[スポンサーリンク]

一般的な話題

ケムステSlack、開設二周年!

[スポンサーリンク]

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二年が経過しました!

(Slackって何?という方はこちらを参考にしていただければ幸いです。参加方法も紹介されています。)

この記事では、主にこの一年間の変化を振り返ってみたいと思います。

全般的な振り返りと感想

参加登録者も今や2500人を超えました。また、ケムステSlackの中で、開設されてから今までに実に約4万回のメッセージがやり取りされているようです。アクティブユーザー数(一週間以内にログインした人の数)もコンスタントに500-600人を維持しており、毎日ログインしているコアアクティブユーザーも300人くらいです。在宅勤務を強いられなくなった今でもこれだけの数のアクティブユーザーが維持されているのは、特筆に値するかと思っています。

投稿者は最近はケムステスタッフが中心になっていますが、様々な方が思い思いのタイミングで投稿しています。基本落ち着いた雰囲気の中、時折アツく議論が展開されるというアカデミック特有の雰囲気がベースとして流れている感じです。

#a01_お知らせ_新着記事 のチャンネルにはケムステ記事更新時にリンクが投稿されるので、見逃さないのも地味に便利です。正直このためだけにケムステSlackに登録するのも悪くないかも。

ケムステスタッフを中心として、広い意味での化学者を身近に感じることができるオンラインコミュニティとしての軌道に乗りつつあると感じています。

ケムステSlackの良さ、個人的には色々感じているのですが、こちらの記事では以下3点紹介したいと思います!

ケムステSlackのここがすごい!① 他ではなかなかできない化学の専門的な質問・議論ができる

一番盛り上がっていることが多いのは、やはりサイエンティフィックな議論です。 #a04_質問 チャンネルには比較的活発に質問が投稿され、さまざまな議論が交わされています。ラジカル重合のコツは? アミノ基が消光に寄与するのは何故? などといった専門性の高い化学の質問も参考になる回答を貰えてしまうのは、さすが化学のコミュニティと思わせられます。この質問チャンネルのやり取りをベースに記事体で紹介する、ケムステSlackに訊いてみたシリーズもせひご参考にして下さい。

【ケムステSlackに訊いてみた①】有機合成を学ぶオススメ参考書を教えて!
【ケムステSlackに訊いてみた②】化学者に数学は必要なのか?
【ケムステSlackに訊いてみた③】化学で美しいと思うことを教えて!
【ケムステSlackに訊いて見た④】化学系学生の意外な就職先?
【ケムステSlackに訊いてみた⑤】再現性が取れなくなった!どうしてる?

また、分野別チャンネルでも時折ディープな議論が展開されています。例えば、この間は光化学の専門用語の是非に関して、多数の一線で活躍されている研究者が闊達に意見交換してされたりもしています。

もちろん質問によっては回答が難しくて回答がつかない場合もありますが、他にはない化学の専門性といった強みを持っているのは改めてすごい!と言えるポイントだと思います。横からやり取りを見ているだけでも勉強になったり、モチベーションが上がったりといった効用も期待できます!

ケムステSlackのここがすごい!② 異常に充実したオリジナルカスタムスタンプ

私は現在約20個のSlackワークスペースに所属しているのですが、ケムステSlackは中でも圧倒的にオリジナルスタンプが充実しています。非常に個性的、かつ楽しくなるようなスタンプがたくさん。動くスタンプもかなり多いです。

特に、全元素のスタンプが揃っているのは圧巻です! 原子番号を入れれば、対応したスタンプが見つかるようになっています。

しかも、ご覧の通りどれもデザインが凝っていてクオリティが高い。普通にすごいと思います。化学をこよなく愛する、とあるケムステSlackのユーザーの方のご協力の賜物です。

ケムステSlackのここがすごい!③ 多種多様なチャンネル

得たい情報を選べるようにということで、Slackのチャンネル機能を利用しています。

ケムステSlackに入ると、以下の10チャンネル(aで始まるチャンネル)にはデフォルトで登録されます。

#a01_お知らせ_新着記事, #a02_目安箱, #a03_雑談, #a04_質問, #a05_気になるニュース, #a06_気になる論文, #a07_学会イベント情報, #a08_求人情報, #a09_奨学金_研究費_賞, #a10_自己紹介

このうち、#a01以外は、ユーザーの意思でチャンネルを抜けることもできます。また、チャンネルごとに通知設定もできるので、利用スタイルに応じてうまく設定していただければ幸いです。

また、参加者からの希望で新たなチャンネル設立を受けるという方針でチャンネルを増やしてきました。

化学に関連しているけどちょっと周辺であるような話題はbチャンネルとして分類しています。2021年7月30日現在、以下のチャンネルが登録されています。

#b01_科学技術_ビジネス化, #b02_海外留学, #b03_本日の課題, #b04_diy化学, #b05_化学英語, #b06_化学教育, #b07_オープンサイエンス, #b08_コロナ対応, #b09_化学史, #b10_化学産業_企業, #b11_おすすめの一冊, #b12_科学コミュニケーション, #b13_就活情報, #b14_特許, #b15_化学プレゼン_発表_動画

また、cチャンネルは学術分野別チャンネルです。

#c01_光化学, #c02_機械学習_人工知能, #c03_ニューモダリティ, #c04_数学, #c05_有機金属_錯体化学, #c06_高分子化学, #c07_ケミカルバイオロジー, #c08_天然物化学, #c09_有機無機ハイブリッド, #c10_光触媒, #c11_創薬化学, #c12_分析化学

あと、相変わらず一つだけですが、地域特化のdチャンネルもあります。

#d01_九州

dチャンネルは管理人が九州なので試験的に作ってみたのですが、他の地域が続かずぼっちチャンネルになってます。苦笑

どんな投稿をするかですって? それはもう本当に自由です。この間は九大のすぐそばの海岸でサメが出たというニュースを共有しました。

こんな投稿でも、共感のスタンプがもらえると嬉しいものです。是非皆さん、思い思いのチャンネルに参加して気軽に投稿してみて下さい!

左のサイドバーから、「チャンネル」の横にある+をクリックすると、チャンネルの一覧が見れます。興味を持てるチャンネルがあれば、是非参加してください! チャンネルの探し方、こちらの記事では絵付きで詳しく書いていますので、ご参照ください。

最後に

まだ引きずりそうなコロナ禍の中でWebベースの知の探究の重要が大きくなってきた今だからこそ、ますます良い交流の場にできればと考えています。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

Slackというサービス自体の知名度も上がって来て、どこかで何かのSlackに一つくらいは入っているという方も多いのではと思います。ちょっと興味湧いてきたという方、是非あなたのSlackワークスペースのライブラリの一つにケムステSlackもどうぞ! 

Slackに慣れている人も興味はあるがまだという人も、まずはこちらのケムステSlack開設時の記事や、一周年記念の記事を見てみてください。一緒に化学を楽しみ、盛り上げる仲間になっていただけると嬉しいです!

ケムステSlack参加はこちら

関連リンク

  1. 日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!
  2. ケムステSlack、開設一周年!
  3. Slack
  4. 【完全初心者向け!】コミュニケーションツールSlack(スラック)の使い方
  5. ケムステ過去記事:化学系ラボでSlackを使ってみた

spectol21

投稿者の記事一覧

ニューヨークでポスドクやってました。今は旧帝大JK。専門は超高速レーザー分光で、分子集合体の電子ダイナミクスや、有機固体と無機固体の境界、化学反応の実時間観測に特に興味を持っています。

関連記事

  1. 生体組織を人工ラベル化する「AGOX Chemistry」
  2. 東大、京大入試の化学を調べてみた(有機編)
  3. ケージ内で反応を進行させる超分子不斉触媒
  4. ケムステ国際版・中国語版始動!
  5. 秋の味覚「ぎんなん」に含まれる化合物
  6. 2つの異なるホウ素置換基が導入された非共役ジエンの触媒的合成と細…
  7. エステルからエーテルへの水素化脱酸素反応を促進する高活性固体触媒…
  8. フリーラジカルの祖は一体誰か?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. スタンリー・ウィッティンガム M. S. Whittingham
  2. 無保護アミン類の直接的合成
  3. 米FDA立て続けに抗肥満薬承認:Qsymia承認取得
  4. ホウ素は求電子剤?求核剤?
  5. 第70回―「ペプチドの自己組織化現象を追究する」Aline Miller教授
  6. アイルランド・クライゼン転位 Ireland-Claisen Rearrangement
  7. 分子マシンー2016年ノーベル化学賞より
  8. Reaxys PhD Prize 2020募集中!
  9. 鈴木 章 Akira Suzuki
  10. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦(解答編)

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

注目情報

注目情報

最新記事

複雑なモノマー配列を持ったポリエステル系ブロックポリマーをワンステップで合成

第445回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学研究院 応用化学部門 高分子化学研究室(…

河崎 悠也 Yuuya Kawasaki

河崎 悠也 (かわさき ゆうや) は、日本の有機化学者。九州大学先導物質化学研究所 …

研究者1名からでも始められるMIの検討-スモールスタートに取り組む前の3つのステップ-

開催日:2022/12/07  申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の…

吉田 優 Suguru Yoshida

 吉田 優(よしだ すぐる)は、日本の化学者。専門は、有機合成化学、ケミカルバイオロジー。2…

小山 靖人 Yasuhito Koyama

小山 靖人(こやま やすひと)は、日本の有機化学者。富山県立大学工学部医薬品工学…

ポンコツ博士の海外奮闘録XIV ~博士,釣りをする~

シリーズ累計20話!!タイトルの○数字がなくなりました。節々の回は出来る限り実験ネタや個人的なグッと…

定型抗精神病薬 「ピモジド」の化学修飾により新規難治性疼痛治療薬として極めて有望な化合物の創製に成功

第444回のスポットライトリサーチは、近畿大学大学院 薬学研究科 薬学専攻 病態薬理学研究室の笠波 …

【好評につきリピート開催】マイクロ波プロセスのスケールアップ〜動画で実証設備を紹介!〜 ケミカルリサイクル、乾燥炉、ペプチド固相合成、エステル交換、凍結乾燥など

<内容>マイクロ波プロセスのスケールアップがどのように実現されるか、実証設備の動画も交えてご紹介…

三井化学、DXによる企業変革の成果を動画で公開

三井化学株式会社は、常務執行役員 CDO 三瓶 雅夫による、三井化学グループ全社でのDX推進の取り組…

消光団分子の「ねじれ」の制御による新たな蛍光プローブの分子設計法の確立

第443回のスポットライトリサーチは、東京大学薬学部/大学院薬学系研究科 薬品代謝化学教室に在籍され…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP