[スポンサーリンク]

一般的な話題

有機合成化学協会誌2019年4月号:農薬・導電性電荷移動錯体・高原子価コバルト触媒・ヒドロシアノ化反応・含エキソメチレン高分子

[スポンサーリンク]

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年4月号がオンライン公開されました。

今月号のキーワードは、

「農薬・導電性電荷移動錯体・高原子価コバルト触媒・ヒドロシアノ化反応・含エキソメチレン高分子」

です。今回も、会員の方ならばそれぞれの画像をクリックすればJ-STAGEを通してすべてを閲覧することが可能です。

とうとう新年度が始まりました。筆者は読んで字の如く、目の回る忙しさで少々参り気味です。笑

今月の有機合成化学協会誌も非常に濃い内容となっています。

ぜひ研究室や部署の新人に読むことをオススメしてください。

巻頭言:“Japanese Way”  6つの視点

今月号は住友化学株式会社 健康・農業関連事業研究所 坂本 典保 所長による巻頭言です。

なぜ海外の大手企業に比べ研究開発費の限られた日本企業から新たな農薬が次々と生まれてくるのか、6つの視点で論じておられます。
他分野にも通じるものが大いにありますので、ぜひごらんください。

農薬の創薬研究と有機合成化学

 

日本曹達株式会社 柴山耕太郎

本論文は、農薬の創薬研究について非常に分かりやすく説明されています。特に、農薬の作用機序や生物評価について、ヒト向けの医薬品とは異なる視点で研究開発されていることが実例を交えて紹介されています。

水素結合と電荷移動相互作用の協奏に基づく導電性電荷移動錯体の開発

 

 

愛知工業大学工学部応用化学科 村田剛志、中筋一弘、森田 靖*

著者らが開発してきた核酸塩基類が導入されたテトラチアフルバレンやイミダゾールオリゴマー類の合成と物性をまとめた総合論文です。「プロトンのダイナミクスが電子状態の鍵を握る」という興味深いコンセプトで多彩な分子が紹介されております。合成を武器に簡単には到達できない材料を開発し、素晴らしい物性を見出しております。ぜひご覧ください。

高原子価コバルト触媒の特性を活かしたC-H官能基化反応と不斉反応への展開

 

北海道大学大学院薬学研究院 吉野達彦*、松永 茂樹*

本総合論文は,高原子価コバルト触媒による炭素-水素結合を活性化するさまざまな官能基化反応,光学活性対アニオンを利用したロジウム触媒,コバルト触媒による不斉炭素-水素結合官能基化反応が記されています.いくつかの反応については,機構についても合わせて議論されています.

ニッケル触媒を用いる炭素—炭素多重結合へのヒドロシアノ化反応とその応用

 

千葉大学大学院薬学研究院 荒井 秀*、天児由佳、堀 弘人、西田篤司

ヒドロシアノ化の温故知新!ニッケル触媒による多重結合のヒドロシアノ化によって、様々なニトリル化合物が選択的に合成できます。重要な生物活性天然物合成への応用も可能であり、本反応の有機合成における有用性が丁寧に書かれています。

炭酸プロパルギルエステルと各種求核剤とのPd触媒クロスカップリング重合による含エキソメチレン高分子の合成

 

防衛大学校応用科学群応用化学科 小泉俊雄*、林 正太郎

パラジウム触媒を用いたクロスカップリング反応は、みなさんご存知ですよね。本論文では、クロスカップリング反応を利用した重合反応として、炭酸プロパルギルエステルと各種求核剤との反応からエキソメチレン構造を有するポリマーの合成が述べられています。一方、求核種の代わりにジボロン酸を用いた反応では、交差共役系ポリマーの生成が見出されております。

Rebut de Debut

今月号のRebut de Debutは3件あります。全てオープンアクセスですので、ぜひご覧ください。

保護基フリー立体選択的グリコシル化の開発(岐阜大学研究推進・社会連携機構生命の鎖統合研究センター 助教)田中 秀則

Electron-Donor-Acceptor錯体の光誘起電子移動を利用した有機合成反応(金沢大学理工学域物質化学類・助教)菅 拓也

生体内反応を模倣した含アミノ化合物の変換反応 (熊本大学薬学部地域イノベーション・エコシステム形成プログラム 特任助教) 下田 康嗣

Message from Young Principal Researcher (MyPR)

今回のMyPRは、名古屋大学生命農学研究科の北 将樹教授によるMyPRです。現在、ご自身のバックグラウンドである天然物化学を起点としたユニークな異分野融合型研究を推進されていますが、そこに至った経緯とともに我々にメッセージを与えてくださっています。刺さりました。オープンアクセスです。

感動の瞬間(Eureka Moment in My research):企業の研究で出会った二個の特異な化合物

感動の瞬間(Eureka Moment in My research)の第九弾は、東京大学薬学部の夏苅 英昭博士による寄稿記事です。

企業の研究現場で体験された感動や衝撃について詳細に語ってくださっています。オープンアクセスです。

これまでの紹介記事は有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズを参照してください。

関連書籍

めぐ

めぐ

投稿者の記事一覧

博士(理学)。大学教員。娘の育児に奮闘しつつも、分子の世界に思いを馳せる日々。

関連記事

  1. 書物から学ぶ有機化学 2
  2. 研究者のためのCG作成術②(VESTA編)
  3. 光刺激に応答して形状を変化させる高分子の合成
  4. 巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明
  5. ルーブ・ゴールドバーグ反応 その2
  6. SciFinderマイスター決定!
  7. 科学を魅せるーサイエンスビジュアリゼーションー比留川治子さん
  8. 半導体・センシング材料に応用可能なリン複素環化合物の誘導体化

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. オペレーションはイノベーションの夢を見るか? その3+まとめ
  2. プレプリントサーバについて話そう:Emilie Marcusの翻訳
  3. 君には電子のワルツが見えるかな
  4. ディークマン縮合 Dieckmann Condensation
  5. 酵素合成と人工合成の両輪で実現するサフラマイシン類の効率的全合成
  6. パーキンソン病治療の薬によりギャンブル依存に
  7. 触媒の貴金属低減化、劣化対策の技術動向【終了】
  8. 未来の科学コミュニティ
  9. 化学系面白サイトでちょっと一息つきましょう
  10. イミンを求核剤として反応させる触媒反応

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(2)

前回の記事では、コロナウイルスの基礎知識とコロナウイルスが持つRNA分解酵素(EndoU)について述…

第79回―「高分子材料と流体の理論モデリング」Anna Balazs教授

第79回の海外化学者インタビューは、アンナ・バラズ教授です。ピッツバーグ大学 化学・石油工学科に在籍…

コロナウイルスが免疫システムから逃れる方法(1)

新型コロナウイルスによる感染症が、世界中で猛威を振るっています。この記事を書いている私も、大学の閉鎖…

換気しても、室内の化学物質は出ていかないらしい。だからといって、健康被害はまた別の話!

Human health is affected by indoor air quality. On…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~② アポを取ってみよう~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP