[スポンサーリンク]

ケムステしごと

【四国化成工業】新卒採用情報(2022卒)

[スポンサーリンク]

◆求める人財像:『使命感にあふれ、自ら考え挑戦する人財』

私たちが社員に求めるのは、「独創力」を武器に世界で活躍しようという高い意識と「使命感」を持つこと。そして、自分がやりたいことに、明るく元気に前向きに「挑戦」することです。四国化成では、成長したいと願う人に応える土壌が整っています。長期ビジョン「Challenge 1000」で掲げた「独創力で、“一歩先行く提案型”企業へ」を目指し、中長期的な視野に立って、従業員一人一人の強みや持ち味を生かした育成・活用を目指しています。
◆人とは違うことがやりたい!
◆とにかく有機合成が好き!
◆開発プロセス(市場対応、ラボ検討、スケールアップ試作)の全てに関わってみたい!
◆互いに切磋琢磨しながら、成長できる環境で働きたい!
◆若手のうちから大きな仕事に挑戦したい!
◆自分のアイデアを発信したい!
◆新しいことを学びたい!挑戦したい!

四国化成の研究開発現場の雰囲気を感じ取っていただく機会として、オンラインインターンシップを開催します。
研究部門の擬似開発会議を体験いただいたり、先輩社員の座談会や研究施設内の見学もできますので、ぜひご参加ください。

皆さんからのご応募をお待ちしています!

採用情報

募集職種 ・化学品研究開発
・製造技術
・プラントエンジニアリング
・品質保証
・建材商品の企画・開発
・技術営業
仕事内容 ◆研究開発
新規化合物の合成・製法検討。用途開発及びユーザーへのフォロー
◆製造技術
研究開発部門が開発した新規化合物を製造プラントで安定生産するためのプロセス開発やスケールアップ検討
◆プラントエンジニアリング
化学プラントの新設・改良・更新計画立案とその実施
◆品質保証
既存製品の品質確立、改善・改良とそれに伴う研究開発
◆技術営業
代理店およびメーカー購買部門・技術部門への企画提案型営業
応募資格 2022年3月大学卒業・大学院修了見込の方
勤務地 ・研究開発職→R&Dセンター(香川)、徳島工場(徳島)
・製造技術、プラントエンジニアリング、品質保証→丸亀工場(香川)、徳島工場(徳島)
・技術営業→幕張支社(千葉)、大阪支社(大阪)
勤務時間 勤務時間:8:20~17:00(香川・徳島)、9:00~17:40(その他地域)実働時間7時間40分
休日休暇:年間休日124日
完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始休暇、年次有給休暇、慶弔休暇他
給与 初任給:
【博士了】261,780円
【修士了】242,180円
【学部・専攻科卒】215,090円
【本科卒】192,340円
※別途、各種手当(通勤手当、食事手当 他)あります。
※試用期間3ヵ月/期間中、給与等条件面に違いはありません。
福利厚生 寮(使用料3,000円~/月)完備、法定外労災保険、従業員持株会制度、共済組合、互助会、財形貯蓄制度、住宅建設資金貸付制度、職場レクリエーション保護制度(年間最大6,000円)、クラブ補助制度、屋内禁煙(屋外喫煙所あり)
昇給・賞与 賞与:年2回(6月、12月) 6.0ヵ月(2019年実績)
昇給:年1回(4月)      2.06%(2019年実績)
諸手当 食事手当2,000円 他
休日休暇 年間休日124日
完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始休暇、年次有給休暇、慶弔休暇他
採用スケジュール 一月中下旬より応募受付開始

一次面接

技術面接・適正検査

最終面接

内々定※コロナウイルスの影響により、面接はオンラインでの開催予定です。
応募方法 リクナビ2022よりエントリーをお願いいたします。

エントリー後、詳細をご案内いたします。

直接下記連絡先にお問合せ頂いても問題ありません。

連絡先 四国化成工業株式会社 総務・人事部 人事課
〒763-8504 香川県丸亀市土器町東八丁目537番地1
採用フリーダイヤル:0120-459811

Email:skjinji@shikoku.co.jp

先輩社員情報

主に樹脂架橋剤や添加剤、モノマーなど、樹脂材料の開発を行っています。ほぼ全ての案件が新製品開発に関わる仕事であり、化合物の構想から最終的な製品化まで、一連の業務を幅広く担当しています。仕事の流れとしては、まずユーザーニーズの調査から始まり、新規化合物の構想、ラボでの合成検討を行います。その後、ユーザーへの製品提案が通れば、実機でのスケールアップを目指します。ラボで製法を検討し、実機試作を行う際には、工場と密に連携しながら反応時の立ち合い、製品分析など、すべての製造工程に関わります。さらに、製品化した後のユーザーフォローも行います。このように、ラボでの実験だけでなく、製品化に関する業務に一貫して関わることが特徴だと思います。
新製品開発を目指し、日々新しいことにチャレンジできることに、やりがいを感じます。とは言え、実際には思い通りにならず、行き詰まることも多々あります。しかし、失敗を基に新たな仮説を立て、検証することで、想定通りの結果が得られたときの喜びや達成感はとても大きいです。
大学院では、遷移金属触媒を用いた新規反応開発に取り組んでいました。入社後の業務では、コストや安全性、納期等、新たに意識しなければならない点はあるものの、ベースとなるのはやはり研究室での経験です。有機合成の知識はもちろんのこと、計画の立て方、研究の進め方、論理的な考え方など、研究室生活で得た知見の中で今の仕事に結びついていないことを探すことの方が難しいです。また、学生時代に一つのテーマを粘り強くやり抜いた経験が、困難な仕事にチャレンジする原動力になっていると感じています。
実際に入社し感じた四国化成の一番の魅力は、若いうちから様々な仕事を任せてもらえる点です。若手社員の発言、提案を積極的に受け入れる風通しの良さとともに、個人の自主性、やりたいことを尊重し、挑戦を後押ししてくれる風土があると実感しています。入社一年目の私の意見にもしっかり耳を傾けてくれ、足りない部分をサポートしてもらいながら、責任ある仕事を多く担当させてもらっています。早くから自分主体で仕事をしたい、スキルアップしたいと思う人には打ってつけの会社だと思います(化学品研究・開発 機能材料チーム 2020年度入社)。

四国化成工業の基本情報

会社名 四国化成工業株式会社
本社所在地 香川県丸亀市土器町東8丁目537番地1
事業所
  • 本社:香川県
  • R&Dセンター:香川県
  • 工場:香川県、徳島県
  • 事業所:仙台、幕張、静岡、名古屋、大阪、岡山、香川、福岡 他
事業内容 ■化学品事業 身近な商品の中間材料の開発・製造・販売等
ファインケミカル:5Gなど電子機器の進歩を支える樹脂改質剤
無機化成品:自動車等に使用されているラジアルタイヤの材料「不溶性硫黄」
有機化成品:塩素化イソシアヌル酸を原料とする殺菌・消毒剤「ネオクロール」
■建材事業 景観・住宅エクステリア商品、内外装・塗装材等の開発・製造・販売等
創業 1947年10月10日
 資本金 68億6,770万円
 売上高 515億6,400万円(2020年3月/連結)
 従業員数 660名(単体)、1,206名(連結)
 ホームページ https://www.shikoku.co.jp/

関連記事

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 最長のヘリセンをつくった
  2. 2011年イグノーベル賞決定!「わさび警報装置」
  3. 夏のお肌に。ファンデーションの化学
  4. Nitrogen Enriched Gasoline・・・って何…
  5. 複数のイオン電流を示す人工イオンチャネルの開発
  6. 美術品保存と高分子
  7. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり : ① 「ほ…
  8. 高電気伝導性を有する有機金属ポリイン単分子ワイヤーの開発

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 青いセレンディピティー
  2. 大塚国際美術館
  3. 天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–
  4. 有機合成化学協会の公式ページがリニューアル!!
  5. その反応を冠する者の名は
  6. ロバート・バーグマン Robert G. Bergman
  7. スティーブン・リパード Stephen J. Lippard
  8. 白い粉の正体は…入れ歯洗浄剤
  9. カーボンナノチューブをふりかえる〜Nano Hypeの狭間で
  10. 堀場雅夫 Masao Horiba  

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その9

Tshozoです。書いてると色々膨らんで収集がつかなくなりますね。ということで前回の続き。W…

創薬・医療系ベンチャー支援プログラム”BlockbusterTOKYO” ビジネスプラン発表会を開催!

東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社が運営するBlockbuster T…

酸化反応を駆使した(-)-deoxoapodineの世界最短合成

第294回のスポットライトリサーチは、吉田慶 博士にお願いしました。今回取り上げる研究は有機…

特許取得のための手続き

bergです。本記事では特許出願に必要な手続きについてかいつまんでご紹介します。皆さんの研究もひょっ…

「ソーシャルメディアを活用したスタートアップの価値向上」 BlockbusterTOKYO 2020 第9回 研修プログラムを実施!

Blockbuster TOKYOは東京都が主催し、Beyond Next Ventures株式会社…

カルボカチオンの華麗なリレー:ブラシラン類の新たな生合成経路

反応経路の自動探索によりセスキテルペンのトリコブラシレノールの新たな全生合成経路が提唱された。ト…

特許の効力と侵害

bergです。今回は知的財産権の代表格である特許権について、その効力と侵害された/侵害してしまったと…

光レドックス触媒反応 フォトリアクター Penn PhD Photoreactor M2をデモしてみた

いまや有機反応の開発に欠かせなくなった可視光反応場。多くの化学論文誌で毎週必ずいくつかみるほどですね…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP