[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

留学せずに英語をマスターできるかやってみた(1年目)

みなさん英語は得意ですか?筆者は不得意です。研究者ですので論文は読みますし執筆もしますが、話せないですし聞き取ることがうまくできません。

 

これまでにも何度か英語の勉強をしたことはあるのですが、あまり英語を使う必要がない環境だったこともあり、全く上達しないまま止めてしまうということを繰り返していました。今思うと“まあ卒業後にポスドクとして留学すれば英語なんて簡単にできるようになるだろう”という考えがあったように思います。ところが頼りにしていた留学の機会を逸してしまい、気がつけば英語のできない大人になっていました。

30歳を超えてさすがに焦りが出てきましたし、英語ができると留学で得るものが大きいと聞きますので、約1年前から英語の勉強をはじめてみました。さて英語が不得意な研究者の英語力は向上したのでしょうか。

勉強方法

勉強法としては初級者から上級者までの具体的な勉強法が記載されている、具体的効率的英語学習最強プログラム中上級者がぶつかる壁を破る英語学習最強プログラムに書かれている内容を参考にし、勉強しました。

 

結果

勉強時間は通勤時間(往復1時間程度)の聞き流しを含めて1年間で648時間でした。おそらく200から300時間は聞き流しの時間です。内訳は以下のようになりました。

 

  1. 究極の英単語  268時間
  2. DUO3.0   98.5時間
  3. DUOselect   96時間
  4. 高校の文法参考書   52時間
  5. ハイディの法則77   19時間
  6. ACSの講演   10時間
  7. ニュース英語パワーボキャビル   9時間
  8. 必ず聞き取れるTOEICテスト   8時間
  9. Forest音でトレーニング   7.5時間
  10. VOA英語インタビューの聴き方   7.5時間
  11. はじめての新TOEICテスト   7時間
  12. 中学校の文法参考書   6時間
  13. 英語のバイエル   6時間
  14. ダボス会議で聞く世界の英語   5.5時間
  15. 英語の発音パーフェクト学習事典   5.5時間
  16. VOAリスニングトレーニング   5.5時間
  17. 中学校の英語教科書   5時間
  18. その他(23種類)   32時間

 

これらの勉強をしたところ

  1. 英単語は1万語程度が分かる。
  2. 発音記号は読めて発音できる。
  3. ヒアリング、スピーキングはほとんどできない。
  4. 大学生の時に400点だったTOEICを288日目に受けたところ525点だった。(読解は読めるが文法はさっぱり分からない。リスニングは雑音にしか聞こえない。)

 

という結果になり、ほとんど英語力の向上は感じられませんでした

 

考察

1ヶ月ごとの勉強時間をブラフにしてみたところ恐ろしいほど右肩下がりです(図1)。特に後半は通勤時間の聞き流し以外の勉強時間がかなり少ないと思われます。

月ごとの時間.gif

   図1.1ヶ月ごとの勉強時間

 

このことから日々の生活に追われてモチベーションを保てていないことがわかります。このため具体的•効率的英語学習最強プログラム中上級者がぶつかる壁を破る英語学習最強プログラムをきちんと行えていません。英語勉強の目的は「外国人研究者と自由に会話できるようになること」なので、ヒアリングとスピーキングを強化するための勉強時間を増やす必要があると思われます。焦らず基礎力をつけつつ、本サイトの記事である日本に居ながら、ナマの英語に触れる工夫などを参考にして勉強しようと思います。

 

ちなみに具体的効率的英語学習最強プログラムには3人の英単語学習者の語彙の増加について述べられています(図2)。学習者は以下の3人です。

 

Aさん 効率的な覚え方を用いて、単語を覚える作業に時間を割いている

Bさん 効率的でない覚え方を用いて、単語を覚える作業に時間を割いている

Cさん 効率的な覚え方を追い求めて、単語を覚える作業に時間を割かない

 

この人たちが勉強すると1年後にはもちろんAさんが一番多く単語を覚えられるのですが、2年もするとBさんが追いつくようです。その後は目標とする語彙レベルで止まるため、Bさんの目標がAさんよりも高いとBさんはAさんを追い抜くことができます。

ABCさん.gif

図2.具体的•効率的英語学習最強プログラムより引用

この図は当たり前といえば当たり前なのですが、なんだか勇気の出る話だなと思います。今のままだとBさんというよりはCさんになってしまう気がしますが、

 

まだあわてるような時間じゃない 仙道彰

 

と自分を慰めてまた1年間がんばります。

英語から逃げられない時代になってしまいましたし、若い読者のみなさんも筆者のようにならないよう研究と共に英語の勉強も頑張ってほしいと思います。もしあまりお金がかからない方法でいい方法がありましたらコメント下さい。是非実践してみたいと思います。

 

関連書籍

 

関連記事

  1. スローン賞って知っていますか?
  2. C-H活性化触媒を用いる(+)-リゾスペルミン酸の収束的合成
  3. 2010年ノーベル化学賞予想―海外版
  4. 第6回HOPEミーティングに参加してきました:ノーベル賞受賞者と…
  5. 私がケムステスタッフになったワケ(3)
  6. Reaxysレクチャー&第9回平田メモリアルレクチャー…
  7. 親子で楽しめる化学映像集 その1
  8. 近況報告Part III

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【第一回】シード/リード化合物の創出に向けて 2/2
  2. 無保護アミン類の直接的合成
  3. 君には電子のワルツが見えるかな
  4. Medical Gases: Production, Applications, and Safety
  5. ヒドラジン
  6. そこまでやるか?ー不正論文驚愕の手口
  7. クリック反応の反応機構が覆される
  8. 大型リチウムイオン電池の基礎知識【終了】
  9. シャウ ピリミジン合成 Shaw Pyrimidine Synthesis
  10. サムライ化学者高峰譲吉「さくら、さくら」劇場鑑賞券プレゼント!

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

トーマス・ホイ Thomas R. Hoye

トーマス・R・ホイ (Thomas R. Hoye、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学…

Lindau Nobel Laureate Meeting 動画集のご紹介

Tshozoです。タイトルの件、"ヨーロッパリベンジ"の動画を見ながらWeb探索を夜な夜な続けており…

デヴィッド・ニセヴィッツ David A. Nicewicz

デヴィッド・A・ニセヴィッツ (David A. Nicewicz、19xx年x月x日-)は、米国の…

配位子だけじゃない!触媒になるホスフィン

N–N結合形成反応を触媒する環状ホスフィンが報告された。四員環ホスフィン(ホスフェタン)を触媒とし、…

フローリアクターでペプチド連結法を革新する

2014年、東京工業大学・布施新一郎らはペプチド結合形成を行なうマイクロフローリアクター法を開発した…

GRE Chemistry 受験報告 –試験対策編–

2017年4月に、米国の大学院の出願の際に必要になるテストである GRE Chemistry を受験…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP