[スポンサーリンク]

ケムステニュース

化学大手4社は増収 4-6月期連結決算

 三菱化学など化学大手4社の2005年4-6月期連結決算が4日出そろった。各社とも売上高は前年同期に比べ増収となったほか、純利益でも旭化成以外は増益だった。中国などアジア向けの石油化学製品の好調な需要に支えられたほか、原油価格高騰に伴う原料価格の上昇を製品価格に転嫁できたことなどが寄与した。 (引用:山陽新聞)


関連ニュース


石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に(2004.10.15)


5社とも増収 経常利益は過去最高(2004.11.17)


総合化学大手5社、4-12月期の経常益大幅増(2005.2.10)


 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. セントラル硝子、工程ノウハウも発明報奨制度対象に
  2. 有機・高分子関連技術が一堂に会す「オルガテクノ2005」開催へ
  3. 環境、人体に優しい高分子合成を開発 静大と製薬会社が開発
  4. アラン・マクダイアミッド氏死去
  5. 総合化学4社、最高益を更新 製造業の需要高く
  6. 万有製薬、つくば研究所を閉鎖
  7. 米デュポンの第2・四半期決算は予想下回る、エネルギー費用高騰が打…
  8. 信越化学・旭化成ケミカルズが石化品値上げ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 誰でも参加OK!計算化学研究を手伝おう!
  2. エピスルフィド合成 Episulfide Synthesis
  3. カール・ジェラッシ Carl Djerassi
  4. CTCLS、製薬業界向けに医薬品の探索研究に特化した電子実験ノートブックを販売
  5. 細胞の分子生物学/Molecular Biology of the Cell
  6. 印象に残った天然物合成 2
  7. 招福豆ムクナの不思議(6)植物が身を護る化学物資
  8. デ-マヨ反応 de Mayo Reaction
  9. 熱すると縮む物質を発見 京大化学研
  10. ジョン・トーソン Jon S. Thorson

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP