[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

Modern Method of Organic Synthesis

 

  • 内容

有機合成において鍵となる手法に関して解説し、その価値と適用範囲、実際の複雑化合物合成においてどのように使われているかを解説した有名な本です。第三版から記述を一新し、古典的手法を現在の視点から捉えなおし、最新の進展についても述べています。アルケンの官能基化に関する新しい章と、高立体選択的反応とラジカル化学について大幅な加筆を行いました。参考文献は各ページの脚注に記す形に変更し、より宇容易かつ迅速に一次文献へのアクセスが可能となりました。本書は化学/生化学を学ぶ優秀な学部生・大学院生は勿論、現代有機合成を学びたいと考える学術・工業研究者にも有用です。

 

  • 対象

有機合成を学ぶ 学部生・大学院生以上。

 

  • 評価・解説

有機合成における汎用的手法を広く解説した本です。反応メカニズムに関してはあまり述べられていませんが、その分ストーリーはシンプル。合成化学の知識を幅広くかつ体系的に身につけるには最適な教科書です。参考文献も充実しています。

 

  • 関連書籍

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. NMR in Organometallic Chemistry
  2. アメリカへ博士号をとりにいく―理系大学院留学奮戦記
  3. 医薬品の合成戦略ー医薬品中間体から原薬まで
  4. なぜあなたの研究は進まないのか?
  5. 有機金属反応剤ハンドブック―3Liから83Biまで
  6. 創薬化学
  7. カリカリベーコンはどうして美味しいにおいなの?
  8. 人名反応に学ぶ有機合成戦略

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジャック・ドゥボシェ Jacques Dubochet
  2. 今さら聞けないカラムクロマト
  3. ネイティブ・ケミカル・リゲーション Native Chemical Ligation (NCL)
  4. トロスト不斉アリル位アルキル化反応 Trost Asymmetric Allylic Alkylation
  5. 臭素系難燃剤など8種を禁止 有害化学物質の規制条約
  6. スルホキシド/セレノキシドのsyn-β脱離 Syn-β-elimination of Sulfoxide/Selenoxide
  7. 化学パズル・不斉窒素化合物
  8. 阪大と理研ビタミン、透明な生分解性フィルムを開発
  9. サーバーを移転しました
  10. 大学の講義を無料聴講! Academic Earth & Youtube EDU

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP