[スポンサーリンク]

会告

第4回ICReDD国際シンポジウム開催のお知らせ

[スポンサーリンク]

計算科学,情報科学,実験科学の3分野融合による新たな化学反応開発に興味のある方はぜひご参加ください!

北海道大学化学反応創成研究拠点(WPI-ICReDD/アイクレッド)が毎年開催している国際シンポジウム ~Toward Interdisciplinary Research Guided by Theory and Calculation(理論と計算が導く学際的研究へ向けて)~ のお知らせです。

 

第4回目となる今回のプログラムでは,ICReDDにより昨年創設・発表された,化学反応開発において顕著な業績を挙げた研究者を表彰する「鈴木章賞」の授賞式・受賞者講演,ならびに2021年ノーベル化学賞を受賞したベンジャミン・リスト教授の招待講演と,大変著名な方々が登壇されますので,ご興味のある方は是非ともご参加くださいますよう,お待ちしております。

 

日本・北米・欧州をつないでの開催のため,日本では夜~早朝という時間帯での開催となりますが,すべての講演は終了後にオンデマンド配信をいたします。

 

加えて,シンポジウムウェブサイト内にてポスターセッションページが用意され,開催期間中はいつでもポスター発表をご覧いただけますので,皆さまのご都合に合わせてご参加ください。

開催概要

第4回ICReDD国際シンポジウム

 

日 時:3月12日(土)22時 ~ 3月14日(月)9時 [日本時間]

配 信:オンライン開催(各講演終了後,ウェブサイトにてオンデマンド配信)

参加費:無料

言 語:英語(通訳なし)

プログラム詳細はウェブサイトをご確認ください

講演者

<鈴木章賞 受賞者講演>

Stephen. L. Buchwald 教授(MIT):初代アキラ・スズキ・アワード受賞

David J. Wales 教授(ケンブリッジ大学):初代アイクレッド・アワード受賞

<招待講演>

Ron Elber 教授(テキサス大学オースティン校)

Rigoberto Hernandez 教授(ジョンズ・ホプキンス大学)

小松﨑民樹 教授(北海道大学WPI-ICReDD)

武次徹也 教授(北海道大学WPI-ICReDD)

 

Benjamin List教授(北海道大学WPI-ICReDD/マックス・プランク石炭研究所):2021ノーベル化学賞受賞

伊藤 肇 教授(北海道大学WPI-ICReDD)

Matthew S. Sigman 教授(ユタ大学)

澤村正也 教授(北海道大学WPI-ICReDD)

前田 理 教授(北海道大学WPI-ICReDD/ICReDD拠点長)

 

対象者

・計算科学,情報科学,実験科学の3分野に興味のある方

・異分野融合による新たな化学反応開発に興味のある方

  

申込方法・締切り

こちらのフォームからお申込みください。参加費用は無料です。

2022年3月2日(水)23:59 締切り

 

問い合わせ先

ICReDD事務局 event@icredd.hokudai.ac.jp

※お申し込みフォームからご登録後,ログイン情報が記載されたメールが届きます。

そちらに記載されたIDとパスワードを利用してご視聴ください。

登録から一日経っても案内メールが届かない方はお手数ですが上記事務局までご連絡ください。

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. レビュー多すぎじゃね??
  2. モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリ…
  3. 2つの異なるホウ素置換基が導入された非共役ジエンの触媒的合成と細…
  4. BASFクリエータースペース:議論とチャレンジ
  5. 免疫の生化学 (1) 2018年ノーベル医学賞解説
  6. セミナー「マイクロ波化学プロセスでイノベーションを起こす」
  7. 光レドックス触媒反応 フォトリアクター Penn PhD Pho…
  8. 分子構造をモチーフにしたアクセサリーを買ってみた

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 一般人と化学者で意味が通じなくなる言葉
  2. 住友化・大日本住友薬、ファイザーと高血圧症薬で和解
  3. ラボでのスケールアップ検討と晶析・攪拌でのトラブル対応策【終了】
  4. 分子振動と協奏する超高速励起子分裂現象の解明
  5. カルロス・シャーガスのはなし ーシャーガス病の発見者ー
  6. 偏光依存赤外分光でMOF薄膜の配向を明らかに! ~X線を使わない結晶配向解析
  7. 製品開発職を検討する上でおさえたい3つのポイント
  8. 【書評】有機化学のための量子化学計算入門
  9. NMRの基礎知識【原理編】
  10. 化学で何がわかるかーあなたの化学、西暦何年レベル?ー

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2022年2月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28  

注目情報

最新記事

Wei-Yu Lin教授の講演を聴講してみた

bergです。この度は2024年5月13日(月)に東京大学 本郷キャンパス(薬学部)にて開催されたW…

【26卒】太陽HD研究開発 1day仕事体験

太陽HDでの研究開発職を体感してみませんか?私たちの研究活動についてより近くで体験していただく場…

カルベン転移反応 ~フラスコ内での反応を生体内へ~

有機化学を履修したことのある方は、ほとんど全員と言っても過言でもないほどカルベンについて教科書で習っ…

ナノ学会 第22回大会 付設展示会ケムステキャンペーン

ナノ学会の第22回大会が東北大学青葉山新キャンパスにて開催されます。協賛団体であるACS(ア…

【酵素模倣】酸素ガスを用いた MOF 内での高スピン鉄(IV)オキソの発生

Long らは酸素分子を酸化剤に用いて酵素を模倣した反応活性種を金属-有機構造体中に発生させ、C-H…

【書評】奇跡の薬 16 の物語 ペニシリンからリアップ、バイアグラ、新型コロナワクチンまで

ペニシリンはたまたま混入したアオカビから発見された──だけではない.薬の…

MEDCHEM NEWS 33-2 号「2022年度医薬化学部会賞」

日本薬学会 医薬化学部会の部会誌 MEDCHEM NEWS より、新たにオープン…

マテリアルズ・インフォマティクスにおける分子生成の基礎と応用

開催日:2024/05/22 申込みはこちら■開催概要「分子生成」という技術は様々な問題…

AlphaFold3の登場!!再びブレイクスルーとなりうるのか~実際にβ版を使用してみた~

2021年にタンパク質の立体構造予測ツールであるAlphaFold2 (AF2) が登場し、様々な分…

【5月開催】 【第二期 マツモトファインケミカル技術セミナー開催】 有機金属化合物 オルガチックスによる「密着性向上効果の発現(プライマー)」

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合物を“オルガチッ…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP