[スポンサーリンク]

一般的な話題

有機合成化学協会誌2019年4月号:農薬・導電性電荷移動錯体・高原子価コバルト触媒・ヒドロシアノ化反応・含エキソメチレン高分子

[スポンサーリンク]

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年4月号がオンライン公開されました。

今月号のキーワードは、

「農薬・導電性電荷移動錯体・高原子価コバルト触媒・ヒドロシアノ化反応・含エキソメチレン高分子」

です。今回も、会員の方ならばそれぞれの画像をクリックすればJ-STAGEを通してすべてを閲覧することが可能です。

とうとう新年度が始まりました。筆者は読んで字の如く、目の回る忙しさで少々参り気味です。笑

今月の有機合成化学協会誌も非常に濃い内容となっています。

ぜひ研究室や部署の新人に読むことをオススメしてください。

巻頭言:“Japanese Way”  6つの視点

今月号は住友化学株式会社 健康・農業関連事業研究所 坂本 典保 所長による巻頭言です。

なぜ海外の大手企業に比べ研究開発費の限られた日本企業から新たな農薬が次々と生まれてくるのか、6つの視点で論じておられます。
他分野にも通じるものが大いにありますので、ぜひごらんください。

農薬の創薬研究と有機合成化学

 

日本曹達株式会社 柴山耕太郎

本論文は、農薬の創薬研究について非常に分かりやすく説明されています。特に、農薬の作用機序や生物評価について、ヒト向けの医薬品とは異なる視点で研究開発されていることが実例を交えて紹介されています。

水素結合と電荷移動相互作用の協奏に基づく導電性電荷移動錯体の開発

 

 

愛知工業大学工学部応用化学科 村田剛志、中筋一弘、森田 靖*

著者らが開発してきた核酸塩基類が導入されたテトラチアフルバレンやイミダゾールオリゴマー類の合成と物性をまとめた総合論文です。「プロトンのダイナミクスが電子状態の鍵を握る」という興味深いコンセプトで多彩な分子が紹介されております。合成を武器に簡単には到達できない材料を開発し、素晴らしい物性を見出しております。ぜひご覧ください。

高原子価コバルト触媒の特性を活かしたC-H官能基化反応と不斉反応への展開

 

北海道大学大学院薬学研究院 吉野達彦*、松永 茂樹*

本総合論文は,高原子価コバルト触媒による炭素-水素結合を活性化するさまざまな官能基化反応,光学活性対アニオンを利用したロジウム触媒,コバルト触媒による不斉炭素-水素結合官能基化反応が記されています.いくつかの反応については,機構についても合わせて議論されています.

ニッケル触媒を用いる炭素—炭素多重結合へのヒドロシアノ化反応とその応用

 

千葉大学大学院薬学研究院 荒井 秀*、天児由佳、堀 弘人、西田篤司

ヒドロシアノ化の温故知新!ニッケル触媒による多重結合のヒドロシアノ化によって、様々なニトリル化合物が選択的に合成できます。重要な生物活性天然物合成への応用も可能であり、本反応の有機合成における有用性が丁寧に書かれています。

炭酸プロパルギルエステルと各種求核剤とのPd触媒クロスカップリング重合による含エキソメチレン高分子の合成

 

防衛大学校応用科学群応用化学科 小泉俊雄*、林 正太郎

パラジウム触媒を用いたクロスカップリング反応は、みなさんご存知ですよね。本論文では、クロスカップリング反応を利用した重合反応として、炭酸プロパルギルエステルと各種求核剤との反応からエキソメチレン構造を有するポリマーの合成が述べられています。一方、求核種の代わりにジボロン酸を用いた反応では、交差共役系ポリマーの生成が見出されております。

Rebut de Debut

今月号のRebut de Debutは3件あります。全てオープンアクセスですので、ぜひご覧ください。

保護基フリー立体選択的グリコシル化の開発(岐阜大学研究推進・社会連携機構生命の鎖統合研究センター 助教)田中 秀則

Electron-Donor-Acceptor錯体の光誘起電子移動を利用した有機合成反応(金沢大学理工学域物質化学類・助教)菅 拓也

生体内反応を模倣した含アミノ化合物の変換反応 (熊本大学薬学部地域イノベーション・エコシステム形成プログラム 特任助教) 下田 康嗣

Message from Young Principal Researcher (MyPR)

今回のMyPRは、名古屋大学生命農学研究科の北 将樹教授によるMyPRです。現在、ご自身のバックグラウンドである天然物化学を起点としたユニークな異分野融合型研究を推進されていますが、そこに至った経緯とともに我々にメッセージを与えてくださっています。刺さりました。オープンアクセスです。

感動の瞬間(Eureka Moment in My research):企業の研究で出会った二個の特異な化合物

感動の瞬間(Eureka Moment in My research)の第九弾は、東京大学薬学部の夏苅 英昭博士による寄稿記事です。

企業の研究現場で体験された感動や衝撃について詳細に語ってくださっています。オープンアクセスです。

これまでの紹介記事は有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズを参照してください。

関連書籍

めぐ

投稿者の記事一覧

博士(理学)。大学教員。娘の育児に奮闘しつつも、分子の世界に思いを馳せる日々。

関連記事

  1. Grignard反応剤が一人二役!? 〜有機硫黄化合物を用いる<…
  2. エチレンを離して!
  3. 分析技術ーChemical Times特集より
  4. 日本薬学会  第143年会 付設展示会ケムステキャンペーン Pa…
  5. 新しい太陽電池ーペロブスカイト太陽電池とは
  6. 白リンを超分子ケージに閉じ込めて安定化!
  7. ポンコツ博士の海外奮闘録 外伝② 〜J-1 VISA取得編〜
  8. 禅問答のススメ ~非論理に向き合う~

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ライバルのラボで大発見!そのときあなたはどうする?
  2. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑰:MacBook Airの巻
  3. [5+1]環化戦略による触媒的置換シクロヘキサン合成
  4. 2つの異なるホウ素置換基が導入された非共役ジエンの触媒的合成と細胞死制御分子の形式合成に成功
  5. 総収率57%! 超効率的なタミフルの全合成
  6. 第56回―「メタボロミクスを志向した質量分析技術の開発」Gary Siuzdak教授
  7. 無機材料ーChemical Times 特集より
  8. 投票!2014年ノーベル化学賞は誰の手に??
  9. 第147回―「カリックスアレーンを用いる集合体の創製」Tony Coleman教授
  10. 有望な若手研究者を発掘ー研究者探索サービス「JDream Expert Finder」

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2019年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

注目情報

最新記事

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

有機合成化学協会誌2024年7月号:イミン類縁体・縮環アズレン・C–O結合ホモリシス・ハロカルビン・触媒的バイオマス分解

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年7月号がオンライン公開されています。…

分子研「第139回分子科学フォーラム」に参加してみた

bergです。この度は2024年7月3日(水)にオンラインにて開催された、自然科学研究機構 分子科学…

光の色で反応性が変わる”波長選択的”な有機光触媒

照射する可視光の波長によって異なる反応性を示す、新規可視光レドックス触媒反応が開発された。赤色光照射…

ロタキサンを用いた機械的刺激に応答する効率的な分子放出

軸状分子に複数の積み荷分子をもつロタキサンを用いることで効率的に分子を放出するシステムが報告された。…

鉄触媒反応へのお誘い ~クロスカップリング反応を中心に~

はじめにパラジウムなどのレアメタルを触媒としたカップリング反応は、有機EL材料、医農薬、半導体材…

Sim2Realマテリアルズインフォマティクス:データの乏しさを分子シミュレーションにより克服する

開催日:2024/07/10 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

ある動脈硬化の現象とマイクロ・ナノプラスチックのはなし

Tshozoです。マイクロプラスチックについては以前から関連記事(1,2)を書いたり定期的に…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP