[スポンサーリンク]

ケムステニュース

化学大手4社は増収 4-6月期連結決算

 三菱化学など化学大手4社の2005年4-6月期連結決算が4日出そろった。各社とも売上高は前年同期に比べ増収となったほか、純利益でも旭化成以外は増益だった。中国などアジア向けの石油化学製品の好調な需要に支えられたほか、原油価格高騰に伴う原料価格の上昇を製品価格に転嫁できたことなどが寄与した。 (引用:山陽新聞)


関連ニュース


石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に(2004.10.15)


5社とも増収 経常利益は過去最高(2004.11.17)


総合化学大手5社、4-12月期の経常益大幅増(2005.2.10)


 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 野依さん講演を高速無線LAN中継、神鋼が実験
  2. 未来の病気診断はケータイで!?
  3. 武田薬の糖尿病治療薬、心臓発作を予防する効果も
  4. NHKアニメ『エレメントハンター』 2009年7月スタート!
  5. 医薬品の黄金世代到来?
  6. 自転車泥棒を臭いで撃退!?「スカンクロック」を考案
  7. 光で分子の結合状態を変えることに成功
  8. ピンポン玉で分子模型

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Density Functional Theory in Quantum Chemistry
  2. 触媒表面の化学反応をナノレベルでマッピング
  3. CSJカレントレビューシリーズ書評
  4. アルファリポ酸 /α-lipoic acid
  5. 第38回有機金属若手の会
  6. 理系のためのフリーソフト Ver2.0
  7. 「夢・化学-21」 夏休み子ども化学実験ショー
  8. ご長寿化学者の記録を調べてみた
  9. やせ薬「塩酸フェンフルラミン」サヨウナラ
  10. ライオン、フッ素の虫歯予防効果を高める新成分を発見

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察

第178回のスポットライトリサーチは、東京大学の細野暢彦講師にお願いしました。細野先生は高分…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能性第三級アルキル基導入・コンプラナジン・アライン化学・糖鎖クラスター・サリチルアルデヒド型イネいもち病菌毒素

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年2月号がオンライン公開されました。今…

化学の学びと研究に役立つiPhone/iPad app 9選

筆者の最近では、ちょっとした計算や反応機構を描くツールとしてipadアプリ"GoodNotes"を使…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP