!『美少女教授・桐島統子の事件研究録』
  7. カーボン系固体酸触媒
  8. 目指せ!フェロモンでリア充生活

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 元素検定にチャレンジせよ!
  2. 化学五輪、日本代表4人の高校生が「銅」獲得
  3. 第六回 多孔質材料とナノサイエンス Mike Zaworotko教授
  4. シモンズ・スミス反応 Simmons-Smith Reaction
  5. ヒアリの毒素を正しく知ろう
  6. 2004年ノーベル化学賞『ユビキチン―プロテアソーム系の発見』
  7. 有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 2
  8. 元素周期 萌えて覚える化学の基本
  9. インフルエンザ治療薬「CS‐8958」、09年度中にも国内申請へ
  10. 論文執筆で気をつけたいこと20(2)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

分子で作る惑星、その名もナノサターン!

2018年、東工大の豊田真司先生らによって、まるで土星を型どったような分子の合成が報告された。フラー…

磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

磯部寛之(いそべひろゆき、1970年11月9日–東京都生まれ)は日本の有機化学者である。東京大学理学…

死海付近で臭素が漏洩

イスラエル警察は死海付近の向上から臭素が漏れだしたことを明らかにし、付近住民に自宅にとどまるよう呼び…

光触媒反応用途の青色LED光源を比較してみた

巷で大流行の可視光レドックス触媒反応ですが、筆者のラボでも活用するようになりました。しかし経…

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP