[スポンサーリンク]

ケムステニュース

化学大手4社は増収 4-6月期連結決算

 三菱化学など化学大手4社の2005年4-6月期連結決算が4日出そろった。各社とも売上高は前年同期に比べ増収となったほか、純利益でも旭化成以外は増益だった。中国などアジア向けの石油化学製品の好調な需要に支えられたほか、原油価格高騰に伴う原料価格の上昇を製品価格に転嫁できたことなどが寄与した。 (引用:山陽新聞)


関連ニュース


石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に(2004.10.15)


5社とも増収 経常利益は過去最高(2004.11.17)


総合化学大手5社、4-12月期の経常益大幅増(2005.2.10)


 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ノーベル化学賞:下村脩・米ボストン大名誉教授ら3博士に
  2. 関大グループ、カプロラクタムの新製法開発
  3. Eリリーの4-6月期は19%減益、通期見通し上方修正
  4. 製薬各社 2010年度 第2四半期決算を発表
  5. メルク、主力薬販売停止で15%減益
  6. 堀場氏、分析化学の”殿堂”入り
  7. 鉄鋼のように強いポリプロピレン
  8. 杏林製薬 耳鳴り治療薬「ネラメキサン」の開発継続

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化
  2. 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2018年版】
  3. 【クリックは完了. よし壊せ!】イミノカルベノイドによる渡環および 1,3-挿入 Iminocarbenoids Derived from Triazoles for Transannulations/1,3-Insertions
  4. 2016年1月の注目化学書籍
  5. ヨウ化サマリウム(II) Samarium(II) Iodide SmI2
  6. リンダウ島インセルホール
  7. バルビエ・ウィーランド分解 Barbier-Wieland Degradation
  8. 酸素ボンベ爆発、男性死亡 
  9. ハーバート・ブラウン Herbert C. Brown
  10. 東レ工場炎上2人重傷 名古屋

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

専門家要らず?AIによる圧倒的高速なスペクトル解釈

第169回目のスポットライトリサーチは、東京大学大学院工学系研究科博士課程・清原慎さんにお願いしまし…

日本プロセス化学会2018ウインターシンポジウム

ご案内日本プロセス化学会(JSPC)が年2回主催するシンポジウムは、最新のプロセス化学の知識を習…

フラーレンの“籠”でH2O2を運ぶ

過酸化水素分子内包フラーレン誘導体を、大気圧・室温条件下で合成する方法が開発された。分子内包フラ…

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

PAGE TOP