[スポンサーリンク]

archives

細胞代謝学術セミナー全3回 主催:同仁化学研究所

[スポンサーリンク]

細胞代謝研究をテーマに第一線でご活躍されている先生方をお招きし、同仁化学研究所主催の学術セミナーを全3回で開催いたします。ご専門の方はもちろん、これから実験を始める予定の研究者様や学生の方々にも有意義なセミナーになると考えております。​​​​参加費は無料ですのでお気軽にご参加ください。

【講演内容】

第1回 瘍浸潤リンパ球におけるミトコンドリア代謝異常の解明
・日程: 2023年12月11日(月) 講演時間 16:00 – 17:00
・講師:岡山大学 学術研究院医歯薬学域(医学系) 教授 冨樫 庸介 先生
第2回 細胞老化・個体老化に伴う代謝レジリエンス変容機構とその応用
・日程: 2023年12月13日(水) 講演時間 16:00 – 17:00
・講師:京都大学医学部付属病院 高齢者医療ユニット長 地域ネットワーク医療部 准教授 近藤 祥司 先生
第3回 転写・エピゲノムから見た代謝制御
・日程: 2024年1月24日(水) 講演時間 16:00 – 17:00
・講師:秋田大学大学院医学系研究科 病態制御医学系 分子機能学・代謝機能学講座 教授 松村 欣宏 先生

申込方法:

ボタン・ボタンリンク:申し込みはこちら

詳細・お申し込みはこちら

【関連のお役立ち情報】

これからはじめる 細胞内代謝:各種疾患と代謝指標の関連性など学術情報が充実

▶これからはじめる 細胞老化検出細胞老化関連の学術情報と試薬選択ガイドを掲載

▶これからはじめる ミトコンドリア研究:各種疾患との関連性やミトコンドリア研究用試薬の比較をご紹介

▶アカデミックキャンペーン【アカデミア限定】(~2/29まで):細胞代謝関連など細胞機能解析製品をキャンペーン価格にてお届け!

▶エクソソームトライアルキャンペーン(~1/31まで):エクソソーム関連製品をキャンペーン価格にてお届け!

お問合せ先:

 

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 化学エンターテイメント小説第3弾!『ラブ・リプレイ』
  2. アルツハイマー病の大型新薬「レカネマブ」のはなし
  3. ルイス酸添加で可視光レドックス触媒の機構をスイッチする
  4. 化学エネルギーを使って自律歩行するゲル
  5. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり : ② 「ポ…
  6. 第31回Vシンポ「精密有機構造解析」を開催します!
  7. ベンゾ[1,2-b:4,5-b’]ジチオフェン:Be…
  8. フェニル酢酸を基質とするC-H活性化型溝呂木-Heck反応

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 分子機械を組み合わせてアメーバ型分子ロボットを作製
  2. これで日本も産油国!?
  3. 世界の中心で成果を叫んだもの
  4. 化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する
  5. 酵素触媒反応の生成速度を考えるー阻害剤入りー
  6. カルノシン酸 : Carnosic Acid
  7. 未来切り拓くゼロ次元物質量子ドット
  8. 【緊急】化学分野における博士進学の意識調査
  9. 野依さん講演を高速無線LAN中継、神鋼が実験
  10. カルボニル基の保護 Protection of Carbonyl Group

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2023年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

注目情報

最新記事

“見た目はそっくり、中身は違う”C-グリコシド型擬糖鎖/複合糖質を開発

第598回のスポットライトリサーチは、九州大学大学院薬学府(平井研究室)博士後期課程3年の森山 貴博…

触媒化学との「掛け算」によって展開される広範な研究

前回の記事でご紹介したとおり、触媒化学融合研究センター(触媒センター)では「掛け…

【Q&Aシリーズ❸ 技術者・事業担当者向け】 マイクロ波プロセスのスケールアップについて

<内容>※本セミナーは、技術者および事業担当者向けです。今年に入って全3回に…

「産総研・触媒化学融合研究センター」ってどんな研究所?

2013年に産総研内に設立された触媒化学融合研究センターは、「触媒化学」を中心に据えつつ、他分野と「…

低い電位で多電子移動を引き起こす「ドミノレドックス反応」とは!?

第597回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院 有機化学第一研究室(鈴木孝紀研)の…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける回帰手法の基礎

開催日:2024/03/06 申込みはこちら■開催概要マテリアルズ・インフォマティクスを…

フッ素の特性が織りなす分子変換・材料化学(CSJカレントレビュー:47)

(さらに…)…

日本薬学会第144回年会「有機合成化学の若い力」を開催します!

卒業論文などは落ち着いた所が多いでしょうか。入試シーズンも終盤に差し掛かり、残すところは春休…

ホウ酸団子のはなし

Tshozoです。暇を見つけては相変わらず毎日ツイッターでネタ探しをしているのですが、その中で下…

活性酸素を効率よく安定に生成できる分子光触媒 〜ポルフィリンと分子状タングステン酸化物を複合化〜

第596回のスポットライトリサーチは、東京大学 大学院工学系研究科(山口研究室)修士課程 2年の山口…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP